Event is FINISHED

第8回 利用時の品質普及委員会談話会~利用時の品質情報交換会~

Description
第7回に引き続き、HCD-Netビジネス事業支援部・利用時の品質普及委員(※)で利用時の品質に関するZOOMによるWeb談話会を開催します。
 この会は利用時の品質に関連した事例や知見などを共有する情報交換会です。
 学会発表や研究会での発表とは異なり、抄録やレジュメの提出は任意とし、発表形式、発表時間も自由なテーマを設定しています。
 参加者の皆さんと一緒にディスカッションする場も設け、忌憚のない意見交換をいたします。

 今回は3組の方に最近取り組まれたテーマに関して話題提供いただきます。
 また、今回は話題提供者とフリーディスカッションを行えるブレイクアウトルームも設けますので、是非、ふるってご参加ください。
 ※利用品質メトリクス委員会の枠組みを広げ利用時の品質全般の普及を目指し委員会名を改名しました。
  
■日時:
 7月8日(水)15:00~17:30(受付:14:45~)

■会場:Zoomミーティング
   参加者には後日URLをお知らせします。

■プログラム:
14:30~受付開始
15:00~はじめに
15:10~15:40:テーマ(1)
15:40~16:10:テーマ(2)
16:10~16:40:テーマ(3)
16:40~17:20:懇談タイム(講演者、聴衆者を3グループに分けてブレイクアウトルームにてフリーディスカッションまたは簡易ワークショップ)
17:20~終了挨拶
17:30~Zoomでの懇親会

発表者
(1)テーマ名:【ユーザインタフェースの一貫性評価手法~木を見て森を見る方法】
発表者:岡本 鉄兵氏
所属:株式会社リコー
概要:機能分類は、メニュー構成や操作方法の割当てなど、UI設計における重要な判断材料です。
しかしながら、機能の捉え方には個人差が存在するので、全体的な分類傾向を把握する必要があります。
そこで今回は、分類木の比較によって機能の分類傾向を定量的に評価する手法をご紹介します。

(2)テーマ名:【サービス改善のためのリモートユーザー調査の話】
発表者:野川 智史氏
所属:ヤフー株式会社
概要:昨今の情勢では、対面でのユーザー調査が難しい場合があります。
   今回はリモート調査の必要性や実践時における工夫点を、事例とともにご紹介します。


(3)テーマ名:【「人間中心設計専門家」と「ビジネスデザイナー」の二足のわらじ】
発表者:堀田 峰布子氏
所属:株式会社 電通
概要:様々なプロジェクトにおいて、「ビジネス」VS「HCD」というせめぎ合いがしばしば起こります。
「人間中心設計専門家」と「ビジネスデザイナー」の二足のわらじを履いている私が経験した「ビジネス」VS「HCD」の事例とその対応、そして、「ビジネス」+「HCD」へ進むために模索している取り組みについて

各テーマ30分程度で発表と質疑応答

■定員:50名 100名(先着順)
   定員を増員致しました。
■参加資格:原則申し込んだ本人がご参加ください。

■参加費:HCD-Net会員:0円 、学生会員:0円
  一般:0円

■懇親会:談話会終了後にZoomでの懇親会を行いますのでご都合のつく方はご予定ください。 

■対象者(該当するもの以外を削除。適宜追加。)
・HCD-Net会員全般

■対象コンピタンス(該当するもの以外を削除)
A8: 製品・システム・サービスの要求仕様作成能力
A9: デザイン仕様作成能力
A12: ユーザーによる評価実施能力
A13: 専門知識に基づく評価実施能力


■キャンセルについて
・キャンセル前提のお申込みはご遠慮願います。
・やむを得ずキャンセルが必要となった場合は、イベント開催日前日の7月1日(月)17:00までにお申し出があった場合はキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましてはお受け出来かねますので、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#640276 2020-06-29 02:29:00
More updates
Wed Jul 8, 2020
3:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
HCD-Net正会員 FULL
HCD-Net賛助会員 FULL
一般 FULL
Organizer
人間中心設計推進機構(HCD-Net)
2,385 Followers
Attendees
70