Event is FINISHED

オンライン関係人口未来フォーラムvol.2「土曜朝7:00に始まるオンライン関係人口に関する研究報告会とネクストアクション宣言」

Description

チケットを入手してイベントに参加しよう!

オンライン関係人口未来フォーラムvol.2「土曜朝7:00に始まるオンライン関係人口に関する研究報告会とネクストアクション宣言」
ワーケーション、テレワーク、リモートワーク、複業など様々な単語が飛び交っています。
在宅勤務が可能になったり、複数の会社の仕事を手掛けたり、一時的に離れた土地で仕事をしたりと私たちの働き方と暮らし方は、この半年で大きく変わる可能性を持ち始めました。

オンライン関係人口未来ラボは、オンラインを通じた人と地域の可能性を考える機会として、4月に始まり、毎週土曜日の朝7:00に全国から人が集まる場として機能してきました。
「オンラインの関りだけで人は地域に興味を持つことができるのか?」
という素朴な疑問から始まった取り組みも、”はたらきかた”、”旅”、”暮らし方”をキーワードにしながら新しい在り方について小さなトライをし続ける場に変わってきています。

そんなラボの取組も踏まえ、今回のフォーラムではこれまでのフォーラムで深めてきた議論や、最近の話題のテーマについて、多彩なゲストと共に考える時間としていきます。
最終的には、”オンライン関係人口未来ラボ”の行動宣言を発信します。そのため、メディア・ライター枠を設けました。

■日時 2020年9月5日 7:00~10:30 (4部構成)
 (チケットは途中からも参加可能です)

■リンク(zoom):申込者に直接ご連絡いたします。

■参加費 
(1)当日券  1500円 
(2)前売り券 1000円 
(3)招待券  無料
(4)U-25招待券(25歳以下は無料ご招待) 無料
(5)ゲスト登壇用 無料
(6)メディア・ライター枠 無料(noteなどで発信いただける方でもOK)

 ワーケーションや働き方などについて知りたい自治体関係者や、副業や地域に関わりたい人など気になる方はご参加ください。

■ゲスト紹介(ラボ研究員)
・キーノートセッション
 松下慶太(関西大学社会学部教授:ワーケーション研究の第一人者)
 加藤遼(パソナJOBHUB:総務省地域情報化アドバイザー)
 伊藤俊徳(ワークデザインラボ)
・ディスカッションゲスト
 野島祐樹(ANAデジタルデザインラボ)
 山内菜都海(ゆるぽぽの会:JR西日本不動産開発)
 浦琢馬(ゆるぽぽの会:JR西日本)
 中村元(ゆるぽぽの会:JR東日本)
 西宮竜也(JR東日本)
 近藤威志(HATCH:総務省地域力創造アドバイザー)
 中島秀豊(クラシックレイルウェイホテル:ゆるぽぽの会)
 竹村のり子(グロービス地域活性化クラブ)
 石見亜紀子(グロービス地域活性化クラブ)
 田村志保(アデコ・ワインアドバイザー)
 西田浪音(一般社団法人SaturdaySeven)
 永岡里菜(おてつたび)
 山元秀穂(三次市役所)

・コメンテーター
 清水賢信(一般社団法人SaturdaySeven)

・進行/オンラインファシリテーター
 ・NPO法人学生人材バンク 中川玄洋 (内閣府地域活性化伝道師)
 ・日本一おかしな公務員/塩尻市役所 山田崇 (内閣府地域活性化伝道師)

・ショートプレゼンテーター
 ・岡本圭司(鳥取県庁ふるさと人口政策課関係人口推進室長:国交省ライフスタイルの多様化と関係人口に関する懇談会委員)

・DJ
 ・齋藤浩文(鳥取銀行、一般社団法人まるにわ代表理事)

・ホスト/コメンテーター
 ・島田龍男(株式会社ワクワクプランニング)
==

タイムライン
 7:00-7:15 導入/主任研究員からのオープニングプレゼン
  主任研究員による経過報告:(鳥取県庁関係人口推進室長:岡本圭司)
 7:15~8:00 第一部 ワーケションの今(関西大学社会学部教授:松下慶太)
 8:00~8:30 第二部 ラボの研究報告①
 ・各研究員からの報告をもとに議論を深めます 
 ・オンラインフィッシュボール形式で議論
  報告1:山内菜都海
  報告2:斎藤浩文、中川玄洋(鳥取駅前リノベーションビルと関係人口)
  報告3:山田崇、島田龍男(オンライン通行手形企画)
 8:30-8:45
  CM 15分
 ・おてつたび×ANA
 ・パソナ JOB HUB
 ・塩尻CxO Lab、おためしナガノ
 ・JR西日本×住まいサブスク
 8:45~9:30 ラボの研究報告②
 ・各研究員からの報告をもとに議論を深めます 
 ・オンラインフィッシュボール形式で議論
 主任研究員による経過報告:(鳥取県庁関係人口推進室長:岡本圭司)
  報告4:寺田、西宮、(伊藤、小野)(塩尻CxO Labチーム)
  報告5:伊藤(ワークデザインラボ)
  報告6:加藤(旅するようにはたらく部長)
 9:30-10:15

第三部 質疑応答(公開ディスカッション)
 10:15~10:25 
 ・チャットやメンチメーターなどを中心に、ラボの活動や今後についての意見交換
 ・各キープレイヤーへのブレイクアウトルーム(ラボ研究員によるアクションピッチ)

第四部 地域から実践に向けた提案/ネクストアクション宣言
 10:25-10:30
ラップアップ

■第一部 ゲスト詳細(先生のweb(https://www.matsushita-lab.com/)より引用)
松下慶太(まつしたけいた)1977年神戸市生まれ。博士(文学)。京都大学文学研究科、フィンランド・タンペレ大学ハイパーメディア研究所研究員、ベルリン工科大学訪問研究員、実践女子大学人間社会学部などを経て現職。2016年実践女子大学ベスト・ティーチング賞。
note: https://note.com/matsulab

専門はメディア論、若者論、コミュニケーション・デザイン。研究テーマは、(1)コワーキング・スペースやテレワークなど働く場所・働き方、(2)ソーシャル・メディアを中心とした若者のメディア・コミュニケーション、(3)若者のキャリア・学習など。
近年は特にコワーキング・スペース、ワーケーションなどモバイルメディア・ソーシャルメディア時代におけるワークプレイス・ワークスタイル、をメディア論、都市論、コミュニケーション・デザインなどの視点から研究している。
主な著作として『モバイルメディア時代の働き方』(勁草書房、2019)、『キャリア形成支援の方法論と実践』(東北大学出版会、2017 共編著)、『ネット社会の諸相』(学文社、2015 飯田良明と共編著)、『キャリア教育論』(慶應義塾大学出版、2015 荒木淳子・伊達洋駆と共著)、『デジタル・ネイティブとソーシャルメディア』(教育評論社、2012)など。


■オンライン記者クラブ方式
 今回はメディア・ライター枠を設けました。オンラインで関係人口を深める最前線の仕組みについての意見交換を聞いていただき、世の中に情報を届けていただければありがたいです。

■質疑応答について
 質疑応答の時間は、随時チャット・メンチメーターで受けますので、投稿していただければお答えしていきます。

■企画
 NPO法人学生人材バンク
 塩尻市役所

■協力
 株式会社 ワクワクプランニング

■各研究員のリサーチクエスチョン
岡本圭司 鳥取県庁交流人口拡大本部ふるさと人口政策課関係人口推進室長
『オンラインとオフラインを行き来する関係人口形成〜関係人口未来プロジェクトの事例から』
『with/afterコロナでの現地訪問〜移動者と地域との信頼形成』

中川玄洋  NPO法人学生人材バンク代表理事
「地方×都市のプログラムにおけるオンラインとオフラインそれぞれの可能性と棲み分け」
鳥取大学在学中にNPOを起業し、地方大学生×地域(企業・農村)のプログラムを造成し、若者が面白がることで離れた地域との関係性を生み出すことを継続実施してきました。オンラインの持つ可能性とオフラインだからこそできる可能性を考えてハイブリッドなプログラムを作りたいと思っています。

山田崇 塩尻市役所地方創生推進課 地方創生推進係長
『旅前にオンラインを活用した「都市と地域の信頼関係資本」構築プログラムー”塩尻CxO Lab”の事例から』


島田龍男 ワクワクプランニング代表
「オンラインは飲み会を超えられるか?人は仲良くなれるのか?」
WEBメディアanother life.運営などを通して、これまで様々な人と出会い、人の出会いから新しいことを生み出すことに挑戦してきました。コロナになり、直接会う機会が減った今、オンラインでも良い出会いを生み出せるのかを研究。オンラインで完結する出会いや、出会いの前倒しになるオンライン交流を研究。


近藤威志 株式会社CASE代表取締役 / 総務省地域力創造アドバイザー
「都市の人と地域の人ー事実的データに基づき感情的な抵抗感を越えていかにして関われるのか」
起業家で事業家。これまでに40-50の事業立ち上げを経験。地域に寄り添い、地域で自走する事業づくりを行う。現在、全国各地の観光観光振興、組織再編、事業再編、遊休不動産の利活用、農林水産業振興、地域コミュニティ活性化、市民協働、関係人口創出から移住定住まで、さまざまなプロジェクトに従事。

竹村のり子 グロービス地域活性化クラブ
株式会社ヤマダ電機 インターネット事業部ECマーケティング部 部長代理
日本の各地域にはそれぞれ魅力があって甲乙つけがたいので、複数の街の「関係人口」になりたいと思っている。グロービス地域活性化クラブを通じて塩尻市の複活プロジェクトに参画中。兵庫県の但馬地域の出身なので鳥取に親近感を持っている。

山元秀穂 広島県三次(みよし)市役所地域振興部定住対策・暮らし支援課係長
「オンラインによる関係(ツナガリ)人口創設に向けた実証実験」
人気の高い瀬戸内から離れ、中国山地のど真ん中にある広島県三次(みよし)市。「自然豊か」「新鮮で美味しい野菜やくだもの」「子育て支援が充実」という人口減少が進む中山間地域にありがちな情報発信から転換し「オンラインで事前に三次(みよし)の「魅力的なヒト・コト・モノ」を伝え、オフラインで体験をする」事業を企画中。

中島秀豊 GIN株式会社/株式会社Classic Railway Hotel 代表取締役
「オフライン(リアル)事業を補完・発展・拡大する手段としてのオンライン事業の可能性とその検証」
「こうなったらいいな、を形にする」をテーマに2005年から事業企画、営業スキーム構築、営業代行等のサービスを展開。2015年から鉄道会社、自治体、金融機関と連携した地域活性化の取り組みに従事。

清水賢信 一般社団法人Saturday Seven代表理事/厚生労働省
「オフラインとオンラインが調和した地域社会づくり」
日本各地で自由に人が集まり、四季の変化や人との交流を楽しめる場所を創ることを目的として、全国でジョギング等の社会活動を行なう。

西田浪音 一般社団法人Saturday Seven大阪代表
「オフラインとオンラインが調和した地域社会づくり」
大阪を中心に自由に人が集まり、四季の変化や人との交流を楽しめる場所を創ることを目的として、全国でジョギング等の社会活動を行なう。

齋藤浩文 株式会社鳥取銀行調査役/株式会社まるにわ代表取締役/一般社団法人まるにわ代表理事
「ローカルにおけるワーケーション拠点の開発」
鳥取銀行でごく普通に働きながら、副業でまちづくり会社を設立し、鳥取駅周辺でリノベーションまちづくりに邁進中。

石見亜紀子 グロービス地域活性化クラブ/株式会社インテグレート
 Perception/Behavior design 戦略部 チーフプロデューサー/PRSJ認定PRプランナー
「会社員が複業を通じて地域と関わりを持ち続ける難所と乗り越え方~一個人の実験から」
日本各地の多種多様な文化的資源こそ、世界に通用する競争力がある日本の魅力だと感じており、地域と関わる中で何か貢献できればと考えています。地域活性化クラブを通じて、塩尻市や茨城県の複活、志賀高原、西粟倉村のプロジェクトに参画中。

浦琢馬 JR西日本 創造本部 不動産戦略チーム
「自らつくる、豊かな暮らし。オンライン関係人口で広がった可能性」
大阪での会社員生活の側、コロナを機に差し込んだ「テレワーク文化の普及」という一筋の光を活かし、故郷和歌山県龍神村でのナリワイを中心とした暮らし×都会でのサラリーマン×オンラインで繋がる地域の関係人口 という「現代版百姓」な生活をイメージしながら、日々暮らしのアップデートを模索中。


田村志保 外資系総合人材サービス アデコ株式会社 地域プロモーション推進室/JSAワインエキスパート
「異なる立場の人々とオンラインで信頼関係を築きあげる過程と、それが自身の生活・働き方に与える影響ー関係人口未来プロジェクトの事例からー」
「地域のワイン生産者とワイン消費者を繋げる、新たな試みー”塩尻CxO Lab”での取り組みー」

中村元 JR東日本事業創造本部
「オンラインから始まる新しい人と人とのつながりの可能性、そしてオンラインプラットフォームだからこそ可能になる新たな地域との関係・共創づくり」
「ポストコロナ時代の新たな Local to Local の価値づくり」

山内菜都海 JR西日本不動産開発 街づくり課/ゆるいぽっぽやの会発起人/一般社団法人リバブルシティ イニシアティブ/アーバンデザインセンター078@神戸/NPO Unknown Kobe
「廃線になってから後悔しない!移動以外の価値を運ぶ鉄道と、鉄道を使い倒す地域&市民のシアワセな関係性とは?」
「自宅半径2kmのゆたかな暮らしと、旅暮らしによるセレンディピティで得られる、Withコロナ時代のゆたかな日常」

伊藤俊徳
一般社団法人Work Design Lab パートナー
「奪い合わない関係人口モデルの探求―オンライン活用により複数エリア同時に関係を深める事は可能か?」

加藤 遼
パソナJOBHUB ソーシャルイノベーション部長 兼 内閣官房 シェアリングエコノミー伝道師
「個人が主役、信頼関係が基盤、共助の精神のコミュニティの醸成にむけて、オンラインをどのように有効活用するか」


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#724914 2020-09-04 13:02:12
More updates
Sat Sep 5, 2020
7:00 AM - 10:30 AM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
早割チケット SOLD OUT ¥1,000
当日券 SOLD OUT ¥1,500
招待券 FULL
U-25優待券(25歳以下は無料ご招待) FULL
ゲスト登壇用 FULL
メディア・ライター枠 FULL
Organizer
学生人材バンク
197 Followers

[PR] Recommended information