【生配信/Live Streaming】コロナと文学:世界の終末を描く小説とリアルをめぐって

Description
【生配信/Live Streaming】コロナと文学:世界の終末を描く小説とリアルをめぐって
[出演]上田岳弘(作家)、松丸淳生(週刊プレイボーイ編集長)、森健(ジャーナリスト)[演奏]笹久保伸(配信済み動画より)

新型コロナウイルスが世界で広まっている。日本は一息ついているものの、発覚から半年あまりの6月24日現在、世界の感染者数は923万人、死者数は47万人を超えた。これだけの感染拡大は小説など創作の話のようだが、現実だ。

だが、こうしたウイルス感染や終末世界をテーマにした小説作品はカミュの『ペスト』だけではない。カート・ヴォネガット『ガラパゴスの箱舟』、マイケル・クライトン『アンドロメダ生命体』、ケヴィン・ブロックマイヤー『終わりの街の終わり』、あるいは小松左京『復活の日』……などさまざま描かれてきたテーマだ。

一方、いま現実を見ると、マスクをつけ、ソーシャルディスタンスのような生活様式が日常に採り入れられるようになり、社会のあり方も変わりだしている。

まるでSFのような変化を前に、小説で描かれてきたことや2020年のいま起きている現実の彼我をどう考えるべきか。本トークイベントでは、「新超越派」とも称される作家の上田岳弘氏(芥川賞受賞)を招き、「週刊プレイボーイ」編集長松丸淳生氏、ジャーナリストの森健氏(大宅壮一ノンフィクション賞)が小説世界と現実世界を参照しながら、その意義を語る。

【TALK】

上田岳弘(作家)

松丸淳生(週刊プレイボーイ編集長)

森健(ジャーナリスト)

【演奏】

笹久保伸(6月7日収録・配信済み演奏。笹久保伸『パースペクティビスム』発売記念ライブ!より一曲特別再配信)

ーーーーーーーーーー
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#644754 2020-07-02 08:41:23
Jul 6 - Jul 13, 2020
[ Mon ] - [ Mon ]
8:00 PM - 11:55 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
投げ銭 ¥1,000

On sale until Jul 13, 2020, 11:55:00 PM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jul 12, 2020.

Organizer
代官山 晴れたら空に豆まいて
6,552 Followers