Event is FINISHED

欧州サーキュラーエコノミーに関する先端事例から学ぶ日本への示唆

Description
日本若者協議会・環境政策委員会では、アフターコロナに向けた、持続可能な社会を構築するために、サーキュラーエコノミー、新しい都市設計に関して勉強会を重ね、提言をまとめていきたいと考えております。

そこで、初回の勉強会として、7月20日(月)19時〜、IDEAS FOR GOOD編集長の加藤佑様を講師に勉強会を開催します。

サーキュラーエコノミーとは何か、具体的にどのように経済・都市のあり方を変えているのか、欧州等の事例を紹介しながらご講演をして頂き、参加者同士の意見交換(グループディスカッション)も行います。

ご関心ある方は、ぜひご参加ください。

【開催概要】
イベント名:欧州サーキュラーエコノミーに関する先端事例から学ぶ日本への示唆
日時:7月20日(月)19:00〜21:00(5分前までにZoomにお入りください)
講師:加藤佑氏(IDEAS FOR GOOD編集長)
場所:Zoom
当日17時頃にURLをお送りします。
募集人数:30名程度
参加費:
学生ー無料
会員社会人ー無料
非会員社会人ー1000円

■当日スケジュール:(予告なく変更する可能性がございます)
19時00分 開会・趣旨説明・団体説明
19時05分 講演(30分)
19時35分 Q&A(20分)
19時55分 グループディスカッション(30分)
閉会
20時25分 希望者による懇親会(30分)
21時00分 終了

■講師プロフィール
加藤 佑
ハーチ㈱ 代表取締役 / IDEAS FOR GOOD 編集長
1985年生まれ。東京大学卒業後、リクルートエージェントを経て、サステナビリティ専門メディアの立ち上げ、大企業向けCSRコンテンツの制作などに従事。2015年12月に Harch Inc. を創業。翌年12月、世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」を創刊。現在はサーキュラーエコノミー専門メディア「Circular Economy Hub」、横浜市で「Circular Yokohama」など複数の事業を展開。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格保持者。エストニアe-resident。

関連記事:【欧州CE特集#0】欧州サーキュラーエコノミー特集、はじまります。
https://ideasforgood.jp/2020/01/24/euce0/

日本若者協議会では共に政策を考え提言する仲間である「会員」を募集しております。今後イベント情報や優先的な登壇機会等を提供いたしますので、希望する方は以下をご確認ください。
学生は入会費・年会費無料となっております。
https://bit.ly/2DnP3Dd

・日本若者協議会とは
「若者の意見を政策に反映させる団体」として各政党との政策協議、政策提言を行っている団体です。具体的には、「被選挙権の引き下げや供託金の引き下げ」「審議会での若者比率の上昇」「若者担当大臣/子ども・若者省の設置」等を提言してきました。2016年参院選や2017年衆院選、2019年参院選では、主要6政党の公約に載せることに成功しています。2018年5月に発足した超党派の「若者政策推進議員連盟」では事務局を担当。個人・団体会員の合計は約4,500名となっています(2020年5月時点)。
https://youthconference.jp/
Mon Jul 20, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
Zoomチケット(学生、社会人会員) FULL
Zoomチケット(社会人非会員) SOLD OUT ¥1,000
Organizer
日本若者協議会ー若者政策研究会
707 Followers
Attendees
13

[PR] Recommended information