Event is FINISHED

コロナ禍でソーシャルワーカーができることを考える vol7 -こども達を地域で抱きしめる社会をつくるソーシャルワーク実践@三重から-

Description
緊急事態宣言や学校休校、公共施設閉鎖など、
新型コロナウィルス感染防止対策は、わたしたちの生活環境に多大な影響を与えました。

6月に入り、県外移動の緩和、学校への登校再開、飲食店の再開など、社会経済活動の再開に向けたガイドラインや、「新しい日常」の定着を前提とした社会の構築に向けたロードマップがしかれるなどの動きがみられます。

一方、新型コロナウイルスの感染拡大抑止を目的とする非常事態宣言を受け、臨時休校となった学校に関連し学童保育や放課後デイサービスにおける対応の難しさが全国的に散見されました

第7回は、「こども達を地域で抱きしめる社会をつくるソーシャルワーク実践@三重」と題し、NPO法人いろ葉の齋藤さんをお招きし、児童発達支援や放課後デイサービスを中心に展開されている地域に根ざした実践、また、コロナ禍における実践課題や、課題へどのように対応されたのかなどについてお話いただきます。

ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。

______________________________
日時:2020年7月11日(土) 13:00-14:30
方法:ZOOM
主催:NPO法人 Social Change Agency
場所:ZOOM開催(URLは申込後、別途お送りします)
定員:100名
参加費:
参加チケット(早割):500円(7/4まで/20名限定)
参加チケット:1000円
オンラインプラットフォームβ版に参加登録されている方は無料/別途割引コードをお送りします
申込方法:「チケットを申し込む」からお手続き下さい。

個人情報の取り扱いについて:
本イベントを通じて取得した個人情報は厳重に取り扱います。
______________________________

話題提供者
齋藤眞寛 氏 (NPO法人いろ葉 代表・三重県社会福祉士会 理事 / 認定社会福祉士・特別支援教育士) 三重県出身。障害児入所施設、障害がある人の相談支援に従事する中で、児童期の支援の重要性と魅力に惹かれていく。 フィールドワークの中で出会った多職種の専門家たちと共に2017年に独立。 「こども達を地域で抱きしめる社会をつくる」ことを理念に掲げ、子どもへの直接的な発達支援だけでなく、家族支援や、自治体を巻き込んだ地域の子育て環境向上のための仕組みづくりにも取り組んでいる。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#634569 2020-06-23 09:28:19
Sat Jul 11, 2020
1:00 PM - 2:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
早割参加チケット(7/4まで/20名限定) SOLD OUT ¥500
参加チケット SOLD OUT ¥1,000
運営団体へのカンパ SOLD OUT ¥1,000
Organizer
Social Change Agency
671 Followers
Attendees
45