Event is FINISHED

【5/23追加募集+書籍販売】これからの住民主体って何だろう? ~ 書籍「専門家主導から住民主体へ」出版記念ワークショップ

Description

5/23ワークショップ追加募集、書籍の特別価格販売(5/23 14時まで)の受付もこちらで行っています。
 
専門家の指示・危機感だけでは、住民は動いてくれない

住民の主体的活動に必要なプロセスと場とは何か、私たちの地域づくりの実践経験からの提案をまとめた書籍を記念し、「これからの住民主体とは? 」を考えるワークショップを開催します。

地域づくり、まちづくりで、「住民主体」という言葉がよく使われています。
ただ、住民主体の大切さはわかっても、実行には大きな壁があります。行政が指示を出したり、危機感をあおろうとしてもうまくいかない。一方で、住民に丸投げしても良い行動は広がらない。行政主導でも、住民任せでも難しいのが「住民主体」です。

地域に暮らす住民や当事者が“主体的に”問題解決に取り組むとは、どのようなことを指すのでしょうか?
また、専門職が、住民主体の活動を促すには、どうしたらよいのでしょうか?

東京都下の地域包括ケアシステムの地域づくりなど地域活動を多数支援してきた経験を基に、住民と専門職の協働による住民主体の進め方を実践的に解説した書籍「専門家主導から住民主体へ」を、20年5月20日に発刊します。

それを記念し、書籍の紹介をすると共に、これからの参画型の地域づくり、住民と専門職のパートナーシップについて考えるワークショップを開催します。

【日時】5月23日(土)14:00~15:45 (同じ内容です)
【開催方法】 オンライン(zoomを予定。参加申し込みの方にご連絡します)
【プログラム】
  ・【解説】書籍「専門家主導から住民主体へ」のポイント
  ・【対話】住民主体って何だろう?
【対象】
 ・地域包括ケアシステムの総合事業、協議体運営、住民主体活動の支援に取り組んでいる方
 ・健康づくり・予防活動、防災、地域づくりなどで「住民主体」に向き合っている方
 ・専門職と市民のパートナーシップに関心ある方
【参加費】 3000円(税込:ワークショップ参加費+書籍費用) 書籍は受付後順次お送りしています。
*参加費のみ 1,350円(既に書籍を持っている方、後日Kindleで購入予定の方(本費用にKindle書籍代は含まれません))
      * 書籍のみ 1,650円
 *参加希望の方は23日12時までにお申し込みください。
 *zoomのブレイクアウトルームを使った、参加者同士で話し合う時間があります。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#591127 2020-05-20 16:01:02
More updates
Sat May 23, 2020
2:00 PM - 3:45 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
5/23 ワークショップ参加費+書籍 SOLD OUT ¥3,000
書籍購入のみ(予約販売特別価格) SOLD OUT ¥1,650
5/23 参加費(既に所有、後日Kindle購入予定) SOLD OUT ¥1,350
Organizer
エンパブリック
1,251 Followers
Attendees
41