Event is FINISHED

関口ケント×石黒謙吾 「YouTubeで何が変わるのか?」 『メディアシフト YouTubeが「テレビ」になる日』(宝島社)刊行記念

Description
※本イベントは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リアルタイム配信のみの開催となります。当日ご来店いただいてもイベントをご観覧いただくことはできません
※本イベントは生配信のみでの開催ですので、録画でご視聴いただくこともできませんのでご注意ください




ギャラクシー賞を受賞したYouTubeチャンネル「神田伯山ティービィー」などの仕掛け人、関口ケントさんの著書『メディアシフト YouTubeが「テレビ」になる日』が9月12日に刊行されました。ギャラクシー賞は1963年に始まった放送業界のイベントで、YouTube番組が受賞するのは57回の歴史のなかで初の快挙です。

そんなメディアの枠にとらわれない、業界注目のクリエイターである関口さんが「視聴メディア」の現状と未来を描いた1冊。今回は、この刊行を記念してトークイベントを開催いたします。

聞き手は、同書の企画・プロデュース・編集を手がけた石黒謙吾さん。

話題のチャンネルを多数運用する関口さんが、どう時流をとらえ、広告業界も含めたメディアをどう変えていこうとしているのか。さらには、石黒さんだから聞ける“書籍には書けなかったリアル”まで、2時間じっくり語っていただきます!

【出演者プロフィール】
関口ケント(せきぐち・けんと)
YouTubeアナリスト、株式会社Wednesday CEO。1989年東京生まれ。26歳で妖怪ウォッチ公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、チーフプロデューサーとして流行を生み出す。2017年に、株式会社テクサ(現株式会社ライバー)の執行役員に就任し、YouTuber50人ほどのチャンネルコンサルティングを担当。多くの人気YouTuberを育てる。また、ヒカルや加藤純一らも出演したクリエイターフェス「うず祭り」を企画・総合プロデュース。2019年、株式会社Wednesdayを立ち上げCEOに就任。現在、神田伯山、関暁夫、島田秀平、登坂淳一、はなわ、KAMIWAZA、よしお兄さんなどのチャンネル運用を行うなど、YouTubeに軸足を置いて他角的に広がるビジネスを大量に推進している。

石黒謙吾(いしぐろ・けんご)
著述家・編集者・分類王。著書には、映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』、“分類王”の『図解でユカイ』ほか、『2択思考』『エア新書』『ダジャレ ヌーヴォー』『カジュアル心理学』『CQ判定 常識力テスト』『ベルギービール大全』『ナベツネだもの』など幅広いジャンルで多数。プロデュース・編集した書籍も、シリーズ累計15万部超えの『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(神田桂一、菊池良)、同じく15万部超え『ジワジワ来る○○』(片岡K)、『負け美女』(犬山紙子)、『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)、『ザ・マン盆栽』『餃子の創り方』『飛行機の乗り方』(すべてパラダイス山元)、『ネコの吸い方』(坂本美雨)、『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』(ナカムラクニオ)、)など250冊以上。

【出演者肩書】
関口ケント(CEO/Wednesday)
石黒謙吾(著述家・編集者・分類王)

【日時】
2020年9月21日(月)
19:00~21:00

【場所】
本屋B&B(オンライン開催)

【入場料】
配信参加 1,650yen(税込)
Mon Sep 21, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
リアルタイム配信(1500円+税) SOLD OUT ¥1,650
Organizer
本屋B&B
23,538 Followers

[PR] Recommended information