Event is FINISHED

これからの非営利組織のガバナンスを考える(『非営利組織のガバナンス』刊行記念対談イベント、オンライン開催)

Description
【追加情報:定員を24名に変更しました】

これからの非営利組織のガバナンスについて考えよう。


2020年1月に、英治出版より『非営利組織のガバナンス』を出版いたしました。
組織の根幹をなすにもかかわらず、あまり論じられることのないガバナンスについて、その基本的な考え方を整理した1冊です。

出版後、コロナの感染が拡大し、日本のあらゆる領域に大きな影響を与えています。
今回の事態に限らず、大きな変化に対して組織としてどのように意思決定し、その変化に対応するかは、ガバナンスの本質と密接に関係しています。

そこで、これからも起こりうる先の読めない不確実性に対して、ガバナンスの機能をどう捉え、その力を高めていけばよいのかを考える対談イベントを開催いたします。

聞き手は本書の訳者である山本未生氏(一般社団法人WIT代表 http://worldintohoku.org/ )が務めます。

そして、今回のゲストは日本を代表する非営利組織経営者の一人、工藤啓氏(認定NPO法人育て上げネット理事長 https://www.sodateage.net/ )です。日本における若者支援の第一人者として、企業・行政などとも連携しながら、インパクトの大きい事業を展開されています。

非営利組織経営の最前線で活躍されている方の具体的なお話を聞くことで、参加者の皆さんと、ガバナンスや意思決定のあり方を振り返り、所属する組織のガバナンスのこれからを考えるきっかけにしていただければと思います。

【このイベントから学べること】
  • 『非営利組織のガバナンス』が提示するフレームワークを、日本の文脈でどのように実践するか、その具体的な事例やコツなどについて
  • コロナのような不測の事態に対して、組織として対応するために、理事会の運営などの面で、普段からどのような取り組みができるか、大切にするべきことは何か
  • 組織を越えた協働を成功させるためのポイント
具体的には以下のような論点についてお話を伺う予定です。
■『非営利組織のガバナンス』で展開される議論への感想や気づき
・受託/戦略/創発モードというフレームワークへの納得感
・創発モードを実践する上で大切にすべきこと
■ガバナンスの機能を高めるための試行錯誤
・どういう問題意識から外部理事を増やしたのか
■事務局(業務執行)側がこの本から学ぶべきこと
■コロナの影響に対して、組織としてどのように意思決定し、どう対応しているか
・3団体協働の取り組み、「#働くを取り戻す」を立ち上げた背景
・協働を成功させるために大切なこと
■これからのガバナンスに必要なこと
・日本の非営利組織の状況を踏まえて、本書のフレームワークはどのように活かせるか

【イベント概要】
■日時:2020/8/4(火)20:00-21:30(19:55頃から配信サイトに入れます)
■会場:オンライン(Zoom)
■定員:20人→24人
■参加費: 【オンライン参加】 2000円(税込)
■備考・注意点:
・『非営利組織のガバナンス』を事前に読んでおくことは必須ではありませんが、読んでおくとより理解が深まるかと思います。
・質疑応答を含めたイベントの内容は、記事化し英治出版オンラインで公開する予定です。その点ご了承ください。

【イベントの流れ(予定)】
・前半(40分程度)は工藤氏と山本氏との対談
・後半は参加者との質疑応答・対話(少人数グループに分かれての対話をする時間もあります)
※当日の話の流れから、予定を変更する可能性があります。

※配信ツールとしてZoomを使用予定です。
開催前日までに「専用URL」をPeatixアカウント、アンケート登録のメールアドレスまでお送りしますので、チケット申し込み時に必ず確認可能なアドレスをご記入ください。

※Zoomを初めて使う方へ:
事前にアプリのダウンロードをしておくとスムーズに接続ができます。
1)パソコンの方はこちらからダウンロードできます。(ミーティングクライアント)
https://zoom.us/download#client_4meeting
2)iPhoneやiPadの方はこちらからダウンロードできます↓
http://itunes.apple.com/jp/app/zoom-cloud-meetings/id546505307?mt=8
3)Androidスマホの方はこちらからダウンロードできます↓
https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings

主催:英治出版、一般社団法人WIT

【スピーカープロフィール】

工藤啓 Kei Kudo
1977年、東京生まれ。米ベルビュー・コミュニティー・カレッジ卒業。2001年に任意団体「育て上げネット」(https://www.sodateage.net/)を設立。2004年にNPO法人化し、理事長に就任。現在に至る。著書に『無業社会 働くことができない若者たちの未来』(共著・朝日新書)など。
金沢工業大学客員教授、東洋大学非常勤講師。内閣府「パーソナルサポートサービス検討委員会」委員、東京都「東京都生涯学習審議会」委員、「一億総活躍国民会議」委員等歴任。


山本未生 Mio Yamamoto
一般社団法人WIT共同設立者&代表理事(http://worldintohoku.org/)。『非営利組織のガバナンス』訳者。大学時代、マレーシアの非営利団体での経験を通じて、戦略・ネットワーク・資金の不足が、非営利組織のミッション達成を妨げていることを実感。大学卒業後、民間企業で営業・マーケティングに携わりつつ、SVP東京にて社会起業家を資金・経営面で支援。住友化学株式会社、McKinsey & Companyを経て、2011年、東日本大震災を機にWiA(現WIT)を共同設立、2013年より同代表理事。英語・日本語双方での講演多数。2005年東京大学教養学部総合社会科学科国際関係論課程卒業。2013年MITスローン・スクール・オブ・マネジメントでMBAを取得。ボストン在住。

【書籍情報】

非営利組織のガバナンス
著者:リチャード・P・チェイト、ウィリアム・P・ライアン、バーバラ・E・テイラー
訳者:山本未生、一般社団法人WIT
内容:
・社会に本質的な変化をもたらす組織のガバナンスには何が必要か
・組織と事業のポテンシャルを最大化するガバナンスのあり方とは
これらの問いに、長年、研究を続けてきたハーバード大教授らが挑む。
出版以来、アメリカで読まれ続けているNPO経営の教科書。

【注意事項】
・キャンセルポリシー:イベント日から起算して、以下のキャンセル料を申し受けます。
▼前日23:59までのキャンセル依頼のご連絡:無料
▼当日キャンセル・ご連絡がない場合:100%
※キャンセル方法はこちらをご確認ください。
※自然災害などやむを得ない事情で開催が中止となった場合、参加費は全額返金いたします。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#680003 2020-07-31 06:23:59
Tue Aug 4, 2020
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン参加費(zoom) SOLD OUT ¥2,000
Organizer
英治出版株式会社
2,030 Followers

[PR] Recommended information