三浦敏郎先生 自己探求を深めるシーケンスの作り方

Description

Yogini編集部絶賛!本誌から生まれた、ヨガ指導者むけのワークショップ!!
『いいYOGAのクラスって何?』


【ヨガクラスの指導をする時、生徒の集中力や盛り上がりに欠けると、感じたことは、ありませんか?】
【ポーズのシーケンスを工夫しても、あまり変化がないという経験は、ないでしょうか?】

ヨガクラスには、ポーズのシーケンスだけではなく、
『ウォームアップ、呼吸法、リラクセーション、瞑想』などの要素で構成されています。
生徒が体験に没頭できるクラスを作るには、
それぞれの要素をスムーズに繋げ、
クラスに一貫した流れを作る原理と、
手法を理解することが、重要です。

挨拶もせずに、いきなりポーズを始めたり…、
ポーズを終えると同時にクラスを終了させる…、
ことはないでしょう。

挨拶とポーズの間に呼吸法を入れたり、
ポーズが終わってからリラクセーションなどをしてクラスを終了させた方が、
自然だからです。


このようにクラスをスムーズに展開する手法を、
クリパルヨガでは”トランジション”と呼び、意識的、かつ緻密にクラスの中に取り入れることで、
生徒の意識が、瞑想的に内面に集中できるようにしています。
*クリパル・ジャパンHP http://www.kripalu.jp


このワークショップでは、
トランジションの基本となる原理と手法、
さらにその古典的根拠となる”チッタ(心)”と”プラーナ”の関係を理解し、
自己探求を深めるクラス作りを学びます。




【ワークショップ詳細】

【開催日・時間】8月22日(土)14:00~18:00 

【参加費】11,000円(税込) *30%オフではありませんが、オンラインレギュラー会員特典あり

【対象】ヨガ指導者向け *指導者でなくてもご参加できます。

【開催スタジオ】zoomを使った、オンラインスタジオ
*お申込み・決算終了後zoomのURLが、自動送信されます。


【プロフィール】
三浦敏郎 (みうらとしろう)

クリパル・ジャパン代表
1977年から米国農業研修や留学中にヨガやマクロビオティックの健康観に強く共感し、クリパルヨガアシュラムにてスワミ・クリパル師に出会い帰国。1981年より神奈川県西部を中心にヨガ指導を始める傍ら、鍼灸院を開設。1991年、クリパルヨガの創始者、アムレット・デサイ師来日の際に通訳を務めクリパルヨガ公認教師としての道を選択する。参加者の身体を通した気づきの体験とそこからの学びを導き出す指導法で数々の集中コースを開催する。現在、クリパルヨガ教師トレーニング、および、フェニックス・ライジング・ヨガセラピーのトレーナーとして指導。

クリパル・ジャパンHP http://www.kripalu.jp
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#683629 2020-08-03 09:14:18
Sat Aug 22, 2020
2:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
チケット ¥11,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Aug 21, 2020.

Organizer
Studio+Lotus8 ONLINE(スタジオロータスエイトオンライン)
1,183 Followers

[PR] Recommended information