Event is FINISHED

「フィンランドの教育専門家と対話しながら休校後の日本の教育を考える」

Description

<<対話のカタチをしたオンラインイベント第2弾!!>>

第1弾の対話のカタチをしたイベントでは、定員30名に対して27名の方に参加して頂きました。有り難うございました。
前回のテーマは、明日から実践できる休校中におけるフィンランドでの遠隔授業の在り方について、
幼稚園から高等学校まで実際にどのようなオンラインでの学びをしているのかをフィンランドの留学生をゲストに招いて行いました!

また、改めて私がこの対話のカタチをしたイベントを、「コミュニティー作り」に繋げていきたい想いについて伝えたいと思います。
今、私はフィンランド教育を通じて、日本中の多くの仲間と繋がることができています。フィンランドは教育先進国として世界中で
話題になっていますが、その鍵は、国全体に広がっている「共創」「協同」の感覚だと現地で教員として勤める中で日々感じていました。
日本では、「共創」よりも「競争」原理で教育が作られている感覚があります。私は、このイベントを通じたコミュニティー作りを継続的に行って行く中で、最終的には地域単位で立場や年齢を超えて「共創」が生まれるコミュニティーが日本全国で広がっていくといいなと思っています。

第2弾のイベントテーマは、第1弾のイベント「休校中の学び」から引き継いで、「休校後の学び」をテーマにシフトして、実際にフィンランド人の教育専門家をゲストに招いてお話しする機会を作りたいと思っています。コロナの影響で、世界中の学校が休校になっている中で、フィンランドでは学校再開の動きになっています。コロナが完全に収束しない中で、学校再開を決断したフィンランド。今こそ、教育先進国と呼ばれるフィンランドが、どのようにしてコロナと向き合いながら今後教育活動を展開していくのか、実際にフィンランドの教育の専門家と「対話」を通して深めていく時間を作っていきたいと思います。

本日のイベントでは、特別ゲストとしてフィンランドの教育専門家であるNiiloさんをお招きして、実際にフィンランドの学校現場で起きていることを、フィンランド人の目線で、フィンランドが今後コロナとどう向き合いながら教育活動を再開するのかについて皆さんと対話を通して学びを深めていく時間を作れたらと思っています。現在、Niiloさんはフィンランドの大学院で心理学を専攻しながら、最新のフィンランド教育について学びを深めており、「日本との架け橋(アンバサダー)」活動としても、日本の学校現場を視察する等、日本の教育関係者と共に学びを深めてきました。更に、日本語が堪能で、フィンランド教育を通して日本の教育を本気でよりよくしたいと考えているNiiloさんのVisionを聞いてみませんか。

<今回のオンラインイベントのコンテンツ>


・休校中の一人一人の学習を保証するためにヘルシンキが行なった施策
・ヘルシンキが行なった施策に対して生まれたポジティブな結果
・緊急事態でも対応できるフィンランドの先生から学ぶビジネスマインド
・なぜ、フィンランドは学校を再開するのか?
・今後フィンランドはコロナとどう向き合いながら学校を再開させていくのか?
・質疑応答等

<参加費>

1000円(年間オンラインイベントパスポート)
500円(当日券)
無料(高校生以下/ゲスト特別招待券)

*皆さんから頂いた大切な参加費は、みんなが学びやすい環境を整えるために、オンラインでの使用するアプリの費用に
使わせて頂きます。この世界情勢の中でも学びやすい環境を皆さんと一緒に作っていけることを楽しみにしております。

* 全てのチケットにLINEのオープンチャット機能を使っての情報交換を行うグループ招待致します!(希望者)
このオープンチャットでは、ここに集まった人のアクションをカタチにする時間を作れたらと思っています!

<イベント日時>

5月16日21時〜22時半

<開催地>
オンラインzoom

<定員>
約30名

<締め切り>
2020年5月16日(月)18時まで

<ゲスト>
フィンランドと日本の教育の架け橋
Niilo Kervinen(ニーロ・ケルビネン)さん


〜プロフィール〜
1989年フィンランド ロヴァニエミ生まれ。ヘルシンキ在住。教育学や社会学を中心に学び、現在は大学院にて社会心理学を研究中。メンターや家族友人など、他者の支え(Social support)を通して、いかに人生が豊かで幸せなものとなるかを研究テーマに掲げる。
2010年から約2年間日本に居住。日本語や日本の文化の奥深さに惹かれ、現在はツアーガイドとして日芬双方で活動。起業家でもあり、フィンランド教育をベースに社会的な問題解決の糸口を探るワークショップや人生設計の立案支援、コンサルティングなどを2019年より日本にて展開予定。プライベートでは4歳と2歳の二児の父。

<主催>
地下智隆(ちかちゃん)

現職:沖永良部地域おこし協力隊@教育コーディネーター
   学校教育課/小学校勤務/島留学制度設計
   フィンランド海外教育実習プログラム(GTP)運営
前職:フィンランド教員/インターン
   英会話講師/塾講師/フリースクール立ち上げ/放課後等デイサービス学習指導員

〜プロフィール〜
2020年4月より地域おこし協力隊としてフィンランドから知名町に移住。沖永良部島とのご縁は大学2年次に学習塾のボランティアをきっかけに毎年沖永良部島を訪れるようになりました。沖永良部島では、発達障がいや不登校の子どもたちとの支援に携わってきました。フィンランドでは、高等学校で日本語教員として勤めながら「地域の中で、子に合わせた教育を創る仕組みづくり」を学校現場で勤めながら研究してきました。また、2018年より、教育に関心のある若者をフィンランドの学校現場に派遣する海外教育実習プログラムの企画・運営に携わってきました。沖永良部島では、これまでの経験と人脈を活用して、魅力ある地域教育コミュニティーづくりを多くの方を繋いで行っていきたいと思っています。

<キャンセルについて>
一度申し込んでいただいたチケットの変更・払い戻しはできませんので、ご了承ください。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#584634 2020-05-16 01:48:01
Sat May 16, 2020
9:00 PM - 10:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
年間オンラインイベント参加券(新規) SOLD OUT ¥1,000
オンラインイベント参加券(本日限り) SOLD OUT ¥500
年間オンラインイベント参加券(高校生以下) FULL
年間オンラインイベント参加券(購入済み) FULL
ゲストチケット FULL
Organizer
対話のカタチをしたイベント@フィンランド教育
315 Followers

[PR] Recommended information