Event is FINISHED

2020 年教育改革の現状と未来、 そして我が子のために、今、できること -知窓学舎 矢萩邦彦氏と考える-

Description


2020年教育改革に引き続き、2023年には高校入試改革が予定されています。2020年の大学入試改革では、2本柱だったはずの英語受験と記述式問題の導入が見送られて行きました。

大学入試改革の現場では一体何が起こっているのでしょうか。また、この後の2023年には、高校入試改革が予定されており、現在の小学6年生とその前後の年の子供達が、まさにその変化のあおりを受ける世代となります。

中学生や受験を終えた子供を持つ保護者の声を聞きながら、教育の選択肢にはどのようなものがあるのか、探究的学びとは何か、世界、日本、そして東京のこれまでとこれからを、探究型の学びの第一人者である矢萩邦彦氏と一緒に、保護者の皆様で主体的に考えていきましょう。


イベントの内容

第1部:子ども達の学習環境とその選択肢
第2部:矢萩邦彦氏講演会
第3部:グループディスカッションで考える「今、我が子のためにできること」


日時、料金
開催日時: 2020年2月9日13:00
開催場所: 三茶しゃれなあどホール 会議室 すわん
参加費:  800円 (当日にお支払いください)
定員: 30名

主催、お問い合わせ先:ラズキッズ(luz4kids1@gmail.com)




矢萩邦彦氏について

実践教育ジャーナリスト・21世紀型学校改革コンサルタント・知窓学舎塾長・株式会社スタディオアフタモード代表取締役CEO・教養の未来研究所所長。最新の著書「先生、この「問題」教えられますか」では、学びとは何か、生きる力とは何かという学習の本質への問いかけを行い、学習者のみならず教育者、保護者への学びに対する本質的な問いかけを行い、高い評価を得ている。

1995年より教育・アート・ジャーナリズムの現場で「パラレルキャリア×プレイングマネージャ」としてのキャリアを積む探究型学習・想像力開発・パラレルキャリアの第一人者。15000人を超える直接指導経験を活かし「受験×探究」をコンセプトにした統合型学習塾『知窓学舎』を運営。


最新書籍 先生、この「問題」教えられますか? (新書y)




知窓学舎について
知窓学舎のアドミッションポリシーより


知窓学舎は、自学自習自走のための教養とスキルを身につけるための学び舎です。

そのため、「全ての学習 に教養と哲学を」をモットーに、「主体的・対話的で深い学び」を効果的に実現するためのアクティブ・ラ ーニングを取り入れた少人数制授業を行っています。

また、目先の試験や受験での合格を最終目標にするの ではなく、自ら人生を切り拓き、楽しみ、豊かに生きるための学習を第一義とした上で、「興味開発」「能 力開発」を両輪と捉え、どちらかに偏ることなく、リベラルアーツと個別のスキルを磨いていきます。

http://www.chisou-gakusha.jp/








Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#515793 2020-01-25 02:21:53
Sun Feb 9, 2020
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 800円(当日お支払い) FULL
Venue Address
世田谷区太子堂2丁目16−7 Japan
Organizer
luzkids
96 Followers

[PR] Recommended information