Event is FINISHED

第19回コンディショニング科学カンファレンス 第1部・第2部

Description

※今回第1部・第2部連動企画となります。

概要 ※2週に分けて開催
第1部 2020年8月1日(土) 18:00〜21:00
第2部 2020年8月8日(土) 18:00〜21:00

特別協賛 株式会社クレーマージャパン

参加料

第1部・第2部合計
RICS会員 無料
  →こちらのサイトからのお手続きは不要です。ご案内メールをご確認ください。
RICS非会員 3,000円
学生  1,000円 
※やむを得ず当日の配信に参加できなかった場合も、2日間分の動画配信をさせていただきます。RICS非会員の方はYouTubeの期間限定配信を予定、RICS会員は会員サイトにアーカイブを残す予定です。
※ぜひこの機会にRICSへの入会をご検討ください!詳細は下部へ。

趣旨
下肢筋力評価は、スポーツ選手の体力測定を始め、傷害後の機能回復の評価や健康づくりのための体力測定に至るまで、多くの場面で活用されている。本講習会では、下肢筋力評価法の開発にあたってのルーツと、各下肢筋力評価の取り組みを2週に渡って議論していく。

内容
第二部:【下肢の運動機能評価のとしての体重支持指数(WBI)と立ち上がりテスト活用事例】
18:00開始 21:00終了

講演① (30分)
「医療機関での運動指導への活用事例から」
演者:平野清孝氏(船橋整形外科クリニック)

講演② (30分)
「大学新入生メディカルチェック及び子どもの運動機能評価への活用事例から」
演者:山本利春氏(国際武道大学)

講演③ (30分)
「慶應義塾大学における傷害予防のための運動機能評価の取り組み」
演者:平田昴大氏(慶應義塾大学蹴球部)

協賛プレゼンテーション (5分)
総合ディスカッション (30分)

※詳細なタイムテーブルはお申し込み後ご連絡させていただきます。

※第1部はすでに終了いたしました。
第一部:【下肢の運動機能評価指標の開発経緯】
18:00開始 21:00終了

講演① (50分)
「下肢運動機能評価としての体重支持指数(W B I)の開発経緯」
演者:山本利春氏(国際武道大学)

講演② (50分)
「WBIを推定するための「立ち上がりテスト」の開発経緯」 
演者:村永信吾氏(亀田クリニックリハビリテーションセンター)

協賛プレゼンテーション (5分)
総合ディスカッション (30分)
※詳細なタイムテーブルはお申し込み後ご連絡させていただきます。



この度、本会はZoomウェビナーでの開催を予定しております。
参加にあたっては予めZoom(https://zoom.us/)での環境設定をお願いします。
開催1日前にご登録いただいたメールにセミナーURLをお送りいたします。

※※コンディショニング科学研究所(RICS)へのご入会について※※
7月27日(月)までにご入会いただいた方には、RICS会員として別途参加のご案内をさせていただきますので、このサイトからのお手続きは不要です。
入会はウェブから行えますが、会費納入の確認に1週間程度かかりますので、ご希望の方はお早めにお手続きください!
RICSでは「コンディショニング科学カンファレンス」「スポーツ救急サミット」などを開催しています。
会員の方はお得に参加できるプランをご用意しております!

入会申し込みはこちら→コンディショニング科学研究所入会案内HP

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#685308 2020-08-04 13:40:12
Aug 1 - Aug 8, 2020
[ Sat ] - [ Sat ]
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費(非会員) SOLD OUT ¥3,000
参加費(学生) SOLD OUT ¥1,000
Organizer
コンディショニング科学研究所
22 Followers

[PR] Recommended information