鳥羽周作×嶋浩一郎「料理界の海賊が看板メニューのレシピを公開した理由」『やさしいレシピのおすそわけ #おうちでsio』(小学館)刊行記念

Description

※本イベントは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リアルタイム配信のみの開催となります。当日ご来店いただいてもイベントをご観覧いただくことはできません
※本イベントは生配信のみでの開催ですので、録画でご視聴いただくこともできませんのでご注意ください


9月末に、『やさしいレシピのおすそわけ #おうちでsio』が発売されました。

同書は、「ミシュランガイド東京2020」で1つ星を獲得した代々木上原のレストラン「sio(シオ)」のオーナーシェフ・鳥羽周作さんが、ステイホーム中の方々のために「自宅でsioの味を楽しんでほしい」と看板メニューのレシピをTwitterで公開した「#おうちでsio」をベースにした、料理初心者でもプロの味が再現できる一冊です。

同書の刊行を記念して、トークイベントを開催します。

出演は、サッカー選手、小学校教員を経て、32歳で料理界へ転身、『Florilege』などで腕を磨いてきた異色の経歴を持つシェフ、鳥羽さん。

・鳥羽さんは、なぜ「シェフの命」ともいえるレシピを無料公開したのか
・「幸せの分母を増やす」とは?
・おいしいとは何か
・いいお店とは何か
・鳥羽さんの野望とは?

聞き手は、B&Bの嶋浩一郎が務めます。

『sio』ファンはもちろん、お店づくりに興味がある人にも、料理が好きな人にもおすすめのイベントです!

【出演者プロフィール】
鳥羽周作(とば・しゅうさく)
1978年生まれ、埼玉県出身。Jリーグの練習生を辞め、小学校の教員を経て、32歳で料理人の世界へ入門するという異色の経歴をもつ。神楽坂の『DIRITTO』で3年、青山の『Florilege』で2年の修業を積み、恵比寿の『Aria di Tacubo』でスーシェフを2年務めた後、2016年3月より代々木上原『Gris』のシェフに就任する。その後、同店のオーナーシェフとなり、2018年7月より『sio』としてリニューアルオープン。
http://sio-yoyogiuehara.com/

嶋浩一郎(しま・こういちろう)
93年博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局で企業の情報戦略にたずさわる。01年朝日新聞社出向、『seven』編集ディレクター。02~04年博報堂刊「広告」編集長。04年本屋大賞立ち上げに参画。06年既存の手法に縛られない課題解決を目指しクリエイティブエージェンシー博報堂ケトルを設立。主な仕事、資生堂、KDDI、J-WAVEなど。2012年東京下北沢にブックコーディネーターの内沼晋太郎と本屋B&B開業。

【出演者】
鳥羽周作(『sio』オーナーシェフ)
嶋浩一郎(B&B・編集者・クリエイティブディレクター/博報堂ケトル)

【日時】
2020年10月27日(火)
20:00~21:30

【場所】
本屋B&B(リアルタイム配信)

【視聴料】
配信参加 1,650yen(税込)
配信参加+書籍 1500 ticket +1300『やさしいレシピのおすそわけ #おうちでsio』 3,080yen(税込)
※イベント後の発送となります

Tue Oct 27, 2020
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
【配信参加】(1500円+税) ¥1,650
【配信参加+書籍】1500 ticket +1300『やさしいレシピのおすそわけ #おうちでsio』(+税)※イベント後の発送となります ¥3,080

Combini / ATM payment will be closed at the end of Oct 26, 2020.

Organizer
本屋B&B
24,538 Followers