Event is FINISHED

パークコンテンツ研究会2020年度 第2回ゲストウェビナー 「庭と公園のあいだ」

Description


パークコンテンツ研究会2020年度 第2回ゲストウェビナー
「庭と公園のあいだ」


近年、人口減少や行財政の逼迫から都市公園の公民連携やパークマネジメントに注目が集まっています。それにより都市公園法におけるPark-PFI(公募設置管理制度)などが制定され、民間事業者の都市公園への参入が増加し、公園で展開されるコンテンツも拡大しています。しかし新たな潮流のため、行政側、民間側ともに模索しながら実施している状況です。
本研究会は、パークマネジメントの視点から公園のコンテンツを考える研究会です。2019年度に引き続き、本年度もゲストレクチャーを開催致します。本年度はZOOMを使用し、オンラインでの「ゲストウェビナー」として行います。

公園と一口に言えども、その内実は大きくことなります。2020年度第2回では、コロナ禍において関心の高まっている近隣公園に着目します。講師としてお招きするのは石川初教授です。自宅周りの小さなセミパブリック空間の構築や近所の空き地をめぐる活動などの事例を通して、公園の意味や役割について、またコロナ禍が示唆する新しい公園の有様について議論します。

自由にチャットで質問・コメントいただき、ディスカッションを行います。ぜひご参加ください。

日時:2020年7月3日(金)16:00-18:00
会場:オンラインZOOM
講師:石川初 氏(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科/環境情報学部教授)
主催:パークコンテンツ研究会
参加費:無料
定員:100名程度
申込:peatixにて
タイムライン:
16:00-16:10 イントロ・趣旨説明
16:10-17:00 レクチャー「庭と公園のあいだ」
17:00-18:00 ディスカッション

プロフィール: 石川初 氏
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科/環境情報学部教授。博士(学術)。京都生まれ。東京農業大学造園学科卒業。鹿島建設勤務を経て2015年より現職。ランドスケープ・アーキテクチュアの研究・教育に携わっている。
「思考としてのランドスケープ 地上学への誘い」(2018年)にて日本造園学会賞著作部門受賞。

※本ウェビナーでは、動画や資料の撮影やSNSなどへの公開はお控えいただきますよう、お願いいたします。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#631965 2020-06-21 05:59:53
More updates

[PR] Recommended information