Event is FINISHED

〔01Night〕POST COVID-19のための事業創造のアンラーニング思考 Day2

Description

【イベントテーマ】
・大企業の新規事業開発において障害となりがちな点と解決方法
・POST COVID-19新規事業開発において重要なアンラーニング思考とは?
・発想が生まれるメカニズムとアンラーニング思考について
・アンラーニング思考のプロセスと実践に向けたヒント
・価値観、行動規範、勝ちパターンを相対化するアプローチ   など

【お勧めの参加者】
・起業家および社内起業家(予定の方も含む)
・起業支援者、社内新規事業開発担当者、社内起業家プログラムの運営者
・起業チーム、社内起業チームに参加したい方
・その他イノベーション活動に参加されたい方

【イベントのスケジュール】
第1部 登壇者によるパネルディスカッション(50分程度)
 パネルディスカッションを参加者の方からSlidoにて質問を受付ながら進行します。
 ツールはYouTubeもしくはzoomを想定しております。

第2部 参加者同士の対話(15分程度)
 パネルディスカッションを聞いて、感想や課題感などを第1部を視聴されていた参加者同士で対話を行います。
 参加者を少人数グループに分け、組合せを入れ替えながら5分程度対話を複数回行います。
 ツールはzoomを想定しております。
 ※マイクとカメラをONにして参加をお願い致します。


【登壇者:スピーカー】
●畠山 和也 株式会社ビットキー エヴァンジェリスト/経営情報イノベーション専門職大学 客員教授
ソフトバンク・リクルート・ラクスル等で新規事業開発に従事。2014年に独立後はソフトバンク、博報堂、三井不動産など大企業の新規事業開発を支援する傍ら、複数のスタートアップの創業に携わる。キーテクノロジースタートアップのビットキーでは創業時から立ち上げに参画しており、大企業やスタートアップとの連携を推進している。著書「17スタートアップ」(早稲田大学出版部)


【登壇者:スピーカー】
●星出 祐輔 株式会社博報堂 ディレクター/ 慶應義塾大学SFC非常勤講師
企業のマーケティング、メディア戦略構築、ブランド戦略構築、新商品開発、新規事業開発支援に従事後、博報堂生活総合研究所で生活者研究を行なう。現在は全国各地をフィールドに「創造性を引き出す」発想教育プログラムを開発実践中。未来構造発見プロジェクトメンバー。



【モデレーター】
●鈴木 規文 株式会社ゼロワンブースター 代表取締役
カルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱に入社し、コーポレート管理室長を経て、2006年アフタースクール事業「キッズベースキャンプ」を創業、取締役に就任するとともに、兼務にて㈱エムアウト新規事業開発シニアディレクター。2008年同事業を東京急行電鉄㈱に売却し、その後3年間における東京急行電鉄㈱子会社でPMI業務に従事。2012年3月㈱ゼロワンブースター創業し、起業家支援、企業向け新規事業開発支援事業、投資事業を行っている。



【参加方法】
エントリー頂きましたら、オンライン配信URL(zoom)をお伝え致します。場合によってYoutubeで配信します。
開始時間になりましたら、ご参加下さい。
質問はSlidoを使ってお受けします。当日のオンライン配信のときにSlidoのコードをお伝えします。

https://www.sli.do/

【配信場所】フルリモートオンライン(登壇者も含む)にて参加となります。

【主催・共催】
未来構造発見プロジェクト、株式会社ビットキー、株式会社地理人研究所、株式会社ゼロワンブースター

Fri May 15, 2020
7:00 PM - 8:10 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン参加(無料) FULL
Organizer
スタートアップのためのイベント情報(01Booster)
3,395 Followers