Event is FINISHED

Culture Meeting 文活 in 台湾-台湾文学祭-洛夫『岸のない河』ドキュメンタリー映画上映会

Description
台湾文学の著名作家たちをテーマとした大好評のドキュメンタリーシリーズ『島の物語を紡ぐ者たち』(原題:他們在島嶼寫作)も、すでに台湾で13作を制作。今回は、楊牧(ヤン・ムー)を扱った『一篇の詩の完成に向かって』と、洛夫(ルオ・フ)を扱った『岸のない河』を日本で初上映します。このドキュメンタリーからは、二人の詩人の生き方だけでなく、それぞれの作家が人生をかけて書き出してきた台湾文学の軌跡を感じることができるでしょう。

 コロナ感染拡大防止のために、今年当センターのリアルな講座がなかなか実施できない状況が続いています。また、当センター主催の映画上映会もオンラインで開催することになっております。皆様が台湾文化ロスにならないように、イベント開催制限緩和の最近の状況を踏まえて、今回展示、オンライン上映会だけではなく、4回のドキュメンタリー映画上映会を実施することが決まりました。今回は毎回30名の人数制限となっていますが、皆様ぜひお越しください。

【作品紹介】
自身の日記と代表作『石室の死亡』の一文一句が、時空間を交差しながら全編を貫く。職業軍人として幾多の戦禍をくぐり抜け、数々の衝撃作を世に送り出した、華人文学界の“詩魔”。 批判を浴びながらも、怯まず死や時間と向き合い、狭い道をどこまでも突き進んで行った。果たして彼が目指した境地とは――。

2014|台湾|カラー|93分
監督|王婉柔(ワン・ワンロー)
出演|洛夫(ルオ・フ)
原題|無岸之河
製作・出品|目宿媒體 Fisfisa Media
日本語字幕|池田リリィ茜藍
監修協力|劉怡臻(リュウ・イージェン)
字幕制作|ホワイトライン
©2014 Fisfisa Media All Rights Reserved.

「詩魔」と呼ばれる台湾現代詩の先駆者

洛夫(ルオ・フ/Lo Fu)

1928-2018


「私は創作をある種の実験だと常に考えている。いつか私はすべての創作を否定するかもしれない。」── 洛夫

 中国・湖南省生まれ。1949年に国民党軍に入隊し、軍隊とともに台湾へ渡った。台湾南部の左営で海軍陸戦隊に配属された頃、詩人・瘂弦、張黙と創世紀詩社を創設した。詩人であり、評論家、エッセイスト、書道家でもある。18歳から詩を書き始め、人生が幕をおろす最期の時まで創作を続けた。その道のりは、まさに台湾現代詩の歴史を体現している。戦時下にあった初期は、シュルレアリスムの影響を受け、強烈なイメージ、奇妙で冷淡な言語が特徴的だった。表現方法はファンタスティックで魔術的だったため、「詩魔」と称された。晩年は次第に恬淡としたスタイルへと変化、特に人生に対する思惟を重んじるようになった。73歳の時に三千行の長詩『漂木』を出版し、同年には台湾現代十大詩人の一人に選ばれた。呉三連文芸賞、国家文芸賞などを受賞。作品は英語、フランス語、日本語、韓国語、オランダ語、スウェーデン語などに翻訳されている。

台湾文化センターでの上映スケジュール

10/9  19:00 洛夫『岸のない河』
※申し込み:9月29日(火曜)午前11:00より 


◆ご注意事項◆


※事前申し込みで、各日程先着30名様が無料でご参加いただけます。
※同じ方の複数申込みがありますと、他の方へ影響を及ぼします。複数のお申込みをした場合は当選取消しとなります。ご注意下さい。
・ご予約後、当日はイベント開始時間30分前より先着順にて受付を開始いたします。
・お席は自由席となります。
・開始5分前 までに受付を済ませご入場ください。
・開始5分前となりお席が空いている場合、ご予約のない方も先着順にて受付をいたしますのでご了承ください。
・定員となり次第、受付を終了させていただきます。

■お客様へのお願い

より安全な環境を維持するため、一層のご協力を賜りたく、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
万が一、ご来場の際に、体調が悪くなられた場合は、お近くのスタッフまでお声がけください。
・ご来場前に、検温など体調管理のご協力をお願いいたします
・発熱、咳などの症状がある場合は、体調を最優先いただき、ご来場を控えていただきますようお願いいたします
・ご来場の際は、マスクの着用をお願いいたします
・手洗いや備え付けの消毒液のご使用、咳エチケットのご協力をお願いいたします
・整列時や入退場時のソーシャルディスタンスの確保など、感染予防および拡散防止に可能な限りご配慮ください
・過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域に訪問歴がある場合は、ご来場を控えていただきますようお願いいたします
・ご入場の際に、検温を実施しております。検温の結果、37.5度以上の発熱が確認された場合、ご入場をお断りさせていただきます
・場内での会話は、最小限にとどめていただきますようお願いいたします

◆イベント最新情報はこちらから◆

https://jp.taiwan.culture.tw/information_34_117960.html
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#767121 2020-10-08 01:31:40
Fri Oct 9, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
10/9入場券 FULL
Venue Address
港区虎ノ門1丁目1−12 虎ノ門ビル2F Japan
Organizer
台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
67 Followers

[PR] Recommended information