Event is FINISHED

【法人向け】ロジカル思考によるプレゼン資料作成講座(ライブ・オンライン開催)

Description

~ロジカルシンキングを業務で使いこなす実践トレーニング~
実務に不可欠なロジカルな資料作成の全工程と、早く作るためのPowerPointの操作テクニックを完全網羅。

【全国から受講可能なライブ・オンラインで開催】


①全国から受講可能です。既にライブオンライン版でも受講生から10段階で9.2の評価をいただいております。


②チャットでの発言、アンケートシステム、ブレイクアウトセッション、挙手ボタンを活用することで一方的ではなく、集中力が途切れないインタラクティブなセッションです(zoomの操作は冒頭に説明するので初心者もご安心ください)

③受講生には映像を共有いたしますので、より深く学ぶことが可能です

※オンライン版の品質にご満足いただけない場合は、講座終了後、理由を確認し、料金を半額キャッシュバックいたします。


【実務で活用できるロジカルシンキングとは?】


ロジカルシンキングは問題解決や合理的な意思決定、論理的な説明の前提となることから、ビジネスの基本スキルとして重要であると言われています。

しかしながら、ロジカルシンキングのスキルは、座学でMECEやWhy so?といった方法論を学び、演習問題を1〜2回解いただけではなかなか身に着けられません。 ロジカルシンキングを業務で使いこなすためには、思考した結果を文字や図解で見える化し、論理的か否か、分かりやすいか否かを、その都度自分で確認していくしかないのです。

そのためには、自分の「思考」を、相手に伝えることを目標として「表現」する「アウトプット力」を総合的に鍛える必要があります。ロジカルシンキングの実践力を鍛えるポイントは、実は「資料作成などを通じたアウトプット力」に詰まっているのです。

実践で活用できるロジカルシンキングの習得に必要なことは次の3つであると考えます。

(1) 資料作成の「型」を学び、現場での再現性を担保する
(2) ロジカルな資料作成で応用的な論理思考を深める
(3) 資料に「アウトプット」して、「論理性の改善」を見える化し定着をはかる

私たちは、ロジカルシンキングを業務で活用するための実践型トレーニングとして、「ロジカル思考によるプレゼン資料作成講座」を提供しています。当講座では、資料作成の流れを8つのプロセスに沿って学習することで、「人を動かす、1人歩きする資料を早く作る」ノウハウを効率的に習得できます。元外資コンサルタントならではのロジカル思考に重点を置いた講座内容がポイントです。

2010年から数多くの資料作成・プレゼン資料作成の法人研修と個人向け講座を実施している、『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』(技術評論社)の著書松上純一郎が、社内向けの人材研修の企画・提案書と研修結果の報告資料の作成を題材に、資料作成におけるポイントの説明とPowerPointを使用したスライド作成についてレクチャーします。


【講座の概要】



◆日程
2020年11月18日(水)9:30~17:30

◆場所
Zoom オンライン

◆対象者
業務でプレゼンテーション資料、または企画書・提案書等の資料作成に携わる方

◆受講料
① 研修+個別添削 46,500円(税抜)
② 研修のみ 39,500円(税抜)

◆定員
20名(最小催行人数4名)

◆講師
株式会社Rubato 代表取締役 松上純一郎

同志社大学文学部、神戸大学大学院、University of East Anglia修士課程を修了。
米国戦略コンサルティングファームMonitor Groupに入社し、外資系製薬企業のマーケティング戦略や営業戦略、途上国政府の依頼によるツアリズムのマーケティング戦略、国内企業の海外市場進出戦略やパートナーシップ戦略策定にも参画。
その後、シリコンバレーのベンチャーキャピタリスト原丈人率いるアライアンス・フォーラム財団に参画。発展途上国プロジェクトの企画立案・実行に従事。ザンビア、バングラデシュでの日本企業のマーケティング支援に携わる。
現在は株式会社ルバート代表取締役を務め、コンサルティング事業、研修事業に従事。
著作に『ドリルで学ぶ!人を動かす資料の作り方』(日本経済新聞出版社)、『PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則』(技術評論社)


渋屋 隆一

学習院大学理学部物理学科卒業。中小企業診断士。大学卒業後、2社のIT企業に16年間勤務。エンタープライズ市場にてITエンジニアとして活動した後、マーケティングに従事。ITトレンドを押さえた商品企画・マーケティングを行う。
2015年に独立、スモールスタートコンサルティング創業。IT・マーケティングを中心とした経営コンサルティングを行う一方で、企業研修やセミナーを通じて、個人・組織の変革をサポートしている。経営支援のモットーは、9年間の管理職経験を基にした、経営と現場をつなぐチームづくり。2020年4月より株式会社ルバートに参画。
著書:【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド(技術評論社)、「埋もれた数字」が利益を伸ばす 社長はデータをこう活かせ!(日本実業出版社)、通勤時間で攻める!中小企業診断士スタートアップ一問一答集(中央経済社)


◆持ち物
・PowerPointがインストールされたPC(必須)
・文房具

◆個別添削
研修の一週間後までにスライドをご提出ください。二週間後以降にお電話にて1名様につき約10分程度、添削したスライドの解説を行います。(提出方法等の詳細につきましては講座内でご説明いたします。)

◆留意事項
・昼食は各自でとっていただきます。
・スライド添削は、同じ企業様からの受講者様を集めてのグループ解説も可能です。
・セミナー中の録音、撮影はご遠慮ください。
・お支払い方法は、Peatixでのお支払いの他、請求書での銀行振り込みが可能です。請求書払いをご希望の方はチケット種別で「請求書払い」を選択してお申し込み下さい。
・複数名分のお申し込みをされる方は、お手数ですが一度に一枚ずつ購入していただき、つど参加者名をご記入下さい。
・弊社事業と競合する企業様からのお申込みは、お断りさせていただく場合がございます。

◆キャンセルポリシー
当日から32日以前のキャンセル キャンセル料なし
31日前から8日前のキャンセル 30%のキャンセル料
7日前から前日までのキャンセル 50%のキャンセル料
当日のキャンセル 全額のキャンセル料

◆当日のタイムスケジュール
9:30~12:30
【イントロダクション&ストーリーライン作成】
・ロジカルな資料作成の考え方
・目的を設定する(誰が誰に何のアクションを期待するか)
・ストーリーラインの作り方(MECE / ロジックツリーのコツ、ピラミッドストラクチャーで伝える力を上げる方法、など)
・文章だけでも伝わる構成を考える、スライドのスケルトンの作成

13:30~17:30
【ロジカルシンキング&定性・定量スライド作成】
・伝わる資料作成のための情報整理の基礎
・基本図解(フロー型、拡散型など)と定性スライドの作り方
・応用図解(マトリックス型、四象限型など)
・グラフの選び方
・伝わるグラフのビジュアル化テクニック
・ショートカットキーを駆使した仕事の生産性をあげるためのテクニック
・実践演習


◆主催
株式会社Rubato(ルバート)
Wed Nov 18, 2020
9:30 AM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
研修+個別添削 SOLD OUT ¥51,150
研修のみ SOLD OUT ¥43,450
請求書払い FULL
Organizer
株式会社Rubato(ルバート)
53 Followers
Attendees
2

[PR] Recommended information