Event is FINISHED

万葉の高貴な色「紫草」で染める

Description

万葉を象徴する希少種『紫草(むらさき)』で高貴な色に染め上げる!

紫草の根からは、貴重な紫色の染料が得られます。古代から、その色で染めた布は、高貴な位の人々しか身に着けることができず、あこがれの存在でした。この機会にぜひ、オンリーワンのオリジナル作品をご自身の手で染め上げてみてはいかがでしょう。
【参考画像】NHKで紹介された際の画像をなど…作業の様子・紫根(しこん)・開花時の紫草

〇染色体験:絹布に、効率的に操作するためにアルコール定着法で実施します。紫草は絶滅危惧種であり、貴重であるため、染料の大部分は同成分の色素を、事前に抽出したものを使用します。(作業1時間程度)
〇万葉の花『紫草』についての解説:現役の大学教授(山田暢司)が万葉集に詠み込まれた紫草の魅力、資料や関連のサンプルを用いて講話を実施します。(布の乾燥を待つ間30分程度) → 参考:過去に実施された講座のページ
〇費用:体験料(材料・講話・資料代含む) ¥4,000 と絹布代(¥2,000)合わせて ¥6000 を当日に現地でお支払いください。
※絹布は、プチストール(130cm×28cm 13g) 通常 ¥2,500 相当の品です
〇持ち物:汚れてもよい服装(エプロン持参推奨)・マスク(感染症予防対策)
〇当日は2名以上で実施予定です。最大でも6名程度の少人数ですので、密にならない形態です。
〇染め上がりには多少のムラが残ったり、思ったほどの仕上がりにはならない場合がありますことご了承ください。:伝統手法による本格的な紫染めは、たいへん難度が高く、工芸品レベルになると数年をかけて仕上げるといわれています。
〇実施会場:東京都目黒区八雲2-18-13 大手のレンタルスペースですので安心してお越しください。画像:会場の内部

【紫草をもっと深く知りたい方へ】
◇実際に染め上げている操作 → youtube動画
◇紫草とは?:万葉を象徴する花『紫草』の保護活動
◇紫草のイベント2015-2019年に開催:紫草と万葉の花展
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#721463 2020-09-02 06:30:47
Mon Oct 5, 2020
10:00 AM - 12:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
八雲の一軒家:イベント会場
Tickets
紫染め体験と万葉の花「紫草」の講座10:00~12:30 FULL
Venue Address
東京都目黒区八雲2-18-13 Japan
Organizer
NPO法人「紫草と万葉の会」
2 Followers