【TOKOLO×GIFU @岐阜ホール】CONNECT 伝統と革新を繋ぐデザイン

Description

特別トークセッション [TOKOLOxGIFU] @岐阜ホール

“CONNECT” 伝統と革新を繋ぐデザイン


2月29日(土)、2020年夏季東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムを手掛けた野老朝雄氏が岐阜ホールに!



【ゲスト&モデレーター】
 野老朝雄氏は、徳島の藍染め、佐賀の有田焼、宮城の漆塗りなどのプロジェクトを通して、伝統工芸に革新をもらたしてきた日本のアーティスト。
 和傘・提灯・団扇などたくさんの伝統工芸がある岐阜県。岐阜の伝統と野老氏が繋がることができたら『岐阜の伝統工芸x野老朝雄のコラボレーション・プロジェクト』がここで誕生するかもしれない、と今回のトークセッションを企画し、聞き手としても登壇する岐阜県出身で東京2020企画制作部長である小林住彦氏。

伝統工芸に関わる方、伝統工芸に興味のある方は必聴のトークセッション!


日時:2020年2月29日(土)
15:30 開場
16:00 トークスタート
17:00 質問・岐阜の伝統工芸についてブレスト
18:00 イベント終了
その後、上野駅周辺で希望者のみ懇親会有り

場所:岐阜ホール(東京都台東区上野桜木1-4-5-2F)

出演:野老朝雄(美術家) 聞き手 小林住彦(東京2020企画制作部長・岐阜県出身)





Guest:野老朝雄
1969年東京生まれ。幼少時より建築を学び、江頭慎に師事。2001年9月11日より「繋げること」をテーマに紋様の制作を始め、美術、建築、デザインの境界領域で活動を続ける。単純な幾何学原理に基づいて定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作や、同様の原理を応用した立体物の設計・制作も行っている。主な作品に、大名古屋ビルヂング下層部ファサードガラスパターン、東京2020オリンピック・パラリンピック。エンブレム、大手町パークビルディングのための屋外彫刻作品など。





Moderator:小林住彦
1960年高山市生まれ。幼少期を郡上郡和良村で過ごす。現在の実家は瑞穂市。大学生時代は文京区の岐阜県学寮で暮らす。1983年に(株)電通に入社し、スポーツビジネスに携わる。現在、東京2020組織委員会の企画制作部長として、公式記録映画や公式アートポスターなどのプロジェクトに携わる。FC岐阜の持株会員。



《定員》25名

《参加費》1ドリンクご注文をお願いいたします。
当日岐阜ホールのレジにてお支払いください。





Updates
  • タイトル は 【TOKOLO×GIFU @岐阜ホール】CONNECT 伝統と革新を繋ぐデザイン に変更されました。 Orig#522706 2020-02-13 07:45:01
Sat Feb 29, 2020
3:30 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費無料+1drink orderお願いします。
Venue Address
台東区上野桜木1丁目4−5 2F Japan
Organizer
岐阜ホール
232 Followers