Event is FINISHED

横木安良夫×佐藤奈々子(Nanaco)×七咲友梨 「音楽、写真、言葉ーーメディアを越境していく方法」

Description
※本イベントは、都合により中止となりました。ご参加をご検討いただいておりましたお客さまにおきましては誠に申し訳ございません。今後とも本屋B&Bをよろしくお願い申し上げます。


1970年代後半から、ヴォーカリストとして活躍。その後、フォトグラファーに転身しながら、再びスタートさせた音楽活動で世界的な評価を受けている佐藤奈々子(Nanaco)さん。

そんな佐藤さんのアルバムジャケット(『Sweet Swinging』『Pillow Talk』『Kissing Fish』の3枚)を撮影してきた横木安良夫さんもまた、ファッションからドキュメンタリーまで幅広く活躍するフォトグラファーに加えて、小説家としての顔も持っています。

今回B&Bのイベントでは「写真」を真ん中に置きつつ、軽やかに自由な表現活動を続けるおふたりに、その秘訣をお聞きしたいと思います。

聞き手は、おふたりの写真を近くで見てきた七咲友梨さん。ご自身もフォトグラファーである七咲さんだからこそ引き出せる撮影の秘話や、横木さんと佐藤さんの出会い、それぞれの転身のきっかけなど、貴重な写真とともに振り返ります。

【出演者プロフィール】
横木安良夫(よこぎ・あらお)
1949年千葉県市川市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。アシスタントを経て、1975年フリーランスの写真家として独立。広告、エディトリアル、ファッション、ヌード、ドキュメンタリー、CMと様々なジャンルで活動。2009年から2018年まで、テレビ朝日『世界の街道をゆく』のスチールとムービーを担当。著書に、『サイゴンの昼下がり』(新潮社)、『熱を食む、裸の果実』(講談社)、『ロバート・キャパ最期の日』(東京書籍)がある。
https://alao.co.jp/home.html

佐藤奈々子(さとう・ななこ)
1977年、佐野元春氏との共作アルバム『Funny Walkin'』でデビューし、計4枚のソロアルバムをリリース。1980年バンドSPYを結成。その後、カメラマンとなり、広告、雑誌などで活躍。1987年より5年間パリに在住。1996年、アルバム『LOVE IS A DRUG』を日・米・英で発表。Cocco、細野晴臣らのCDジャケット写真も手掛ける写真家であり、さまざまなライブ活動を行っている。最近では、Moonridersの無観客配信ライブにゲスト出演。
https://goldenremedy.tumblr.com

七咲友梨(ななさき・ゆり)
島根県出まれ。リアリズム演技を学び、役者として映画、ドラマ、舞台、CMなどで活動。その後、写真家・横木安良夫氏に師事、独立。演劇経験で培った手法を活かし被写体に向き合う。CM、ミュージックビデオなど映像カメラマンも手がける。松浦弥太郎氏(エッセイスト)初監督作品の映画『場所はいつも旅先だった』では映像・写真を撮影。また写真集制作、写真展など作品発表も行う。
https://yuri7saki.com/

【出演者肩書】
横木安良夫(写真家、文筆家)
佐藤奈々子(歌手、写真家)
七咲友梨(写真家、tea farmer)

【日時】
2020年9月21日(月)
15:00~17:00

【場所】
本屋B&B(オンライン開催)

【入場料】
前売 1,500yen(税別)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#744551 2020-09-19 13:44:59
Mon Sep 21, 2020
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
リアルタイム配信(1500円+税) SOLD OUT ¥1,650
Organizer
本屋B&B
23,539 Followers

[PR] Recommended information