玉屋柳勢・落語会「噺の種 第14回」『千早ふる』

Description
(追記)ネタ、決めました

『千早ふる』(初演)、『風呂敷』 、『ねずみ』(完全版)
 ※配信で掛けたねずみは短縮版です

9月18日(金)噺の種 第14回『千早ふる』(初演) 

開 演:19:15~(18:45開場)
会 場:らくごカフェ(神保町A6出口 古書センター5F)
木戸銭:予約1800円/当日2000円
出 演:玉屋柳勢(市楽改メ) 3席

◎こちらからメッセージをお送りしますのでメッセージ送信をもってご予約完了となります

■『千早ふる』を選んだのは…
昨年、基本噺の『つる』を習ったことで、基本技術の点検が出来、自分の落語に〈変化〉があったのを実感しました。
同様の基本噺である『千早ふる』に挑戦することで、もひとつ技術が上がればなぁ、と思い今回取り上げることにしました!







来年3月下席より真打昇進・六代 玉屋柳勢(たまやりゅうせい)を襲名しました。
お陰様で8月末に各寄席での真打昇進披露興行も終え、真打としてスタート!

この会は、10年、20年後を見据えた勉強会です。

らくごカフェはお客様との距離も近く、表情までしっかり見ることができ、臨場感たっぷり。
小さな会場ならではの一体感が味わえます。

初めて一人で行くのは…という方でもご安心ください!

アタシの会はおひとり様がほとんどで、男女比も半々くらい。

いろんなお客様にお越しいただいてます。

寄席やホール落語では見られない、勉強会ならではの雰囲気を、ぜひ楽しんでくださいまし!


※コロナウイルス感染予防対策のため、当日は緊急連絡先をお伺いしております
※感染予防対策として30席での公演といたします
※入口に消毒、マスク着用をお願いしております
※入口にて検温を実施いたします(37.5度以上の方は観覧をお断りする場合がございます)
※お見送り等は中止させていただいております


ツイッター


◼️玉屋柳勢(たまやりゅうせい)
落語協会所属・噺家

数年前から宝塚歌劇にはまっています!マクラでもついつい喋りすぎてしまって…。


2005年3月 柳亭市馬に入門
2005年11月 前座となる 前座名「市朗」
2008年11月11日 二ツ目昇進 「市楽」と改名
2020年3月 真打昇進「六代 玉屋柳勢」を襲名

公式HP

主催:玉屋柳勢


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#736255 2020-09-13 23:46:18
More updates
Fri Sep 18, 2020
7:15 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
予約(1800円/当日受付でお支払い) ~ Sep 18 3:00 PM
Venue Address
千代田区神田神保町2丁目3 5F 神田古書センター Japan
Organizer
玉屋柳勢(たまやりゅうせい)
30 Followers

[PR] Recommended information