Event is FINISHED

第7回反ヘイトスピーチ基礎講座オンライン

Description

オリンピックの光と影 
  ~ コロナが私たちに突き付けているもの ~


開 催 日 時 : 2020 年 7 月 23 日 (木・祝) 14 : 00 – 16 : 00
講   師 : 渡辺 雅之(大東文化大学教授)・中沢 けい(法政大学教授・小説家)
ゲスト講師 : 木村 元彦(ジャーナリスト・ノンフィクションライター)
参 加 費:無料

※ 今回は、Zoomにて開催します。
  申し込まれた方には、当日の朝までにZoomのURLをメールでご連絡します。


【プログラム】
  第1部:差別扇動行為とはなにか <渡辺 雅之>
  第2部:オリンピックの光と影 <木村 元彦>
  第3部:てい談〜コロナが私たちに突き付けているもの
      <木村 元彦×中沢 けい×渡辺 雅之>

 この夏、東京オリンピック・パラリンピックは、ひとまず延期となりました。平和への願いが込められたスポーツの祭典がコロナによって吹き飛ばされた、その跡に残っているものはなんでしょうか。
 コロナが露わにした私たちの社会がずっと抱えてきた問題を、この機会に一緒に考えてみませんか?

【おすすめ本】
本講座の講師の著作や関連本です。
いつもお世話になっている銀座教文館さんが、特設ページを作ってくださいましたので、
ぜひこちらでお買い求めください。
https://shop-kyobunkwan.com/anti-hate-speech/

【講師紹介】
 木村 元彦(ジャーナリスト・ノンフィクションライター)
  東欧やアジアの民族問題を中心に取材、執筆活動を続ける。
  とりわけ、この視点から描き出されるスポーツ界の人物像は、人としての存在感に
  圧倒される。
  「オシムの言葉」「無冠、されど至強」「さらば、ヘイト本!」「13坪の本屋の
  奇跡」など著書多数。




 中沢 けい(法政大学教授・小説家)
  1978年小説「海を感じる時」で第21回群像新人賞受賞。
  1985年小説「水平線上にて」で第7回野間文芸新人賞を受賞。
  著書に「麹町二婆二娘孫一人」「動物園の王子」「書評 時評 本の話 1978-2008」
  「楽隊のうさぎ」など多数。共著に「ヘイトスピーチってなに?レイシズムって
  どんなこと?」など。対談集に「アンチ・ヘイト・ダイアローグ」




 渡辺 雅之」(大東文化大学教授)
  大東文化大学教職課程センター教授。Diversityに関する授業や教職志望の学生への
  サポートを行っている。専門は道徳教育論。著書「いじめ・レイシズムを乗り越える
  道徳教育(高文研)」「ヒューマンライツ~人権をめぐる旅へ(ころから)」。
  埼玉で中学教師を22年務め、その現職時代にはTV「3年B組金八先生」に
  いじめに関する脚本を提供した。




【主 催】
  株式会社 銀座No!Hate小店 https://ginza797.com/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#668016 2020-07-21 09:37:47
More updates
Thu Jul 23, 2020
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
第7回反ヘイトスピーチ基礎講座オンライン参加申し込み FULL
Organizer
反ヘイトスピーチ基礎講座
115 Followers

[PR] Recommended information