Event is FINISHED

廃校大学 #2 第一回講義「隼Lab.のキセキ」

Description
■#2 第一回講義「隼Lab.のキセキ」(「隼Lab.」 より配信)

~夢を語れるオトナを増やせ!

「廃校」という地方の拠点をきっかけに、もっと自由に、しなやかに「ライフスタイルとワークスタイル」を、
「自分らしくデザイン」する空間。廃校大学、第1回目の講義が始まります。
講師は、地方を舞台に、現在進行形で走りつづけているトップランナーたちです。現場に立ち、アクションを起こしてきた再現性の高いノウハウをはじめ、講師陣とつながることで「夢」への加速度が増していきます。

第一回はあの鳥取県八頭町の「隼Lab.」を創った古田琢也代表。
地元の出身の古田代表は同じ地元の仲間と共に旧隼小学校を公民連携によりリノベーション。
カフェやシェアオフィス、コワーキングなどを設け、町内の小学生・お年寄りから、都市部からの企業や起業家、複業ワーカーなど毎日多くの方が訪れている「隼Lab.」。
そんな「隼Lab.」のキセキ(軌跡と奇跡)をじっくりと伺いたいと思います。

【#2 第一回講義 講師】

古田 琢也(ふるた たくや)
@隼Lab.(https://hayabusa-lab.com)

株式会社トリクミ 代表取締役
株式会社シーセブンハヤブサ 代表取締役
東京でデザイン会社を起業・経営しながら、地元である鳥取を盛り上げようと、中学時代 の仲間たちと一緒に「株式会社トリクミ」を起業。八頭町隼地区で利用されなくなった建 物や古民家を改修して、カフェやゲストハウスの運営を行う。
さらに、廃校した小学校の 跡地を改装してオープンした隼Lab.(ラボ)の施設運営を担う「株式会社シーセブンハヤ ブサ」の社長も務め、まちづくりや地域活性化を意識した活動を幅広く行うとともに、IT 分野など最先端の企業が集まる同ラボから、全国、世界へ羽ばたく人材や企業を育て輩出 することを目指している。

■ファシリテーター(廃校大学教授)
安川 幸男(Yasukawa Yukio)氏

合同会社イキナセカイ代表
神戸大学客員教授

東京生まれ、東京育ち。2016年に鳥取へIターン移住。
学生時代から、アジア、太平洋など世界を放浪。
大学院を中退後、様々な職種を経た後、
大手通信キャリアで15年間社内ベンチャー設立など新規事業開発を担当。
その後、「大都市生活」の脆弱性に気づき、生き方を変えるべき、地方暮らしを選択し鳥取へ家族で移住。
鳥取県庁、鳥取銀行を経て、2020年4月に独立し事業プロデュースに特化した法人を設立。
現在は、「旅するように働く」をコンセプトに20以上のワークプレイスを巡り、
月3,000キロ移動しながら、アドレスホッパー、多拠点生活の次世代ワークスタイルを実験中。

主催:(一社)地域支援機構サトビト
共催:岡山県、美作県民局、(一社)岡山県地域おこし協力隊ネットワーク、(同)イキナセカイ
後援:真庭市、(一社)コミュニティデザイン
https://haikoudaigaku.com/











Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#763235 2020-10-05 06:09:56
Mon Oct 5, 2020
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加料 SOLD OUT ¥1,000
Organizer
廃校大学
53 Followers

[PR] Recommended information