Event is FINISHED

“個の感性”で切り拓く新時代のヒント

Description
イベントメディア「H(エイチ)」

ビジュアルコミュニケーションで社会に貢献する株式会社アマナが持つ、アートやデザイン、食、テクノロジー、自然科学、ライフスタイル、マーケティング、コミュニティなどに特化した8つの専門メディア。これらを統合して新たに生まれたのが、次世代型メディアプラットフォーム「amanatoh(アマナト)」です。

アマナトのトークセッションを担当するのが、イベントメディア「H(エイチ)」です。業界の第一線で活躍する人物をお呼びし、独自の切り口でディスカッション。オンラインとリアルを連動させ、登壇者/来場者とともに次なるビジネスの可能性を考えます。

難しさと複雑さが増すこの時代。「ヒト(Human)」の「叡智(えいち)」が「集う場(Hub)」である「H」をきっかけに、これまでにない質の高いコミュニケーションをご提案してまいります。

————————————————————————————————————————
「“個の感性”で切り拓く新時代のヒント」

登壇者:
羽生善治(将棋棋士)
天内義也(東日本旅客鉄道株式会社/事業創造本部 品川まちづくり部門 事業計画グループ グループリーダー)
戸松正剛(NTTコミュニケーションズ株式会社/C4BASE マネージングディレクター)
児玉秀明(株式会社アマナ/チーフ・ブランディング・オフィサー)
杉山 諒(株式会社アマナ/クリエイティブコンダクター・プランニングディレクター)

これまで、イノベーションこそが未来をかたちづくるものとして、AI、IoT、5G、ビッグデータ、XR、フィンテックなど、さまざまなワードを合言葉に世界は“豊かな社会”を実現するべく進んできました。

しかし、新型コロナウイルスによって、個人の、地域の、世界の道徳感や倫理観の違いが露わになり、豊かな社会像に画一性はなく、多様な価値観が点在していることに気付かされました。

ビジネスの世界においても、これまでのテクノロジードリブンを軸とした成功体験だけでは通用せず、変わりゆく価値観のなかでわたしたちは何を“核”として思考を発展させるべきなのでしょうか。今回は将棋棋士として数々の難しい局面を乗り越えてきた羽生善治さんをスペシャルゲストにお迎えし、各界で活躍している方々とともに、それぞれの感性から「新時代」の生き抜く術について議論していきます。

*今回のエイチは、オンライン開催となります。9月20日(日)の23:55までにお申し込みいただいた方へ、トークセッション配信用のURLをお送りさせていただきます。

◆第1部|未知なる局面で求められる“直感と感性”とは

これまで数値や論理をベースにして未来を思考することが行われてきましたが、新型コロナウイルスによる世界への影響は誰も予測できませんでした。いまや、テクノロジーだけを頼り未来を予想することが難しい時代へと突入したと言えるのではないでしょうか。

論理的に最適解を出すAIやロボティクスと共存する社会において、未知なる局面に立ち向かうためには、「直感」や「感性」を持って社会に対峙していくことが、事態を乗り越えるひとつのカギだと考えます。

一見すると理解の難しい「直感」や「感性」はどのように身につけられ、社会で活かせるのでしょうか? 論理的に戦略を企てながらときには定跡を破り、革新的な一手を打つ、「論理」と「直感」の双方を使いこなす、将棋棋士・羽生善治さんをお迎えし、直感と大局観をもって幾度となく難局を乗り越えてきた経験から、未知なる時代に活きるヒントを探っていきます。

登壇者:

羽生善治(将棋棋士)
1970年埼玉県所沢市出身。6歳から将棋を始める。1982年6級で二上達也九段に入門。1985年四段に昇段、プロ棋士となる。1989年初タイトル竜王を獲得。1996年七大タイトルのすべてを獲得する。2018年国民栄誉賞を受賞。竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖の7つの永世資格を持つ(襲名は引退後)。著書には『羽生の頭脳』(日本将棋連盟)、『決断力』(角川書店)などがある。


児玉秀明(株式会社アマナ/コーポレートブランディングクリエイティブディレクター・amanabiエグゼクティブディレクター)
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。マッキャン・エリクソン博報堂(現マッキャン・エリクソン)などを経て、1990年にアマナグループの前身であるアーバンパブリシティに入社。株式会社アマナの取締役であると同時にクリエイティブ・ディレクターとしてコーポレートブランディングを担当。2011年に次世代クリエーター養成スクール「アマナビ」を立ち上げ、2015年株式会社アマナビ代表取締役社長就任。2016年アマナドローンスクール開講、ドローンの人材育成にも携わる。2020年9月から現職。

ファシリテーター:

釜田俊介(株式会社アマナ/ゼネラルマネージャー・コンテンツマーケティング事業統括)
ニューヨーク市立大学卒業後、株式会社アマナインタラクティブ新卒入社。 プロデューサーとして、モバイルメディア事業、プロトタイピングラボ(FIG)、コンテンツマーケティング事業(NewsCred、OPTMSなど)に従事。 2016年より株式会社アマナデザインに転任。同社取締役を経て現任。

◆第2部|小さな共創からはじまる“新しいビジネス様式”

ニューノーマルの現代において、企業間の共創やオープンイノベーションに新たな動きがみられるようになってきました。時代に即した価値創出が求められているいま、自社のアセットや技術だけではなく、プロジェクト開発をともに考えるパートナー探しが活発になり、これまでとは違った業界・業種の知見が必要とされています。

さらに、オンラインでのディスカッションが一般的になった結果、時間や地域に左右されず、クイックにコミュニケーションが取れるようになったことで、そのスピード感はコロナ以前より増しているともいわれています。

そうした動きがさらに活性化すると予想されるなかで、都市、交通、テクノロジー、クリエイティブーー多様な視点を掛け合わせることで広がる、共創ビジネスの可能性について探っていきます。

登壇者:

天内義也(東日本旅客鉄道株式会社/事業創造本部 品川まちづくり部門 事業計画グループ グループリーダー)
2001年JR東日本入社。アトレ等の商業施設の運営や、マーケティング、リニューアル業務を経て、米国へ留学しWashington UniversityにてMBA取得。帰国後、2010年より首都圏の駅周辺開発業務を担当。高輪ゲートウェイ駅のコンセプト、プランニングを含め、品川開発プロジェクトには構想策定段階からこれまで10年以上携わる。


戸松正剛(NTTコミュニケーションズ株式会社/C4BASE マネージングディレクター)
NTTグループ各社(NTT~東日本~西日本~持株~コミュニケーションズ ※シンクタンク等出向含む)にて、主にマーケティング/新規事業開発に従事。直近は、NTTグループファンド出資先スタートアップの成長/Exit支援、Jリーグ他プロスポーツ業界とのアライアンスなど。ドラッカーのマネジメント二大要素「マーケティング」と「イノベーション」を大企業レベルでいかに実践するかをテーマに、お客様との共創コミュニティ「C4BASE(会員:大企業を中心に600社1,700名)」を運営。


杉山 諒(株式会社アマナ/クリエイティブコンダクター・プランニングディレクター)
デザインやアートの思考を用いて、企業のブランディングや、新規事業開発など、さまざまなプロジェクトを担当。テクノロジーを軸に、ビジュアル表現の可能性を拡張するプロトタイピング・ラボラトリー「FIGLAB」にも所属。

ファシリテーター:

タジリケイスケ(株式会社アマナ/「amanatoh」編集長)
多摩美術大学卒業後、クリエイティブエージェンシーを経て、編集の視点で企業ブランディングからコンテンツ戦略まで手掛けるクリエイティブ集団、株式会社TOILを設立。2017年より、株式会社アマナ「amanatoh」の編集長として、メディアディレクション、イベント企画・ファシリテーションを行う。また、POLA「MIRAIBI」、ABC-MART「GRAND STAGE」など、多数のオウンドメディアの編集長/コンテンツディレクターとしても活動。ほか、「六本木アートナイト」、「あいちトリエンナーレ 2017」の書籍編集など、メディアやジャンルを越えたプロジェクトに参画。

〔 イベント概要 〕
「 “個の感性”で切り拓く新時代のヒント」
日  時 2020年9月24日(木)18:00~20:30
手  法 オンライン配信
定  員 1000名(先着順)
申込締切 2020年9月20日(日)23:55

※こちらのトークセッションは、事前に収録されたものをストリーミング配信するイベントとなります。そのため、質問などはお受け付けしかねますので、予めご了承ください。
※9月23日(水)までに参加者へトークセッション配信用のURLをご案内いたします。
※定員に達した場合は抽選とさせていただきます。その場合、当選者のみに結果をメールにて通知いたします。
※トークイベントの録音・録画はご遠慮願います。
※キャンセル待ちは空きがでましたら、随時Peatixで募集いたします。

〔 イベントに関するお問い合わせ 〕
本ページ内「主催者」からお問い合わせください

▼イベントの詳細はこちらから▼
https://amanatoh.jp/event/13448/

〔 個人情報の取り扱いについて 〕
今回ご入力いただいた個人情報は下記利用目的で利用いたします。

・アマナグループの業務およびサービスの申込、相談の受付のため
・アマナグループの業務およびサービスに関する各種ご提案やご紹介のため
 (ダイレクトメールの発送およびメールマガジンの送信を含む)
・ご本人様の確認やご本人様代理人の確認等のため
・アマナグループの業務およびサービスを提供する場合等において、適切な業務の遂行に必要な範囲で第三者に業務委託するため
・他の事業者等から個人情報の処理の全部または一部について委託された場合等において、委託された当該業務を適切に遂行するため
・お客様とのご契約や法律等に基づく権利行使や義務の履行のため
・市場調査、ならびにデータ分析やアンケートの実施等によるアマナグループの業務およびサービスの新規開発や改良または充実のため
・アマナグループが提携する会社等の商品やサービスの提供または各種ご提案、ご案内のため
・各種お取引およびメールマガジン等のご登録の解約や解約後の事後処理のため
・経営上必要な各種リスクの把握および管理のため
・その他、アマナグループの業務においてお客様とのお取引・ご契約を適切かつ円滑に履行するため

【個人情報問い合わせ窓口】
〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-43
電話:03-3740-4010

アマナグループ情報セキュリティについて
https://amana.jp/isms/

Photograph by Kazuma Hata [TOP]
Thu Sep 24, 2020
6:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 FULL
Organizer
H(エイチ)
1,793 Followers