4月9日(木)東京都港区・早川千晶ソロトーク「アフリカで生きた32年間は面白すぎた。そして今も。」

Description
★早川千晶の「この人に聞きたい!」シリーズ番外編★

早川千晶(ケニア在住キベラスラム活動家)

~アフリカで生きた32年間は面白すぎた。そして今も。~   
   ==心の中の垣根を超えよう==

ケニアで暮らして32年。
世界中を放浪した末に、ひょんなことから定住したナイロビ。
東アフリカ最大の貧民街・キベラスラムで学校や子どもの家を運営、貧困層の若者たちを励まし、進学支援や音楽活動、貧困者支援をしている。
その一方で、マサイ人やドゥルマ人など、伝統文化を守り生きてきたコミュニティと交流、相互理解のためのスタディツアーやホームステイ、エコツアーを手掛ける。

一体どうしてアフリカへ?
そして何故、最底辺のスラム生活者やアフリカ独特の民族と共感しあうのか。
そこには実は人生の深いワケがあったのです!

講演会ではなかなか語られることの無い早川千晶の人生事情や、アフリカ暮らしの裏話、キベラスラムの活動についてなど、詳しく語るためのソロトークです。
たくさん質問もしてください。

場所はおなじみ、東京タワーのふもとのブルーバオバブで、じっくりと語り合いましょう。



★ブルーバオバブで連続二夜の企画、第一夜です。
第二夜は翌日4/9(木)、ルワンダで手足を無くした人々に義手・義足を作り続けてきたルダシングワ真美さんとのトークショーです。
https://www.facebook.com/events/1022956484756696/

**************************

●日時:
2020年4月9日(木)
18:30開場 19:00開始

●場所:
Blue Baobab Africa
ブルーバオバブ・アフリカ
http://tomosu-lab.com/
東京都港区麻布台2-2-12三貴ビル2F

●アクセス:
https://tomosu-lab.com/access-2/

日比谷線神谷町駅と大江戸線赤羽橋駅。どちらからも徒歩6分程度です。
麻布十番駅から徒歩11分、六本木一丁目駅から徒歩14分。

●参加費用:
3,500円(ワンドリンク込み)
定員35名。

●出演:
早川千晶(ケニア在住・キベラスラム活動家)

****************

プロフィール

【 早川千晶 Chiaki Hayakawa 】
ケニア在住32年。キベラスラムのマゴソスクール主宰。撮影コーディネーター、通訳、ライター、「アフリカに深く触れる旅」案内人。
曽祖父が明治時代にアメリカに移民、祖父はアメリカ生まれ、両親は満州生まれと移民一家に育ち、自身も小中学校をアメリカで育つ中、アイデンティティの根底にある伝統文化に興味を持ち大学を中退し世界放浪の旅に出発。その旅の流れの中でアフリカに出会い、ケニアに定住。社会的に不利な立場にある民族や貧困地区のコミュニティと共に活動を開始。
ナイロビの旅行会社勤務、撮影コーディネーター、フリーライターを経て、ナイロビ最大級の貧民街・キベラスラムで、孤児と貧困者の駆け込み寺「マゴソスクール」を設立。ジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)、マサイ民族&ドゥルマ民族と共に行うエコツアー、音楽でアフリカの民族を支援するCD制作、奨学基金、職業訓練、障がい児の特別学級、異文化間の相互理解の活動などを手がけている。マサイ民族・ドゥルマ民族と共に、伝統文化体験&ホームステイのエコツアーを行っている。著書に、「アフリカ日和」(旅行人)。 1999年から日本全国各地でアフリカトーク&ライブのツアーを展開している。
2013年在ケニア日本大使館在外公館長表彰、2015年度第5回賀川賞受賞。2018年ドゥルマ民族の伝統継承者「旗持」に就任。
マゴソスクールを支える会 http://magoso.jp/
Thu Apr 9, 2020
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ
Tickets
当日現地払い:参加券3,500円(ワンドリンク込み)
Venue Address
東京都港区麻布台2丁目2ー12 三貴ビル 2F Japan
Organizer
アフリカ!アフリカ! Africa Business, Music, Dance & food!
356 Followers