Event is FINISHED

【オンライン】T-KIDSアート探究:ピカソ編

Description
T-KIDSアート探究第3弾、今回はピカソ編!

・なんでピカソは変な絵を描くの?
・ピカソはなぜ生きてる間に有名/お金持ちになったの?
・ピカソは「ゲルニカ」で何を表現した?
・数万枚の絵を描いたピカソが目指した先は?

■アート探究とは?
こどもも大人も「予測できない未来」をこの先、生きる上で、アートの歴史から学び、アートの干渉をし、表現することは大きな力になります。

アートは「答えがない」ものであり、場合によっては「わけのわからないもの」です。
ただ、それに対して自分の感性で感じて、意見をもって、仮説を立てて、さらに知識などで補強して、表現するという点で、「未来」と「アート」はとても似ています。

このアートの教室では、未来を生き抜くための力としての、自分軸を磨き、人が常に共に生きてきた普遍的な「アート」について考え、知恵となればと思います!

■なんでこんな絵を描いたの?
この疑問を持つこと自体が、アート作品を見る上で重要だと感じています。

問題を「解決する」のはAIやロボットの得意分野ですが、
問題を「発見する」のは人間の感性が大事になります。

そういった「問題を見つける力」「疑問を感じる感性」「感じたことを伝える」「自分の意見を言う癖」などが、アート作品を見ることで育まれます。

■「自分の意見を持つ」が未来を生きる力を育む
コロナなど未来が見えない時代でも、自分の意見をもって前に進めることは生き抜く力となります。
この授業では、
一見わからない現代アートに「自分なりの意見を持つ」ことを学びます。

そのために、アートの歴史、自由な見方、なぜアートが今必要か?を探究し、「自らの意見を持つリーダー」とアートの関係性などを、オンライン美術鑑賞をしながら学びます。
また、アートとふれあうことで、問題を見つける力や感じたことを伝える感性を育みます。

■日本のアートマインドの現状
日本ではまだまだアートを見たり、アートについて考える習慣が、他先進国に比べて少ないと言われています。
だからこそ、アートを一緒に見て、歴史を学びながら、今のアートを知り、それを知ったうえで一緒に創ってみる(オンラインの場合は一部内容に変更あり)
そんな講座をご用意しました。

■どんな内容をするの?
T-KIDSシェアスクールのスクール長であり、自身でアート活動やアーティスト集団運営、アートイベント企画などを行うおだっちと一緒に

・アート作品を見て感じたことを伝えよう、考えよう
・アートとは何か?
・アートの歴史
・そもそもアートとは何か?

などについて考えながら学び、アートを見る目から、未来を生き抜く「自分軸」を育みます。

■授業詳細
対象年齢:年長~小学6年生、中学生~、大人、保護者様も参加可
持ち物:必須:ノート(または紙)と鉛筆
任意:クレヨンや色鉛筆など、普段使う/家にある画材
サイト:https://tkids.tsite.jp/classes/3628.html






































Sat Jun 27, 2020
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
オンライン
Tickets
参加券 SOLD OUT ¥3,300
Venue Address
大阪府大阪市北区鶴野町1-5 Japan
Organizer
T-KIDSシェアスクール 梅田 KANDAI Me RISE
137 Followers