Event is FINISHED

ピーター・エマニュエル・ゴールドマン特別上映

Description
※チケットは完売しました。当日券の販売はございません。

2020年9月6日、ユーロライブにて、60年代の若者たちの孤独、不安、そして衝動を描いた映画作家、
ピーター・エマニュエル・ゴールドマン特別上映!

メカス、ゴダールが絶賛し、ユスターシュやストローブに衝撃を与えた孤高のアメリカ人映画作家の現存する長篇劇映画2本を一挙に上映します!
『Wheel of Ashes』上映後には昨年著書『フレームの外へ──現代映画のメディア批判』(森話社)が発売された映画評論家の赤坂太輔さんと、ミュージシャン・作家の中原昌也さんのトークつきです。

【上映スケジュール】
2020年9月6日 会場:渋谷 ユーロライブ
料金:各作品とも一律1500円
18:00 『Echoes of Silence』沈黙のこだま
19:30 『Wheel of Ashes』灰の車輪
   上映後トークつき 
   ゲスト:赤坂太輔(映画批評家)
       中原昌也(ミュージシャン/作家)

*二本立てではございません。
*当日券は17:30より販売
*10分前より開場。整理番号順、自由席/入替制
*前売り券は2週間前頃より当ページにて販売します。

    
ゴールドマンは近年で最もエキサイティングな新人映画作家だ。この処女作は驚くほど素晴らしい作品である。
ースーザン・ソンタグ

アンダーグラウンド映画とゴダール映画の長所をもって、友人たちの生活や感覚をシンプルな物語として紡いだ。
……『Echoes of Silence』は非常に美しいテーマと形式をそなえた映画だ。
ージョナス・メカス

我々が敬愛するアメリカ映画作家は皆早熟だった。ホークスのキャリアもゴールドマンと同じ年頃に始まった。
ゴールドマンは、すべて1人でやってのけた…偉大なアメリカ映画作家は増えてゆくだろう。
すでにゴールドマンにクラーク、カサヴェテスがいるのだ。
ージャン=リュック・ゴダール


【ピーター・エマニュエル・ゴールドマン】
1939年NY生まれ。1964年にアメリカで処女作『Echoes of Silence』を監督し、イタリア・ペサロ映画祭で特別監督賞を受賞。
メカスやソンタグらより国内で高く評価されただけでなく、ビエットやゴダールらフランスの映画人たちからも絶賛された。
65年に短編『Pestilent City』を監督。66年にパリに渡り、『Wheel of Ashes』(1968)を制作。
だが、その後ゴールドマンは映画製作から離れ、ユダヤ人としてのアイデンティティに傾倒してゆく。
60年代に前衛映画作家として世界各国の映画祭で賞賛を浴びながら、NYとパリで撮られた2本の強烈な作品を残して映画界から離れていった、稀代な監督である。


【上映作品】
『Echoes of Silence』沈黙のこだま
NYをさまよう20代の若者たちを記録した、ニュー・アメリカン・シネマの記念碑的作品。
街をぶらつく若者たちのやりきれなさや衝動を、手書きのインサートタイトルとさまざまなレコードに乗せて描き出す。
(1964/アメリカ/74分/スタンダード)

『Wheel of Ashes』灰の車輪
混沌とした世俗的な欲望と、心の平穏を神に求めるはざまで苦悩する⻘年の姿を 描く。
愛や真理を求めて68年のパリを彷徨う主人公をピエール・クレモンティが 演じた。
(1968/フランス/95分/スタンダード)

*どちらも日本語字幕付き・Blu-ray上映

【ゲストプロフィール】
赤坂太輔
映画批評家・映像論。立教大学講師。
著書『フレームの外へ──現代映画のメディア批判』(森話社)

中原昌也
ソロユニット Hair Stylisticsとして活動するミュージシャン。
小説家・映画評論家・画家など活動は多岐にわたる。




主催:Pigeon Films 協力:Re:Voir
Updates
  • The event description was updated. Diff#717535 2020-08-30 11:48:49
Sun Sep 6, 2020
6:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
18:00『Echoes of Silence』沈黙のこだま SOLD OUT ¥1,500
19:30『Wheel of Ashes』灰の車輪 SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
1-5 Maruyamacho, Shibuya City Japan
Organizer
Pigeon Films
290 Followers

[PR] Recommended information