Event is FINISHED

The Art Club by ArtScouter ~ アートとビジネスの原点回帰

Description
近年、アートとビジネスの関係が注目され2019年はその関心が一気に盛り上がった年になりました。一方で、「アート思考」や「アート投資」といったビジネスに役立つもの、お金になるものとしての注目が先行し、一過性のブームに終わるのではないかという懸念も生まれています 。

ArtScouterではビジョンとして「オフィスにもアートによるコミュニケーションを生み出すこと」 を掲げています。そのオウンドメディアART HOURS( https://arthours.jp/ ) ではギャラリストやコレクターなどアート業界の著名人にインタビューを続け、ビジネスパーソンがアートを理解するための情報発信を行ってまいりました。

The Art Clubではビジネスパーソンがより身近にアーティストやアート業界関係者の話を聞き、アートに関心がある方々が交流を持てるようなオフラインの場を提 供したいと考えています。アートをビジネスに紐づけたブームに終わらせない、地に足の着いたアートの楽しみ方があるのではないでしょうか。 第一回目はそのトライアルとして開催し、今後、 継続イベントとして検討してまいります。

司会にはカリスマブロガーであり青い日記帳管理人のTakさんをお招きし、アーティストとの対談を繰り広げて頂きます。 美術の専門家のお話には敷居を感じてしまう方も、”素人目線”の語り口で人気のTakさんによる対談でもっとアートが身近なものになると思います。

<スケジュール>
19:00 オープニング~最新アート導入事例
19:10 Takさんの「ブログには書けない話」
19:20 アーティスト 柿沼瑞輝さん 対談
19:40 アーティスト 宍戸竜二さん 対談
20:00 交流会(ドリンク・フードはbarで購入頂けます)

<イベント情報>
日 時  2020年2月12日(水)19:00~20:00 (20:00以降 交流会)
会 場  WISE OWL HOSTELS TOKYO(八丁堀) 地下一階HOWL
     〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目22−9
     日比谷線・JR京葉線「八丁堀駅」徒歩1分以内
参加費  入場無料・ワンドリンク制(500円~/杯)
司 会  Tak(青い日記帳 http://bluediary2.jugem.jp/ 管理人、著書『いちばんやさしい美術鑑賞』『失われたアートの謎を解く』)
着 席  最大40名(着席はPeatixでの申込者を優先します)

<アーティスト情報>
ArtScouter登録のアーティストをお招きし、Takさんと対談頂きます。

●柿沼瑞輝
1989 東京都に生まれる
2011 東北芸術工科大学洋画コース 卒業
現在 埼玉県在住

個展
2018 「柿沼瑞輝 2011-2018」(Yoshimi Arts/大阪)
2017 「色光」(Yoshimi Arts/大阪)
2016 「横溢」(Yoshimi Arts/大阪)
2014 「波濤」(Yoshimi Arts/大阪)
2013 「柿沼瑞輝展」(Yoshimi Arts/大阪)
2012 「柿沼瑞輝展」(Yoshimi Arts/大阪)

グループ展
2017 「現代アート 3つの視点」(岡山髙島屋 美術画廊/岡山)
2016 「"Material and Form" in a digital age II」 (Yoshimi Arts/大阪)
2015 「5th Anniversary Festival !!」(Yoshimi Arts/大阪)
「アート 三つの視点」(大丸札幌店 美術画廊/札幌)
「ヒト成る、コト成る」 (ギャラリー新宿座/東京)
2013 「Figurative Abstraction / 比喩的な抽象」(Yoshimi Arts/大阪)
「Insight 8 ‟Figurative/比喩としての”」(Yoshimi Arts/大阪)
2012 「Primitive [ in order ](秩序の中の原初)」(Yoshimi Arts/大阪)
2011 「Physical side」(Yoshimi Arts/大阪)」

コレクション
Japigozzi Collection, 高橋コレクション

●宍戸竜二
1972年生まれ 神奈川県小田原市在住
2002年頃よりフリーランスとして広告や雑誌、装画、TVなど様々メディアにイラストを提供。
フラットな色面を使い、心象的な風景を制作。
山田博之イラストレーション講座第9期卒

★2020年2月末までNTTドコモ代々木ビル1階にてウォールペインティング(縦120㎝×横360㎝)展示中
 (入館許可が必要です。)
★今年9月21日〜、外苑前ギャラリーハウスマヤにて個展「ハピネス」開催予定

主な仕事に
・アサヒ飲料、125周年三ツ矢サイダー新聞広告15段
・Random House UK、村上春樹著 小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(UK版)
Waterstones Limited Edition with Exclusive Stickers Second Edition
・キリン株式会社 本社コミュニケーションスペース「ココニワ」6面マルチディスプレイ用イラスト
・東日本銀行、年間ポスター
・つくば市 つくばエクスプレス、つくば駅構内装飾
・小田原市 小田原城「平成の大改修」壁面グラフィック
など、その他多数

主な活動に
2009年アートフェア東京出展
ギャラリーや百貨店など、個展やグループ展など多数展示
2011年イラストレーション誌 誌上コンペ「日仏コラボチョイス」次選に選出

<こんな方にお勧め>
・プロのアーティストのコンセプトや手法を聞いてみたい。
・アートが導入されたオフィスの事例を導入背景含めて知りたい。
・アーティストやアート好きな方とつながりたい。

<会場 HOWLについて>
https://soundbarhowl.com/
会場となるHOWLはWISE OWL HOSTELS TOKYOの地下一階にあります。 地下鉄及びJRの八丁堀駅から地上に出てすぐのクールな外観の建物で、カフェ併設のホステルエントランスから地下に入ることができます 。
究極にこだわった機材、そして音響空間を持つHOWLでは日々DJやJAZZバンドなどが上質な音楽を提供しています。
近隣で働く人々、上階ホステルから降りてくる外国人バックパッカーなど多国籍で多様な人々が訪れ、音楽とアーティスト、そして世界各国を身近に感じることができます。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#516128 2020-01-27 00:54:04
More updates
Wed Feb 12, 2020
7:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
WISE OWL HOSTELS TOKYO(八丁堀) 地下一階HOWL
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
東京都中央区八丁堀3丁目22−9 Japan
Organizer
ArtScouter
134 Followers