Event is FINISHED

「withコロナ」の時代に向けて③-地域スポーツクラブの現場より:ドクターの視点から

Description
新型コロナウイルス感染症が拡がる中、私たちは「スポーツのある日常」を少しずつ取り戻しつつあります。プロ野球やJリーグも入場者を制限するなど感染予防に気を配りながら再開し、学校での部活動も段階的に始まっています。その一方で、選手の感染によりJリーグの試合が中止になったり、運動部の寮でクラスターが発生するなど、課題は残されています。

「withコロナ」の時代に、私たちは、どのように安全なスポーツ活動を行っていったらよいのでしょうか。医師である安藤氏に、NPO法人スマイルクラブをはじめとする地域スポーツクラブの現場を例に取りあげながら、具体的にお話していただきます。また、万が一感染者が発生してしまった場合の対処法などについても言及します。

「スポーツを通してのゆたかなくらしづくり」を「志」とする私たちが、「スポーツのある日常」を取り戻すために必要なことを、みなさんで確認していきましょう。

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【日 時】2020年9月25日(金)19:00〜21:00 終了後、オンライン懇親会
【会 場】オンライン(Zoom)
【テーマ】「withコロナ」の時代に向けて③
   -地域スポーツクラブの現場より:ドクターの視点から
【演 者】安藤 裕一(㈱GMSSヒューマンラボ)
【参加費】無料

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆演者
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


安藤裕一(Yuichi Ando)
(株)GMSSヒューマンラボ代表取締役・医師

学生時代はハンドボールを中心にスキー、サッカー、ラグビーなどスポーツに熱中。卒業後外科医となり、世界移植者スポーツ大会(臓器移植を受けた人が参加選手)に3回帯同。米国・豪州留学、国境なき医師団(コートジボアールほか)、アシスタンス会社(インターナショナルSOS)を歴任後、2015年に起業。大学講師・研究員、産業医、スポーツ団体アドバイザーなど日替わりで役割をこなしながら「人々の心身の健康と、心のかようゆたかな社会」を目指して活動中。サロン2002との関わりは約25年になる。今回は、コロナ禍で地域のスポーツがどのような対応をしているかを実例を挙げながら、withコロナ時代の地域スポーツについて皆さんと考えたいと思います。
(NPOスマイルクラブメディカルアドバイザー、(株)バルシューレ・アカデミーメディカルアドバイザー、国際武道大学非常勤講師、筑波大学研究員、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本危機管理学会常任理事、日本渡航医学会評議員)


【補足:入会のすすめ】
サロン2002ではいま、2020年度の会員・メンバーを熱烈募集しています。「スポーツを通しての“ゆたかなくらしづくり”」という“志”に賛同される方は仲間になりませんか?
入会申請フォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd0WE7scVCrs4o-ENemqZ7GCDr1J2E4s3HHHylgAwiZDyHiCg/viewform?c=0&w=1;

【主催】NPO法人サロン2002
http://www.salon2002.net/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#713228 2020-08-27 00:09:03
Fri Sep 25, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加券 FULL
Organizer
特定非営利活動法人サロン2002
65 Followers

[PR] Recommended information