Ticket is not available

Event is FINISHED

コロナショックが生み出したポップ/ストリートカルチャーの様相

Description


イベントメディア「H(エイチ)」

ビジュアルコミュニケーションで社会に貢献する株式会社アマナが持つ、アートやデザイン、食、テクノロジー、自然科学、ライフスタイル、マーケティング、コミュニティなどに特化した8つの専門メディア。これらを統合して新たに生まれたのが、次世代型メディアプラットフォーム「amanatoh(アマナト)」です。

アマナトのトークセッションを担当するのが、イベントメディア「H(エイチ)」です。業界の第一線で活躍する人物をお呼びし、独自の切り口でディスカッション。オンラインとリアルを連動させ、登壇者/来場者とともに次なるビジネスの可能性を考えます。

難しさと複雑さが増すこの時代。「ヒト(Human)」の「叡智(えいち)」が「集う場(Hub)」である「H」をきっかけに、これまでにない質の高いコミュニケーションをご提案してまいります。

————————————————————————————————————————
「コロナショックが生み出したポップ/ストリートカルチャーの様相」

登壇者:
荏開津 広(ライター/DJ/東京藝術大学非常勤講師)
小石祐介(クリエイティヴディレクター/株式会社クラインシュタイン代表)
山縣良和(writtenafterwardsデザイナー/coconogacco代表)
M.C.BOO(株式会社アマナ/オモシロ未来研究所)

新型コロナウイルスによる“グローバルパンデミック”により、世界的にホワイトカラーのテレワークと在宅勤務は常態化し、ライフスタイルは大幅に変化しました。2021年の東京オリンピック/パラリンピックの開催は危ぶまれ、各業種の廃業、転業も目新しくありません。観光、不動産、飲食、エンターテインメント各分野でのビジネスとカルチャーの行方も、“ポストコロナ”、“ウィズコロナ”のあり様を探るべきだという声が上がっています。

また、これまでストリートカルチャーの専門家、荏開津広さんによる人気シリーズ「世界を“ハック”するストリートカルチャーのいま」を展開してきたなかで、アメリカを中心に巻き起こっているBLM運動もコロナ禍と遠因にあると言われ、その運動の渦中でブルックリンの路上に巨大アートが出現したことも、ストリートカルチャーの歴史とは切り離せない関係性があります。

そうしたなかで、アマナデザインによるカルチャーのシンクタンク「オモシロ未来研究所」発の企画「世界を“ハック”するストリートカルチャーのいま」の第4弾となる本トークセッションでは、ファッション、エンターテイメント、アートについてカルチャーとビジネス双方からのビジョンについて語り尽くします。

今回は第1回目にお招きした国内外のブランドとともにグローバルにファッションのプロジェクトを手がけるKLEINSTEIN代表の小石祐介さん、第3回のゲストである、

セントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業、自身が主宰するcoconogaccoではクリエイションの可能性を伝える教育者であり、ファッションブランド「writtenafterwards」のデザイナー山縣良和さんをお迎えし、“ポストコロナ”、“ウィズコロナ”で生まれたポップ/ストリートカルチャーの新たな様相を見ていきます。

〔イベント概要〕
「コロナショックが生み出したポップ/ストリートカルチャーの様相」
日  時 2020年8月11日(火)19:00~20:30
手  法 オンライン配信
定  員 100名(先着順)
申込締切 2020年8月10日(月)12:00
※当日の17:00までに参加者へトークセッション配信用のURLをご案内いたします
※当日は開始の10分前の時間よりオンライン会場へお入りいただけます
※トークイベントの録音・録画はご遠慮願います
※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます
※キャンセル待ちは空きがでましたら、随時Peatixで募集いたします

〔イベントに関するお問い合わせ〕
本ページ内「主催者」からお問い合わせください

▼イベントの詳細はこちらから▼
https://amanatoh.jp/event/12167/

〔登壇者紹介〕

荏開津 広(ライター/DJ/東京藝術大学非常勤講師)
執筆/DJ/京都精華大学、東京藝術大学非常勤講師、RealTokyoボードメンバー。
東京生まれ。東京の黎明期のクラブ、P.PICASSO、MIX、YELLOWなどでDJを、以後主にストリート・カルチャーの領域で国内外にて活動。2010年以後はキュレーション・ワークも手がけ、2013年『SIDECORE 身体/媒体/グラフィティ』より、ポンピドゥー・センター発の実験映像祭オールピスト京都ディレクター、日本初のラップの展覧会『RAP MUSEUM』(市原湖畔美術館、2017年)にて企画協力、Port Bの『ワーグーナー・プロジェクト』(演出:高山明、音楽監督荏開津広 2017年10月神奈川県立芸術劇場初演、2019年フランクフルト公演、20年大分公演(予定)。翻訳書『サウンド・アート』(フィルムアート社、2010年)。オンラインでストリートアートについての『アーバン・アート・リサーチ』連載中。


小石祐介(クリエイティヴディレクター/株式会社クラインシュタイン代表)
東京大学工学部卒業後、コムデギャルソンを経て、現在はスロバキア発のスニーカーブランド「NOVESTA」をはじめ、国内外のブランドのプロデュースやリブランディング、デザイン、コンサルティングなどを行っている。また、現代アートとファッションをつなぐプロジェクトやキュレーション、アーティストとしての創作、評論・執筆活動を行っている。
コムデギャルソン在籍時のプロジェクトとしては、荒川修作+MADELINE GINSが主宰するREVERSIBLE DESTINY FOUNDATIONによる『BIOTOPOLOGICAL SCALE-JUGGLING ESCALATOR』(DOVER STREET MARKET NEW YORK内、2013年)など。2017年8月には、70年代のイギリスのパンクカルチャーの先駆けであるJOHN DOVE AND MOLLY WHITEによる日本初の個展『SENSIBILITY AND WONDER』(DIESEL ART GALLERY)のキュレーションを行った。2018年6月には、クラインシュタインがキュレーションを行った展覧会『BEING AND TIME』にて、写真家のJÖRGEN AXELVALL、濱田大輔とともに作品を発表。
kleinstein.com​


山縣良和(writtenafterwardsデザイナー/coconogacco代表)
2005年セントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業。在学中にジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。2007年にリトゥンアフターワーズを設立。2008年より東京コレクションに参加。2014年に毎日ファッション大賞特別賞を受賞。2015年には日本人として初めてLVMHプライズのセミファイナリストにも選出された。またファッション表現の研究、学びの場として、2008年より「ここのがっこう」を主宰。


M.C.BOO(株式会社アマナ/オモシロ未来研究所)
96年にビースティ・ボーイズと共演したライブがレコードになり全米デビュー。その後、脱線3としてメジャーフォースよりアルバム「バチルカ」をリリース。近年は音楽活動と共に株式会社アマナのアマナデザインで広告からアートイベントのプロデュースまで横断的に関わりながら、さまざまなメディアで独自のオモシロを伝える。


オモシロ未来研究所
ストリートカルチャーを軸としたアートとカルチャーの頭脳集団。メンバー独自のネットワークやノウハウを活かしたクリエイティブサービスを提供するとともに、世の中にまだ知られていないクリエイティブコンテンツを掘り起し、コミュニケーションを戦略的にデザイン。より多くの方にその魅力を知っていただく機会をつくり出していきます。

Photograph by Polaris / amanaimages [TOP]
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#675261 2020-07-28 02:27:39
More updates
Tue Aug 11, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 SOLD OUT ¥1,000
Organizer
H(エイチ)
1,858 Followers