Event is FINISHED

【7/21オンライン開催・参加無料】地方創生って何だろう?~vol.2 好きのパワーが生み出す地方創生を考える「よさこい2.0」~

Description
高知で愛され、人から人へ受け継がれてきた「よさこい祭り」ですが、コロナウイルスの影響で、史上初の中止となってしまいました。

よさこい祭りの経済規模は120億と年々増加傾向にあり、よさこい好きのエネルギーは海外にまで広まっています。

”楽しい!”の引力で惹きつけるよさこいのパワーは強く、

東京や大阪から高知へ毎週練習に通う踊り子や、よさこいのために高知へ移住される方も多いため、結果として地方創生としての役割を担っています。

日本各地様々な祭りがありますが、よさこいは唯一、『人』が主役の祭りです。

観客と踊り手/観光客と在住者/地域と支える人といったように

人と人が密になって盛り上がる祭りだからこそ、Withコロナ・Afterコロナのよさこいの在り方に不安を覚える方も多いと思います。

今回は、よさこい事情に詳しい2名をゲストに迎え、

「これからのよさこいどうなるんだろう?」

「よさこいの成功モデルを次にどう活かせるか?」

「好きを地方創生に活かすには?」

といったトークテーマで対談していきます。

よさこい好きの方、次の祭りの在り方に興味のある方、移住を考えている方など是非気軽にご参加ください!


イベント概要

【日時】

2020年7月21日(火) 19:30~21:00(予定)


【開催場所】

オンライン
※ zoomを予定しております。接続URLはお申し込みいただいた後に連絡いたします。


【定員】

限定50名


【参加費】

無料


【プログラム】

19:30 ~ 19:40 オープニング

19:40 ~ 20:40 ゲストトークセッション

20:40 ~ 20:55 参加者の方も交えてディスカッション

20:55 ~ 21:00 クロージング


【登壇者】

川竹 大輔 氏

朝日新聞記者、三重県津市議会議員を経て、平成12年(2000年)から橋本大二郎高知県知事の特別職秘書、安芸市助役、NPO役員などを務める。現在は高知大学専門員(地域人材育成担当)として「よさこい概論」の授業を担当。Amazon1位『よさこいはなぜ全国に広がったのか?』をはじめ、『唐人踊り読本』『いなか地デジ化ものがたり』など著書多数。


芳村 百里香 氏

よさこい移住応援隊/よさこいインストラクター
奈良県出身。大学時代によさこいに出会い、2012年よさこい祭りが好きすぎて高知へ移住。藤宗本澤法律事務所でパラリーガル、十人十彩のよさこいインストラクター、よさこい移住応援隊、ライターなど多面の顔を持つ。SNSでよさこいや高知の情報発信を行っている。 


ファシリテーター:廣瀬 恵理子

株式会社SHIFT PLUS 地方創生事業本部/コンテンツディレクター
高知県出身。東京にて新規事業の立ち上げを複数行った後、自営で50以上のイベントを企画運営。1年前よさこいチームを立ち上げるため高知にUターン。よさこい大賞最多受賞チームほにやで勤務し、2020年より株式会社SHIFT PLUSにて地方創生に関する事業を担当。個人でよさこい情報メディアYOSAKOI LABOを立ち上げる。


【主催】

株式会社SHIFTPLUS 地方創生事業本部
高知県高知市駅前町1−8 第7駅前観光ビル
https://shiftplus.inc/
Updates
  • 会場住所 は オンライン に変更されました。 Orig#662867 2020-07-17 05:00:06
More updates
Tue Jul 21, 2020
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
オンライン
Tickets
無料チケット FULL
Venue Address
オンライン Japan
Organizer
地方創生ってなんだろう?
50 Followers

[PR] Recommended information