Event is FINISHED

『日めくりと私』(Ambooks)刊行記念トークイベント(佐々木未来 × 矢萩多聞)

Description
佐々木未来さんによるはじめての作品集『日めくりと私』の刊行を記念して、発行元であるAmbooks代表・装丁家の矢萩多聞さんとのクロストークを開催します。
なぜ日めくりカレンダーに絵を描き始めたのか、描かれた絵にはどんな意味があるのか、矢萩多聞さんがなぜ本にしたのか、など詳しくお話しいただく予定です。

概要

  • 日 時 2月15日(土)14時-16時(13時半より受付開始)
  • 話し手 佐々木未来(『日めくりと私』著者)/矢萩多聞(Ambooks/画家・装丁家)
  • 参加費 1,500円(ワンドリンク付き)
  • お問い合わせ info[ @ ]tsudurikata.life ([ @ ] のカッコは外してください)

登壇者

佐々木未来 Miku Sasaki

1984 年札幌生まれ。グラフィックデザインとイラストレーションを中心に活動。2016年から、日めくり作品「日めくりと私」を開始。インスタグラムで全作品を公開中。初の著書として、2019 年11月に『日めくりと私』(Ambooks)を刊行。
Instagram: @mikusa /  Twitter: @39mikusa

矢萩多聞 Tamon Yahagi

画家・装丁家。1980年横浜生まれ。9歳から毎年インド・ネパールを旅し、中学1年生で学校を辞め、ペン画を描きはじめる。1995年から南インドと日本を半年ごとに往復し個展を開催。2002年から本をデザインする仕事をはじめ、現在までに500冊を超える本を手がける。2012年、事務所兼自宅を京都に移転。著書に『偶然の装丁家』(晶文社)、『たもんのインドだもん』(ミシマ社)、共著に『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)、『本を贈る』(三輪舎)がある。http://tamon.in
Sat Feb 15, 2020
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
本屋 生活綴方
Tickets
参加チケット(ワンドリンク付き) SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
横浜市港北区菊名1丁目7−8 Japan
Organizer
本屋・生活綴方イベント
69 Followers

[PR] Recommended information