Event is FINISHED

【日本若者協議会主催】第四回「学校内民主主義を考える検討会議」

Description

日本若者協議会では、これまで「若者の政治参加」促進のため、「被選挙権年齢引き下げ」や「若者協議会」等の政策を提言してきましたが、学生にとって身近なコミュニティである「学校」の場が自身(学生)の意見が尊重される民主主義の実践の場になっておらず、多くの学生にとって社会参画に対する有効性感覚が身についていない現状があります。

そのため2020年8月に、学校の場をより民主主義にするために 、どのように学校運営を変えていくべきなのか、提言やガイドラインを作成するための学生主体の「学校内民主主義を考える検討会議」を設置しました。

https://youthconference.jp/archives/1970/

これまで非公開で委員同士の顔合わせ、問題意識共有等を行いましたが、今後提言・ガイドラインを作成していくにあたって本テーマに関する知見を深めるため、数回にわたって公開で外部有識者にヒアリングを実施します。

これまでの議事録等はこちら


初回は下記日程でヒアリングを実施しますので、ご関心ある方はぜひご参加ください。

【開催概要】
イベント名:第四回「学校内民主主義を考える検討会議」
日時:2020年10月14日(水)18:00〜20:00(5分前までにWebexにお入りください)
講師:
喜多 明人 早稲田大学名誉教授、子どもの権利条約ネットワーク代表、学校安全全国ネットワーク代表
合田 哲雄 文部科学省科学技術・学術総括官
場所:Webex
当日昼頃までにURLをお送りします。
募集人数:50名程度
参加費:無料
参加申込期限:10月13日(火)23時55分

※Peatixに登録できない方は下記よりお申し込みください。
https://forms.gle/daZmng3GXNSZfP5m6

■当日スケジュール:(予告なく変更する可能性がございます)
18時00分 開会挨拶・本日の流れ説明
18時05分 喜多 明人 早稲田大学名誉教授より講演&質疑応答
アジェンダ:「子どもの権利条約」から見た生徒の学校参加の権利・重要性、日本における生徒参加史等
19時05分 合田 哲雄 文部科学省科学技術・学術総括官より講演&質疑応答
アジェンダ:学習指導要領における生徒の学校運営・学級運営参加の位置づけ、学校自治における教員と生徒の関係の現状と課題 等
20時00分 終了

後日、YouTubeにて録画をアップ予定です。

日本若者協議会では共に政策を考え提言する仲間である「会員」を募集しております。今後イベント情報や優先的な登壇機会等を提供いたしますので、希望する方は以下をご確認ください。
学生は入会費・年会費無料となっております。
https://bit.ly/2DnP3Dd

・日本若者協議会とは
「若者の意見を政策に反映させる団体」として各政党との政策協議、政策提言を行っている団体です。具体的には、「被選挙権の引き下げや供託金の引き下げ」「審議会での若者比率の上昇」「若者担当大臣/子ども・若者省の設置」等を提言してきました。2016年参院選や2017年衆院選、2019年参院選では、主要6政党の公約に載せることに成功しています。2018年5月に発足した超党派の「若者政策推進議員連盟」では事務局を担当。個人・団体会員の合計は約4,500名となっています(2020年9月時点)。
https://youthconference.jp/

Wed Oct 14, 2020
6:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般参加者向けオンライン(Webex) FULL
メディア関係者向けオンライン(Webex) FULL
Organizer
日本若者協議会ー若者政策研究会
698 Followers
Attendees
9

[PR] Recommended information