Event is FINISHED

ゲーミファイ・ネットワーク 第10回勉強会

Description

「ゲーミファイ・ネットワーク第10回勉強会」 Twitter  #ゲーミファイ

講演者 三田村 勉(TANOTECH株式会社 代表取締役)
http://tanotech.jp/

講演タイトル 「福祉に楽しさを取り入れた運動ゲーム『TANO』の試み!」

概要 運動ゲーム「TANO」は楽しさで福祉と教育の社会問題を解決します。やらされのではなく楽しいからやりたくなる。操作もルールもシンプルなので高齢者もプレイ可能。既存デバイスを使っているので低コストを実現。本ゲームの制作と普及の現状と、将来の展望を紹介し、福祉へのゲーム活用を実現します。

※会場で「TANO」の試遊もできます

日時 2/14(金)19:30~21:30(開場19:00/20:30~懇親会)
※参加券で集めたお金は、懇親会の飲食品購入費として使用します。

会場 ヴァル研究所(JR高円寺駅 北口から徒歩約3分)
https://www.val.co.jp/company/access/

主催 日本デジタルゲーム学会ゲーム教育SIG

過去の勉強会:
第9回
第8回シリアスゲームジャムのテーマは「みんなのバリアフリー」。アクセシビリティが課題となった発表会の模様をレポート

第8回
シリアスゲームと通常のゲームの企画開発の違いとは。セミナー「ゲーミファイ・ネットワーク 第8回勉強会」聴講レポート

第7回 
東大のオンライン講座「教育のゲーミフィケーション」の演習課題を体験。「ゲーミファイ・ネットワーク 第7回勉強会」レポート

第6回

ゲームの手法をメンタルヘルスケアや予防医療に採り入れた事例が紹介された「ゲーミファイ・ネットワーク 第6回勉強会」をレポート

第5回
「うんこ」と「美少女」を題材にしたアプリ「うんコレ」は,大腸癌検診啓発のために生まれた。日本うんこ学会の石井洋介氏による講演をレポート

第4回
ルール作りのキモは「メッセージ」。アナログゲーム開発のポイントが解説された「ゲーミファイ・ネットワーク 第4回勉強会」をレポート

第3回(最終発表見学またはメンバーとして参加)
「ゲームの力で世界を救え!」が合言葉の「シリアスゲームジャム」レポート。第7回は「障がい者と健常者が対等に遊べる」をテーマに6作品が集う

第2回
“世の中すべてをゲームに”。VRやMRを利用するゲーミフィケーションの事例が紹介された「ゲーミファイ・ネットワーク 第2回勉強会」をレポート

第1回
オランダシリアスゲーム視察報告会が開催されました

代表世話人:岸本好弘(日本デジタルゲーム学会 ゲーム教育SIG代表、遊びと学び研究所主宰)
世話人:小野 憲史(ゲーム教育ジャーナリスト)
世話人:後藤 誠(株式会社Game for IT, CEO)

Fri Feb 14, 2020
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社ヴァル研究所
Tickets
参加券 SOLD OUT ¥2,000
参加券(学生) FULL
参加券(メディア) FULL
Venue Address
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目3−17 Japan
Organizer
ゲーミファイ・ネットワーク
128 Followers