Event is FINISHED

未来を担う人づくり革命~未来を創造するために 今こそ学びのアップデートを~

Description
新型コロナウィルス感染拡大により、不確実な未来への社会不安が増し、地域、企業、行政といったさまざまなセクターでは、もはや古い仕組みに拘泥していられなくなっています。しかしながら地域や企業、行政といったチームのバージョンをアップデートしていくことは一朝一夕にはならず、日々の変容プロセスは地道な一歩一歩の積み重ねとなります。

このような状況の中「行政が動かない」、「上司が変わらない」と嘆いてばかりいても始まりません。むしろ一人ひとりが「未来は自分で変えていくのだ」と意思を持ち、そのための小さな実践を行い、半径50Mから新しい未来を創造していく必要があります。

多くの地域・チームにおいて、リーダーや変化を起こせる人材が不足しているといった課題はつきもの。そもそも人口減少社会の日本において、変化を起こせる人材は稀有であります。ほぼ市場に存在しないような人物が、運良く自分の地域やチームにコミットしてくれることを願うのは、宝くじを買って願掛けをしているようなものです。

宝くじが当たることをただ夢見るのではなく、潜在的にそうなり得る人に機会と挑戦フィールドを与え、いかに人を育てるかにこそ、これからの未来創造力の源泉があるのだと私たちは考えます。今のような「人材争奪競争」ではなく「人材育成競争」をしていくことが”これからの未来創造力の鍵”となりえるとき、私たちはどう新しい学びの機会を創っていくことができるのか?
そんなことを今改めて考えてみたいと思います。


タイムテーブル


はじめに
 未来を生み出すための学びの場の創造:実践レポート
  「地域を旅する大学」 さとのば大学の取り組み

第1セッション
 鈴木 寛氏 × 竹村 詠美氏 クロストーク 
 「未来を創造するために、今必要な力」
 ~国内と海外からみる、人材育成の変化と実践事例、そして未来の話~

第2セッション
▼分科会セッションA
「企業がソーシャルイノベーションを起こすために、地域というフィールドで学ぶことの価値」
 ゲスト講師:麻生要一氏 × 生田 優希氏

▼分科会セッションB
人が挑戦しやすい地域になるために、必要なこと
 ゲスト講師:西塔大海氏 × 大島 奈緒子氏

▼分科会セッションC
「大学×プロジェクト学習」による地域と大学の新しい関係
 ゲスト講師:朽木量氏  × 美馬のゆり氏

※トーク内容の詳細はこちらをご覧ください。


開催概要


▼日時
2020年10月30日(金)19:00 - 21:00

▼形式
オンライン会議ツールzoom
※第1セッションはトークセッション、第2セッションはzoomにて分科会に分かれてのトークセッションとなります

▼参加費
一般:2,000円
学生:1,000円

▼定員
100名

※キャンセルにつきまして
当イベントのキャンセルにつきましては、以下通りとなります。参加が難しい場合は早めにご連絡をお願いいたします。
連絡なしの不参加:参加費100%
前日・当日キャンセル:参加費100%
それ以前のキャンセル:全額返金


ゲストプロフィール


<第1セッション>

竹村 詠美(たけむら・えみ)
一般社団法人 FutureEdu 代表理事、一般社団法人 Learn by Creation 代表理事、Peatix.com 共同創業者。
マッキンゼー米国本社や、日本のアマゾンやディズニーなど外資系7社を経て、2011年にPeatix.comを共同創業。2016年以来グローバルなビジネス経験を生かした教育活動に取り組み、教育ドキュメンタリー映画「Most Likely to Succeed」上映・対話会の普及、2日間に2500名が集った「創る」から学ぶ未来を考える祭典、「Learn by Creation」主催や研修も行う。

鈴木寛(すずき・かん)
東京大学公共政策大学院・慶應義塾大学政策・メディア研究科教授。
東京大学法学部卒。通商産業省、慶應義塾大学助教授を経て参議院議員12年。文部科学副大臣(二期)、文部科学大臣補佐官(四期)などを歴任。現在は、東京大学・慶應義塾大学教授、大阪大学招聘教授(医学部)、社会創発塾塾長、日本音楽著作権協会理事、日本サッカー協会理事などを務める。


<第2セッション>

麻生要一(あそう・よういち)
株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に入社後、ファウンダー兼社長としてIT事業子会社を立ち上げ、0から150人規模まで事業を拡大。2018年2月に企業内インキュベーションプラットフォームを手がける株式会社アルファドライブを創業し、2019年11月にユーザベースグループ入り。2018年4月に医療レベルのゲノム・DNA解析の提供を行う株式会社ゲノムクリニックを共同創業。2018年6月より「UB VENTURES」ベンチャー・パートナーへ就任しベンチャーキャピタリスト業を開始。

生田優希(いくた・ゆき)
大阪府高槻市出身。2014年ロート製薬株式会社に入社し、東京で法人営業業務にあたっていたが、27歳で癌になったことをきっかけに、自分の人生にオーナシップを持つことの大切さに気が付く。企業に属しながら自分らしく働く方法を模索し、2017年に奈良県宇陀市での地域創生プロジェクトの一つである「Next Commons Lab奥大和」の立ち上げに事務局メンバーとして従事。現在は個人と企業と地域をどのように繋げるのかを模索しながら日々を過ごしている。

西塔大海(さいとう・もとみ)
1984年山形県生まれ。 2011年、東日本大震災後に気仙沼復興協会の立ち上げに参画し、ローカルに関わりはじめる。2013年、地域おこし協力隊として福岡県上毛町に移住。移住交流施策「みらいのシカケ」や古民家DIYリノベーション教育などを実施し、今も世帯数14軒の山奥の集落に、妻と娘と暮らし続ける。 仕事は、整理すること、企画すること、共有すること。企業や自治体の新規事業づくりから、個人プロジェクトまで、頼まれれば面白がれる自信あり!

大島奈緒子(おおしま・なおこ)
大学卒業後、オークヴィレッジ木造建築研究所で住宅、店舗等の設計に従事。2013年ようび建築設計室設立。ものづくりをしながら、 未来を切り開くことをライフワークとする。 得意とするのは、対話を通じて、本当のニーズやありたい未来を導き出し、 空間や プロジェクト全体に落とし込むこと。 2020年一般財団法人西粟倉むらまるごと研究所代表理事就任。 テクノロジーは地域を幸せにするのか?を命題に、妄想を、泥まみれになって実現を目指す日々。欲しいものはつくる主義。

朽木量(くちき・りょう)
千葉商科大学地域連携推進センター長。同・政策情報学部教授。土地固有の価値を地域住民と大学で共創することを理念としてセンターの事業を拡大させてきている。 大学が学外のNPO・市民活動団体に活動助成金を交付するという全国的にも珍しい活動をはじめたり、NPOの経営・ 管理会計やエリアマーケティング・地域分析のスキルを教えることでNPOの活動を支援する教育プログラムをセンター内に設置したり、学生の国内地域留学に海外留学と同等の助成金を交付したりするなど、独自の地域連携事業を展開している 。

美馬 のゆり(みま・のゆり)
公立はこだて未来大学 教授、サイエンス・サポート函館代表。東京から函館に移住して約20年。気候・食・ 文化の豊かな函館の大ファン。学部ではコンピュータ・ サイエンス、大学院では教育学、認知心理学を学ぶ。公立はこだて未来大学および日本科学未来館の設立計画策定に携わる。設立後は大学では教授、科学館では副館長(2003-06) を務める。2008年に科学コミュニケーション促進と科学リテラシー向上のための地域密着型の組織を立ち上げ、毎年、 はこだて国際科学祭を開催。この活動で平成26年度文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞。



主催:さとのば大学

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#799843 2020-10-30 10:29:17
More updates
Fri Oct 30, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 SOLD OUT ¥2,000
学生 SOLD OUT ¥1,000
Organizer
さとのば大学
228 Followers

[PR] Recommended information