Event is FINISHED

湯沢暮らし勉強会(2)新幹線通勤のすゝめ

Description
都市圏の非常事態宣言発令において、ご自宅での勤務をされている方や、出勤ができずにご自宅待機となってしまった方、様々な状況におかれ、これから「どこで」「誰と」「どうやって生きる」などの生活を見直すきっかけができたのではないでしょうか。

私たち、新潟県湯沢町で暮らす移住女子2名は、考えました。
今こそ地方でのワークスタイルを知って検討してもらいたい。

#湯沢暮らし 勉強会の第二弾!は、
「新幹線通勤」の実践者をお招きしてリアルを語ってもらいます。
(他シリーズに参加していなくても単発でのご参加が可能です)

上越新幹線で東京まで約70分の湯沢町では
・都市への新幹線通勤
が可能です。
通勤時間を片道90分とすると、その時間は【年間約735時間】!!!
この時間をどう使うのかでライフスタイルは大きく変わります。

新幹線通勤のメリット
・ONとOFFを切り替えたい
・仕事と暮らしのバランスを取りたい
・メリハリのある生活を送りたい
・都会と田舎の両方を楽しみたい

新幹線通勤のデメリット
・夜中まで飲み歩きたい
・ぎりぎりまで寝ていたい
・仕事だけに全力で取り組みたい
・・・と思われがちですが、本当にそうなのか?!
実践者にその実態を聞いてみましょう!

湯沢暮らしの勉強会・第2回目のテーマとして「新幹線通勤」を軸に、今まで移住(Uターン、Iターン)を考えたことがなかった方に向けて、事例や実例を交えてお話をさせていただきます。

*こんな方にオススメ
・都会の通勤電車を出来るだけ避けたい方
・通勤時間を有効活用したいと考えている方
・ライフスタイルを見直したいと考えている方

<当日のプログラム>
19:30-19:50(1)登壇者の自己紹介
19:50-20:10(2)湯沢からの新幹線通勤の紹介
20:10-20:40(3)新幹線通勤実践者のホンネトーク
20:40-21:00(4)全体Q&A ※質問は随時受付します

<イベントについて>
・日時:4月17日(金) 19:30~21:00
・開催方法:オンライン
・定員:20名
・申込締切:4月16日(木) 18:00まで(先着順)
・注意事項
服装の指定は特にありません。気軽にご参加ください。
当日の様子を撮影し、弊社のWebサイト・広報物等で使用させていただく可能性がありますので、予めご了承ください。
*オンライン参加・・・「Zoom」というアプリのダウンロードが必要です。PCまたはスマートフォンよりダウンロードをした上でご参加ください。ご自宅以外の場所でも参加いただけますが、双方向にお話いただける時間もありますので、ビデオ・マイクが使える場所での参加をお勧めいたします。
<ダウンロード>
お申込者へ前日までにイベントの案内メールやZoomリンクをメールいたしますので必ずPeatixご登録のメールをご確認ください。


===◆登壇者◆===
きら星株式会社 代表取締役
伊藤 綾
1985年生まれ。新潟県出身。大学時代にフジロックフェスティバルに参加したことをきっかけに、バブル期に盛り上がり、その後変貌した湯沢町のまちづくりに興味を持つ。イオンモール(株)にて商業施設の開発やリニューアルに携わるが、第二子の妊娠を機に起業を志す。2019年2月、きら星株式会社を湯沢町に設立し、開業初年度から年間15名の移住をサポートする仕掛人。

きら星株式会社 移住パートナー
草間 沙織

===◆きら星(株)とは◆===
誰もが自分の住みたいまちで暮らせる社会を実現する、地方創生請負人。ミッションは「地方で暮らす人を増やし、消滅可能性都市をなくす」。進学や就職をきっかけに人口流出が止まらない地方の課題を、テレワークの推進や、地方における面白い仕事の掘り起こしを通じて解決に取り組んでいる。2020年度、湯沢町より「ワンストップ移住定住業務委託」を受託し、官民連携で湯沢町への移住促進に奮闘中。

本イベントに関するお問い合わせはこちら
info@kirahoshi.com
伊藤宛
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#547186 2020-04-13 02:53:52

[PR] Recommended information