Event is FINISHED

めんどくさいを愛せるか?関係性の時代の3密論 ー シェアビレッジを作りながら考えた、これからの時代のコミュニティについて ー

Description
《このシリーズの趣旨》
2015年5月、シェアビレッジプロジェクトは秋田県五城目町にある解体寸前だった茅葺き古民家から生まれました。
シェアビレッジは、田舎を楽しく面白がる「村民」たちを全国から募り、物理的な距離を超えて、みんなでシェアするというちょっと変わった考え方の「村」です。
▼シェアビレッジについて▼
https://sharevillage.jp/

私はシェアビレッジの家守(やもり)として町に暮らしながら仕事しています。
都会から田舎を楽しみにやってくる村民たちと地域の人々をつなぎ、バーチャルとリアルを行き来しコミュニケーションを取りながら、新しいコミュニティの在り方を探究してきました。



新型コロナウイルスが猛威を振るい、人々の物理的な距離感が増している昨今。
外出したり、ひとところに集ったりが難しい状況の中で、zoomなどのツールを使って、バーチャルで集い語らう人が増えています。
家にいながら、なんでも出来ちゃう。
だからこそリアルで集うことの価値もまた高まっていく気がします。
旅先でその土地の日常に溶け込むこと。同じ釜の飯を食うこと。同じ空間で酒を飲み交わすこと。面と向かって対話すること。自然とのつながり。肌感覚。手触り感。
もしかすると、これからの時代では、バーチャルとリアルを上手く行き来しながら、程よい距離感で作る”新しい形のコミュニティ”が生まれてくるのかもしれないな、と考えています。

新型コロナウイルスにの影響により都市-地方間の移動が当面難しい中、シェアビレッジも村民の受け入れを休止中です。
この機会を活かし、私が足掛け5年かけて実践してきたシェアビレッジ作りの紆余曲折、考え方や働き方を、今こそまとめてお伝えすることに意味があるのかもしれないと思い、場を開きます。


《こんな方にご参加いただけると嬉しいです!》
  • ローカルで働いてみたい方(楽しいこと、辛いこと。リアルな話たくさんしたいです)
  • Uターン・Iターンで地域で働き始めてて、壁打ち仲間を作りたい方(孤独感、感じることがありました)
  • 主客入り混じったゆるやかなコミュニティを作りたい人(コミュニティって、いい響きだけど...めんどくさいこともたくさんありますよね!)
  • シェアビレッジに興味を持ってくださっている方(ありがたいことに全国から視察を受け入れています。この機会にお話ししませんか?)
  • ポストコロナ時代における、過疎地・田舎の可能性や未来に興味を持っている方(一方向性の講座ではなく、語り合いましょう!)

《参加の仕方》
オンラインでの開催です。Zoomを使います。各回の開始時間前に、peatixからZoomのURLをご案内します。
   
● Zoom利用が初めての方へ(準備するもの)
アプリのダウンロード:こちらのURLより使用するデバイスに合わせてダウンロードとアカウント登録を事前にしておくようにお願いします。(スマホでもPCでも可能です)  https://zoom.us/download
▼参考▼
https://zoomy.info/ manuals/what_is_zoom/

===========================

《シリーズ構成》
次の4回で構成されます。
■各回の実施日時
・第一回 4月23日(木)20:00-21:30
親密な関係性のデザイン「本気で遊べているか!?遠くても深い参加型コミュニティのいろは。」

・第二回 4月30日(木)20:00-21:30
綿密なコミュニケーション「家守悲喜こもごも。酸いも甘いも。」

・第三回 5月7日(木)20:00-21:30
疎密のバランス感覚「公私混同で生きる。熊も、ご先祖様も、漬物も。」

・第四回 5月14日(木)20:00-21:30
3密プラスワン、秘密のトーク「チーム対談:ポストコロナの世界で僕たちはどうありたいか?」

■各回の基本構成
・20:00-20:30 家守の話
・20:30-21:00 質疑応答
・21:00-21:30 参加者同士で雑談

■各回の詳細
第一回 親密な関係性のデザイン
「本気で遊べているか!?遠くても深い参加型コミュニティのいろは。」

秋田に縁のある人だけでなく、日本中から、ファンとなり仲間となる村民を募って運営してきたシェアビレッジ。
物理的な距離感を超えてつながるコミュニティを作るには?
サービス提供者と受け手の壁を超えて、参加したくなる村づくりとは?
村民同士、地域住民との関係性、それぞれの親密さをぐっと深めるには?

  • シェアビレッジが目指した、遊び心でつながる新しい「村」の形とは
  • これからのコミュニティづくりに必要な「親密な関係性」とは
  • 親密な関係をどのようにデザインし、実行してきたか


第二回 綿密なコミュニケーション
「家守悲喜こもごも。酸いも甘いも。」

「村をシェア」「年貢」「寄合」「里帰」「助太刀」など、一風変わったコンセプトと仕組みのもと、日本全国からファンを獲得してプロジェクトが開始。
とはいえ、集落は外から人を受け入れる経験値がゼロ、村民にとっても観光地ではない田舎に行って何があるのか、期待と不安が入り混じったスタートでした。
シェアビレッジ家守として集落と村民たちの間に入り、受け入れ体制を整えるために「綿密」なコミュニケーションを行ってきました。
コミュニケーションと言ったって、村のおじいちゃんやおばあちゃんとの会話や協働は一筋縄ではいきません。これまでの悲喜こもごもをお話しします。

  • 誰でもいつでも大歓迎!ってわけじゃない村の暮らし。
  • 運動会にだって駆り出される。「綿密」な暮らしのなかのコミュニケーション。
  • 村民はお客様じゃありません。お膳立てしすぎない綿密さが家守のお・も・て・な・し。


第三回 疎密のバランス感覚
「公私混同で生きる。熊も、ご先祖様も、漬物も。」

里山の暮らしは、疎と密のバランスが良いのかもしれない、と思います。
人間以外の存在との共存関係。グッと密になって盛り上がるハレの日、季節の祭り。長く厳しい冬をじっと耐え忍んで生きる知恵。
すぐ消費出来ない、長い時間軸の中でバランスを取りながら、超公私混同で生きる人々。
家守として里山に居続けて感じたことから、これからの時代の生き方・コミュニティの在り方について考えたことをお話しします。

  • 都市化によって疎密のバランスを欠きつつあった田舎。
  • 田舎は本来、疎密のバランス感ばつぐん。里山の暮らしがもつハレとケ。
  • 家守の仕事は疎密をあんべ(塩梅)よくすること、かもしれない。


第四回 3密プラスワン、秘密のトーク
「チーム対談:ポストコロナの世界で僕たちはどうありたいか?」

シェアビレッジ事業を運営する「新しい学びのクリエイティブ集団・ハバタク」の共同創業者・丑田と小原も加わり、ポストコロナ時代の生き方やコミュニティの在り方について、各々の経験や見てきた世界観をもとに公開雑談します。

・コロナ後ってどんな世界になっているんだろう?
・3密論に込めた思いや願い。僕たちはこう生きていこうかと話しています
・シェアビレッジのこれからと目指す世界のあり方

▼ハバタクについて▼
http://habataku.co.jp/

《自己紹介》
半田理人(はんだまさと)。平成元年秋田県生まれ。
2015年、シェアビレッジプロジェクトのクラウドファンディングを支援。
村民として寄合に参加しているうちに、自分も地元で場づくりをしたい気持ちが芽生える。ご縁が繋がり、県外でのサラリーマン生活を辞めてUターン。シェアビレッジ家守へ。
築139年の茅葺古民家の管理人であり、村コミュニティマネージャーと情報発信も担う。
都会からくる村民と、土着の人々との「間」の存在として、
村民たちをローカルにディープダイブさせる体験、企画を作っている。
Apr 23 - May 14, 2020
[ Thu ] - [ Thu ]
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
4/23 第一回 親密な関係性のデザイン「本気で遊べているか!?遠くても深い参加型コミュニティのいろは。」 SOLD OUT ¥3,000
4/30 第二回 綿密なコミュニケーション 「家守悲喜こもごも。酸いも甘いも。」 SOLD OUT ¥3,000
5/7 第三回 疎密のバランス感覚 「公私混同で生きる。熊も、ご先祖様も、漬物も。」 SOLD OUT ¥3,000
5/14 第四回 3密プラスワン、秘密のトーク「チーム対談:ポストコロナの世界で僕たちはどうありたいか?」 SOLD OUT ¥3,000
全ての回参加チケット SOLD OUT ¥10,000
Organizer
村づくり足掛け5年。シェアビレッジ家守の部屋
23 Followers