Event is FINISHED

おうちで映画を観にいこう #3 『サーミの血』

Description

映画好きの皆さんへ。

感染症の流行に伴い、映画館に行けない・行きづらい今日この頃。辛いですよね!
映画をとりまく文化や芸術が危機に陥っているのも、辛いですよね!

やっぱりわたしたち、映画が観たいよ!
映画文化の灯は消せないよ!

そこで、「いっしょに映画を観にきませんか?」という企画です。

♩上映開始時間を決めて
♩オンライン会議システムZOOMで待ち合わせして
♩「じゃあ見おわったら出口で待ってるね」って別れて
♩自分の席(モニター)で映画を見て
♩上映が終わったらまたZOOMに集まって
♩おうちカフェしながら感想を話す

楽しそうでしょう?

UPLINKのオンデマンド配信システムから作品をピックアップすることで、UPLINKも応援します!
アップリンク作品 60本見放題 https://vimeo.com/ondemand/uplink60/



第3回は『サーミの血』
https://www.uplink.co.jp/sami/ 
 
家族、故郷を捨ててでも少女が願ったのは、自由に生きること。
1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。

そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。(公式サイトより)

「“血”という言葉を入れたのは、少女の可愛らしさより、思春期の少女が持つ暴力性と過酷な人生の側面を伝えたかったから」(監督インタビューより)



どこの地で生まれたか、どんな民族に生まれたか、どんな両親から生まれたか。
文化、風習、言語。
誰しもその人固有のルーツと血を持っています。
観る人の中には、自分のルーツを思い起こすかもしれません。

あるいは、サーミに人類学的な興味関心を寄せる気持ちをもって、観続けるかもしれません。
そのコミュニティから引き千切れるように脱出し、自立していく一人の少女の成長を見守る気持ちとのあいだで、葛藤するかもしれません。
観終わったときに残る風景、感情はどのようなものでしょうか。

映画『アナと雪の女王2』に登場するクリストフや、架空の⺠族「ノーサルドラ」のモデルになったと言われるのが、サーミ。
大きな映画『アナ雪2』と小さな映画『サーミの血』の行き来もまた、おもしろいトピックでしょう。

皆さんで映画を語る喜びを分かち合いましょう!
お申し込み、お問い合わせ、お待ちしております!!


----イベント詳細----

▼日 時:
2020年5月22日(金)19:50〜22:45
 ゆるっと開場:19:30
 待ち合わせ:19:50
 上映開始:20:00

▼参加費:
¥2,000

▼定 員:
8名(最少催行人数:5月20日23:59の時点で2名以上)


▼スケジュール: 
19:30 開場
19:50 集合、連絡
20:00 上映開始(いっせーのーで、で再生ボタンを押します。上映中はZOOMでの会話なし)
21:47 上映終了、休憩
21:55 感想トーク
22:45 散会


▼参加条件: 
・ZOOMが利用可能な方。
 https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
 当日のお部屋IDはお申し込みの方にご連絡します。
・UPLINK作品 60本見放題を購入した方(UPLINK応援企画でもあるという趣旨のため)
 https://vimeo.com/ondemand/uplink60/
・できれば「一緒に映画を観にいく(同じ時刻に鑑賞体験をする)」ということをやってみたいのですが、予定が合わない方は、別日で観て、感想だけしゃべりに来るのも歓迎です。申し込み時にお知らせください。


▼キャンセルポリシー:
5/19まで:0%

(返金いたします。ただしコンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合は、Peatixによる一律500円の手数料がかかります)
5/20〜当日:参加費の100%がかかります

(返金いたしません)


---問い合わせ---

コメント欄 または office★seikofunanokawa.com (★→@)へお気軽にどうぞ。


舟之川聖子(鑑賞対話ファシリテーター、場づくりコンサルタント)
芸術・文化、表現作品を通じた鑑賞対話の場を企画・進行するお仕事。
協働と変容、交流とつながり、エンパワメント、 鑑賞者自身の表現と学びを得意とする。
500回近くの豊富な実践経験から、 場づくりゼミや個人セッションなどのアドバイザリーにも力を入れ る。
田端の映画館シネマ・チュプキ・タバタにて、月に一度『ゆるっと話そう』を開催中。


twitter: https://twitter.com/seikofunanok
facebook: https://www.facebook.com/funanokawaseiko/
blog: http://hitotobi.hatenadiary.jp
note: https://note.com/hitotobi
hp: https://seikofunanokawa.com/

*このイベントはUPLINKの公認イベントではありません。

Fri May 22, 2020
7:50 PM - 10:45 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥2,000
Organizer
ひととび〜人と美の表現活動研究室
119 Followers
Attendees
3