Event is FINISHED

次代の農と食を語る会 vol.19 リレーインタビュー 農と食のキーパーソンに聞く、最前線でいま起きていること

Description
「次代の農と食」を語り合うトークセッション。生産、流通、小売、IT、デザイン、料理人といった垣根をこえてつながり合い、深め合い、出会いと交流が生まれるサロンを目指して毎月開催しています。

<オンライン限定での開催になります。参加方法は下記の【イベント概要】をご覧ください。※Peatix上でのチケット購入手続きは必要ありません>
 

【今回のテーマ】

 
新型コロナウイルスの感染拡大による様々な社会変化を受けて、農業や食の世界にも多くの深刻な影響が出ています。
  
今月は、これまでトークライブに出演いただいた様々な分野のゲスト陣にあらためてオンラインインタビューをおこない、生産、流通、小売、飲食といった各現場にどのような影響が出ているのか、そしてどんな展望を描いているのか、それぞれのコロナの乗り越え方を伺っていきます。
 

【イベント概要】

  

第三回:カフェスロー 地域コミュニティとともに。コロナ時代の新しいスタイルを模索する、老舗オーガニックカフェの今


◆ 日時:2020年5月30日(土)20:00-20:30頃 参加無料

  
最終回となる第三回は、東京都国分寺市より「カフェスロー」マネージャーの山本勇樹さんをお招きします。創業19年を迎えた老舗オーガニックカフェレストラン。カフェ営業に加えて広い店内を生かした100名規模のライブイベントやパーティーの開催、また敷地内にはギャラリー・パン屋・雑貨店を併設するなど、多目的スペースとしての性質も併せ持ちます。
 
しかしそれ故に、コロナ禍の影響も単に飲食店の枠をこえ複合的な形で及んでいます。「人の集う場」というかつてのアイデンティティーを奪われたカフェスローは今、地域の仲間たちと共に様々な新しい試みをスタート。この危機をどのように乗り越えようとしているのでしょうか。飲食関係者はもちろん、コロナ時代の地域コミュニティのあり方を考えている方にも、ぜひ聞いて頂きたいお話です。お楽しみに!
 
◆ 参加方法:zoomを使用してライブ配信をおこないます。
 ミーティングID: 856 5404 2411
 パスワード: 293365
 
※視聴にあたり事前登録手続きは必要ありません。直接ミーティングルームにお入りください。
 
※ゲストへの質問は、DMMオンラインサロン「次代の農と食を語る会」会員のみ受け付けます。入会希望は下記より。
https://lounge.dmm.com/detail/2461/


【終了】第一回:吉岡 隆幸 飲食店への流通と、豊洲青果市場のいま、そしてコロナを乗り越える新たなチャレンジ

 

◆ 日時:2020年5月17日(日)20:00-20:30頃

第一回は、生産者/生産地と、飲食店/料理人をつなぎ続けて数々のイベントを手がけてきた吉岡隆幸さん。豊洲市場の仲卸業出身の栗山功さんと二人で、有機野菜をレストランに卸す新事業「株式会社eff」を立ち上げたばかりです。
 
いま吉岡さんは取引先の生産者さんらと打ち合わせを続け、withコロナを乗り越え新しい価値を創造する取り組みをどんどん準備しています!とのこと。元気の出るお話が聞けそうです!


【終了】第二回:萩原 紀行 有機農業生産の現場から、今だから有機農家にできること、乱世に立ち向かうチーム&コミュニティ


◆ 日時:2020年5月23日(土)20:00-20:30頃

第二回は、長野県南佐久郡より「のらくら農場」代表の萩原紀行さん。1998年に就農、現在は約7haで約60品目の作物を有機栽培されています。
 
コロナの影響は様々な形でのらくら農場とその周辺にも及んでいます。そんななか、萩原さんが全16名のスタッフ内で話し合い「これだけは守ろう」と決めた方針とは? また萩原さんらが築いてきた地域の農家コミュニティはこの危機にどんな役割を果たしているのか? お電話で少し伺っただけでも、ワクワクするようなお話がどんどん飛び出してきました。元気出ます。ぜひどうぞお楽しみに!
 
  

【ゲストプロフィール】

  
◆ 吉岡 隆幸(よしおかたかゆき)
 
26歳で大手旅行会社を脱サラし、居住地の埼玉から千葉県九十九里エリアに移住し、大学時代に埼玉で取り組んでいた農薬や化学肥料を一切使わない農業を実践しながら、農業体験や農業研修ツアーを受け入れるNPO法人にて地域活性化事業に尽力。2012年にそのNPO法人からスピンオフし、合同会社SOZOを設立。第一次産業や地域の活性化に関する支援事業や、全国各地の地域食材を首都圏のレストランに販売する事業に取り組む。
  
◆ 萩原紀行(のらくら農場/長野県佐久穂町)
 
千葉県松戸市出身 1971年生まれ。大東文化大学経済学部出身。大学卒業後、3年間、住宅建材メーカー(現LIXIL)に営業職として勤務。退社後、埼玉県小川町の金子美登氏に師事。26歳のときに長野県八千穂村(現佐久穂町)に就農。妻と7反ほどから小さく始めて、現在6haで約50品目を栽培。10人~15人で運営している。お勧めマンガは「アオアシ」「セトウツミ」「重版出来」
http://www.norakuranoujyou.com/
参考映像:TEDxSAKU「集合知の農業へ」
https://www.youtube.com/watch?v=b12CCnWzZbg

◆ カフェスロー(山本勇樹 カフェマネージャー)
 
1981年生。NPO/NGO等の活動を経て、2009年から青森で7年間、地域の仲間と共に小さな農林業を中心に幅広く環境・社会課題に取り組む。2016年よりカフェスローへ。カフェという場を通して、「暮らし」「地域」「人」をテーマに国分寺の地域通貨「ぶんじ」やカフェのオフグリッド化などのプロジェクトにも精力的に取り組む。
https://cafeslow.com/story/recruit/676/
 
 
◆ 主催・問合せ:一般社団法人 次代の農と食をつくる会 
〒107-0052 東京都港区赤坂3-19-1 東京農村4F 担当:間宮(事務局)
info@jidainokai.com / http://jidainokai.com
 
 
◆ 次代の農と食をつくる会について
多様なジャンルの「次代の農と食をつくる」意欲あふれる人たちが連携し、農業生産、食品流通、消費に関わる新たなかたちを創造し、分かち合い、世に提示し、実現することを目的とした団体です。生産、流通、販売、教育、メディア、イベント企画など、農と食にまつわるさまざまな分野の若手メンバーが全国から集い、結成されました。
http://jidainokai.com/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#598287 2020-05-26 07:47:13
More updates
May 17 - May 31, 2020
[ Sun ] - [ Sun ]
8:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加方法はイベント概要「参加方法」の欄をご覧ください。 FULL
Organizer
次代の農と食をつくる会
302 Followers

[PR] Recommended information