Event is FINISHED

延期【3/14(土)】国際平和映像祭2020 キックオフイベント〈映像のチカラで世界をひとつに!〉

Description

本イベントは、新型コロナウイルス対策に伴い延期とすることを決定しました。チケットご購入済みの皆様については、全てキャンセル/返金させて頂きます。

\UFPFF2020キックオフイベント参加募集中!!/

~映像の力で世界を一つに~

 毎年9/21のピースデーに合わせて2011年から始まった国際平和映像祭は、映像を通して平和実現に貢献しようと様々な活動に取り組み、今年で10周年を迎えます!

 映像はあらゆるボーダーを飛び越えて世界中の人をつなげるツールです。しかし、今世界では分断が進んでいると言われているように、悲しい出来事や緊張が拡大しているように思えます。そんな今こそ、映像のポジティブな力について、素晴らしい取り組みを行っているゲストをお呼びして、ゲスト自身の体験を織り交ぜて話していただきながら、映像の可能性について参加者の皆さんと考えていこうと思います!

ゲストの堀潤さんからは、最新監督作で3月7日(土)に公開となる『わたしは分断を許さない』の制作背景や想いについて、小西遊馬さんには映像作家の道を進もうと思ったきっかけや、映像にかける想いなどについて語っていただく予定です。

◆ゲスト紹介


堀潤さん
1977年7月9日、兵庫県生まれ。アナウンサーとして日本放送協会(NHK)入局。岡山放送局での勤務を経て、「ニュースウォッチ9」リポーター、「Bizスポ」キャスター等、報道番組を担当。2012年、市民ニュースサイト「8bitNews」を自ら立ち上げる。2012年6月、アメリカ合衆国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に客員研究員として派遣され、SNSの活用などを研究。留学中に日米の原発事故報道を追った『変身 - Metamorphosis』を制作。2013年4月1日付でNHKを退局した。フリー転身後は、ジャーナリスト・キャスターとして数多くのテレビ・ラジオ番組等に出演する一方、インターネットテレビ、SNS、執筆活動などを通じて、精力的に発信を続けている。

小西遊馬さん
慶応義塾大学の2年。協賛企業から資金を得て世界中を飛び回りながらドキュメンタリーを制作。ロヒンギャ難民や香港デモ、フィリピンの売春問題などを取材、国内外で賞も受賞 SNSを中心とした発信、講演などを通し、傍観からアクションへの変容を促しています。

◆こんな人にオススメ!
・社会課題に関心がある人
・映像を観る/撮影することに興味がある人
・社会課題に対して何かしたいけど何をすればいいか悩んでいる人
・ジャーナリズムに興味がある人
・映像制作にチャレンジしたい人
・平和を愛するすべての人!


◆概要
日時:3/14(土)  19:30-21:30(19:00受付開始)
会場:JICA地球広ひろば 2F 国際会議場
住所:〒162-8433東京都新宿区市谷本村町10-5(JICA市ヶ谷ビル内)
ゲスト:ジャーナリスト 堀潤さん
    映像作家/ジャーナリスト 小西遊馬さん
モデレーター:国際平和映像祭代表理事、ユナイテッドピープル代表 関根健次
参加費:社会人1000円、学生500円
※学生の方は当日受付にて学生証をご提示ください。


◆イベント内容
19:30 開会
19:35 登壇者紹介&映像上映:堀潤さん「わたしは分断を許さない」予告編、小西遊馬さん「The scars of genocide」
19:45 トークセッション
20:40 休憩
20:50 質疑応答
21:20 UFPFF2020の紹介
21:30 閉会


◆作品紹介:映画『わたしは分断を許さない』
「変身 Metamorphosis」で日米の原発メルトダウン事故の実態に迫ったジャーナリストの堀潤が、国内外の様々な社会課題の現場で深まる「分断」を題材に撮りあげたドキュメンタリー。「真実を見極めるためには、主語を小さくする必要がある」という堀潤は、香港では「人権・自由・民主」を守るべく立ち上がった若者と出会い、ヨルダンの難民キャンプではシリアで拘束された父との再会を願う少女と出会う。美容師の深谷さんは福島の原発事故により未だに自宅へ戻ることができず、震災以来ハサミを握っていない。震災後に水戸から沖縄へ移住した久保田さんは、辺野古への新基地移設の反対運動を行なう人々と知り合い、「声をあげること」を通して、未来のために自分ができることを見いだしていく。

監督・撮影・編集・ナレーション:堀 潤
プロデューサー:馬奈木厳太郎
脚本:きたむらけんじ
音楽:青木健
編集:高橋昌志
コピー・タイトル原案:阿部広太郎
スチール提供:Orangeparfait
取材協力:JVC・日本国際ボランティアセンター、KnK・国境なき子どもたち
配給・宣伝:太秦株式会社
公式サイト:https://bundan2020.com
Twitter:@2020bundan

※イベント当日は本編の上映はございませんので予めご了承ください。


◆国際平和映像祭とは?
国際平和映像祭(UNITED FOR PEACE FILM FESTIVAL, UFPFF)は平和をテーマにした映像祭です。平和を願う世界中の若者が、映像によって互いを知り、国を越えたつながりを持ってほしいという願いから2011年より毎年9月21日の国連が定めた国際平和の日、ピースデーに合わせて開催しています。 UFPFFは5分以内の映像製作を通じて、世界中の若者たちが平和について考え、平和実現のために行動していくことを期待しています。また、視聴者やエントリー者たちが互いの違いや共通点を知るなど、つながるきかっけになればと願い、開催しています。
http://www.ufpff.com/


Updates
  • タイトル は 延期【3/14(土)】国際平和映像祭2020 キックオフイベント〈映像のチカラで世界をひとつに!〉 に変更されました。 Orig#531678 2020-03-07 08:02:11
More updates
Sat Mar 14, 2020
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
社会人 SOLD OUT ¥1,000
学生 SOLD OUT ¥500
Venue Address
新宿区市谷本村町10−5 JICA市ヶ谷ビル Japan
Organizer
一般社団法人 国際平和映像祭
960 Followers

[PR] Recommended information