Event is FINISHED

久習會(きゅうしゅうかい)能楽公演 第1日目

Description
本公演は、世情を鑑み来年7月に延期となりました。
直近の公演は、本年12月になります。
https://www.shuuseikai.jp/舞台公演予定/

本件につきましてご質問などがおありでしたら、以下までいつでもご連絡くださいませ。

宮内美樹
tel 090-5580-6864
mail inumarunekomaru200303@docomo.ne.jp
URL https://www.shuuseikai.jp/

★久習會(きゅうしゅうかい)能楽公演 《第1日目》★

日時:2020年6月27日(土)14時開演 17時20分終演予定
場所:千駄ヶ谷・国立能楽堂(https://www.ntj.jac.go.jp/nou/access/)
演目:

能「邯鄲(かんたん)」シテ=荒木 亮 子方=根岸しんら ワキ=福王和幸 
笛=藤田次郎 小鼓=幸清次郎 大鼓=大倉正之助 太鼓=井上敬介 
後見=梅若修一 地頭=山中迓晶 

狂言「呂蓮(ろれん)」三宅右近

能「巴(ともえ)」(16時15分頃)
シテ=宮内美樹 ワキ=福王和幸 
笛=栗林祐輔 小鼓=飯田清一 大鼓=大倉栄太郎 
後見=岡田晃一 地頭=馬野正基

料金(全席指定):
  A席(正面) : 8,000円(演者を正面から見ます)
  B席(脇正面): 6,000円(演者を横から見ます)
  C席(中正面): 4,000円(演者を斜めから見ます)
  D席(学生・外国人(脇正面)): 2,000円

演目あらすじ
能「邯鄲(かんたん)」
舞台は中国。邯鄲の里を訪れた悩める青年は、宿屋の女主人から不思議な枕を借りる。それは、「わが身の進むべき道を悟ることが出来る」という枕。青年は早速これを使って昼寝をする。しばらくして帝の使いと名乗る男に起こされた青年は、帝位を譲ると告げられ、そのまま大臣たちの居並ぶ王宮へと連れて行かれる。皇帝として栄華の日々を過ごし、不老長寿の酒で大宴会を開いて歓楽の限りを尽くした青年であったが、そうする内に人々の姿は消えてしまい、青年は再び眠りに落ちてゆく。
青年が目を覚ますと、そこはもとの宿屋。今までの出来事が全て夢だと悟った青年は、この世の真理を知って満足するのであった。

能「巴(ともえ)」
木曽出身の僧が琵琶湖のほとりを訪れると、松蔭に祀られた神の前で涙を流す、一人の女がいた。僧が声をかけると、女は、ここに祀られているのは木曽義仲であると教え、自分は亡霊だと明かして消え失せる。
僧が弔っていると、先刻の女が武装した姿で現れた。女は、義仲に仕えた女武者・巴御前の亡霊。巴は、運尽きた義仲が自害するに至った経緯を語り、義仲に最期の供を許されなかった自らの無念を述べ、義仲への最後の奉公として戦った合戦の様子を再現して見せるのだった。

狂言「呂蓮(ろれん)」
都見物に来た僧が、宿主が出家したいというので髪を剃り呂蓮という僧名をつけてやるが、宿主の妻は夫が勝手に出家したことを怒る。主人は「僧が勝手に剃った」と言い逃げてしまい、僧は妻に追われるはめになる。

詳細:脩瀞会ホームページ
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#593774 2020-05-22 12:12:49
Sat Jun 27, 2020
2:00 PM - 5:20 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
当日払い FULL
Venue Address
渋谷区渋谷区千駄ケ谷4−18−1 Japan
Organizer
能楽・宮内脩瀞(しゅうせい)会
5 Followers
Attendees
3

[PR] Recommended information