Event is FINISHED

【大阪府茨木市】市民会館跡地エリア整備プロジェクト オンラインシンポジウム

Description
大阪府茨木市
市民会館跡地エリアの未来を想像してみよう!

令和5年度の竣工をめざしている広場と新施設。このエリアは、みんなが考え、使い、つくりあげていく「育てる広場」がキーコンセプトです。一人ひとりの想いや活動が新しい跡地エリアを創造します。市民の皆さんと一緒に「みんなで育てる」新しい茨木市のシンボルづくりに向けて、市民会館跡地エリア整備の設計コンセプトを知り、そこから生まれる交流やにぎわいづくりについて一緒に考えてみませんか。
新型コロナウイルス感染症対策のため、本シンポジウムはYouTube をつかったオンライン配信となります。
イベント参加をお申し込みをいただいた方に、後日ライブ配信を視聴することができるURLをシンポジウム前日までにお送りします。
後日録画した映像も配信しますが、ぜひライブ配信でご覧ください!
※ライブ配信視聴の申し込みは2020年7月10日(金)まで  

【 登壇者 】


久 隆浩(近畿大学教授)
近畿大学総合社会学部教授、工学博士。研究分野は都市・まちづくり、環境デザイン、市民活動。茨木市の都市計画審議会会長、総合計画審議会会長のほか、当事業においては、検討委員会及び事業者選定委員会の委員長を歴任。


建山 和由(立命館大学教授)
立命館大学理工学部教授、工学博士。研究分野は「安全な社会基盤整備のための親環境型建設保全技術の開発」。茨木市の都市計画審議会会長を務めたほか、当事業においては、検討委員会及び事業者選定委員会の副委員長を歴任。


伊東 豊雄(伊東豊雄建築設計事務所)
1941 年生まれ。65 年東京大学工学部建築学科卒業。主な作品に、「せんだいメディアテーク」、「多摩美術大学図書館(八王子)」、「みんなの森 ぎふメディアコスモス」、「台中国家歌劇院」(台湾)など。


山崎 亮(studio-L)
1973 年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005 年にstudio-L を設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる


福岡 洋一(茨木市長)
1975年生まれ、茨木市出身。平成28年4月に茨木市長に就任し現在2期目。生まれ育った茨木市のさらなる発展のため、「安全・安心」「豊かさ・幸せ」を実感できる「次なる茨木」を目指し全力で取り組む。

※敬称略

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

シンポジウム プログラム

1 設計案の説明 (13:40頃から)
 伊東豊雄さんから設計のコンセプトなどを説明します。

2 トークセッション(14:20頃から)
セッション1
市民会館跡地エリア整備の設計コンセプトについて。広場と新施設をみんなが考え、使い、つくりあげていけるようにするために必要なことを建築的な視点から考えます。

セッション2
用事がなくてもちょっと行ってみたくなる、人々が集い、楽しく過ごせる空間を、市民のみなさんと一緒にどのようにつくっていったらよいのかを考えます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

主催 茨木市 
   竹中工務店・伊東豊雄建築設計事務所共同企業体

本事業の詳しい内容はこちらをご覧ください。
茨木市役所ホームぺージ 市民会館跡地活用推進課からの案内ページへ
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#643807 2020-07-01 14:30:05
Sun Jul 12, 2020
1:30 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
ライブ配信参加チケット FULL
Organizer
市民会館跡地エリア整備プロジェクト
370 Followers

[PR] Recommended information