Event is FINISHED

日本労務学会関東部会モバイルメディアとテレワークの未来

Description
日本労務学会関東部会2020年度第1回研究会
【タイトルと趣旨】
「モバイルメディアとテレワークの未来」
 従来からモバイルメディアとテレワークは、私たちの働き方、生き方に浸透してきていました。今、その状況が新型コロナウイルスで一層加速しようとしております。そこで、モバイルメディアとテレワークに関する専門家にご発表いただき、また議論することで、今後の研究課題について、参加者の皆様と考えていきます。

【目的】
本イベントは、日本労務学会関東部会の2020年度第1回研究会です。会員の方はもとより、非会員の方も参加できます。
会員の方も、非会員の方も参加費無料です。

【内容】
企画意図挨拶(5分)
司会 石山恒貴(法政大学大学院政策創造研究科教授)

報告(各25分)合計75分
1.モバイルメディアの働き方の未来
松下慶太氏(関西大学社会学部教授)

2.コロナ渦におけるテレワークの効果
家田佳代子氏(総務省テレワークマネージャー)

3.フリーランスにおけるテレワークの課題
平田麻莉氏(一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会代表理事) 

(10分休憩)
登壇者全員による議論(60分)

【概要】
日 時:2020年7月12日(日)15時〜17時30分
(チケットの申し込み締め切りは、7月11日(土)15時です)

【オンラインへのアクセス方法】
当研究会はzoomによるオンラインで実施します。チケットを申し込まれた参加者には、7月11日(土)の15時以降に、オンラインにアクセスするzoomの情報をご連絡します。

【登壇者のプロフィール】

松下慶太
関西大学社会学部教授

1977年神戸市生まれ。博士(文学)。京都大学文学研究科、フィンランド・タンペレ大学ハイパーメディア研究所研究員、ベルリン工科大学訪問研究員、実践女子大学人間社会学部などを経て現職。2016年実践女子大学ベスト・ティーチング賞。
専門はメディア論、若者論、コミュニケーション・デザイン。研究テーマは、(1)コワーキング・スペースやテレワークなど働く場所・働き方、(2)ソーシャル・メディアを中心とした若者のメディア・コミュニケーション、(3)若者のキャリア・学習など。
近年は特にコワーキング・スペース、ワーケーションなどモバイルメディア・ソーシャルメディア時代におけるワークプレイス・ワークスタイル、をメディア論、都市論、コミュニケーション・デザインなどの視点から研究している。
主な著作として『モバイルメディア時代の働き方』(勁草書房、2019)、『キャリア形成支援の方法論と実践』(東北大学出版会、2017 共編著)、『ネット社会の諸相』(学文社、2015 飯田良明と共編著)、『キャリア教育論』(慶應義塾大学出版、2015 荒木淳子・伊達洋駆と共著)、『デジタル・ネイティブとソーシャルメディア』(教育評論社、2012)など

家田佳代子
総務省テレワークマネージャー/日本テレワーク学会会員

自身が介護のために退職した経験や、子どもを保育園に預けられなかった経験から発起し、自身が利用するために当時の会社でテレワークシステムを導入。テレワークを利用した経験、在宅勤務を余儀なくされた時に感じたこと全てを経て、立ち上げに至ったのが人材系SIerでのワークスタイル変革ソリューションです。より女性活躍推進に特化したコンサルを行うべく合同会社ジョインを設立。
現在、様々なセミナーや講演を開催。今後の育児・介護事情を分析し、今後のテレワーク導入の動きについて積極的に講演している。


平田麻莉
一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 代表理事

慶應義塾大学総合政策学部在学中の2004年にPR会社ビルコムの創業期に参画。Fortune 500企業からベンチャーまで、国内外50社以上において広報の戦略・企画・実働を担い、戦略的PR手法の体系化に尽力。リンクアンドモチベーション、リクルートスタッフィング、インテリジェンス(現パーソル)等の広報経験を通じて企業と個人の関係性に対する関心を深める。
ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院への交換留学を経て、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。同大学ビジネス・スクール委員長室で広報・国際連携を担いつつ、同大学大学院政策・メディア研究科博士課程で学生と職員の二足の草鞋を履く。出産を機に退学、専業主婦を体験。
現在はフリーランスでPRプランニングや出版プロデュースを行う。2017年1月にプロボノの社会活動としてプロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会設立。 政府検討会の委員・有識者経験多数。
日本ビジネススクール・ケース・コンペティション(JBCC)発起人、初代実行委員長。パワーママプロジェクト「ワーママ・オブ・ザ・イヤー2015」、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2020」受賞。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#601159 2020-05-28 04:22:28
Sun Jul 12, 2020
3:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
受講票 FULL
Organizer
2020年度日本労務学会関東部会
152 Followers

[PR] Recommended information