Event is FINISHED

CRIBAS SOLO LIVE IN TOKYO

Description
アルゼンチンから初来日し、コトリンゴ とのツアーを果たすクリバスの1夜限りのソロライヴ。ルイス・アルベルト・スピネッタ、アカ・セカ・トリオ、モノ・フォンタナ、カルロス・アギーレを敬愛するアルゼンチン新世代の音楽家5人が奏でる至福の時。ツアーを記念してリリースされるサードアルバム『LA OFRENDA』のレパートリーから新曲をたっぷりとお楽しみください。

CRIBAS
Juan Fermín Ferraris(Piano & Vocal)
Nicolás Padín(Guitar)
Joaquín Mendy(Drums & Percussion)
Federico Aguirre(Acordeon)
Diego Amerise(Contrabass)

ディスコグラフィー
La hora disminuta(2014)
Las Cosas(2017)
La Ofrenda(2020)
35mm(2019年 Juan Fermín Ferraris)

日時:2020年2月26日19:00開場、19:30開演
入場料:5000円(前売)、5500円(当日、現金のみ)全席自由、先着順のご案内となります。
会場:sonorium (永福町)
168-0063 東京都杉並区和泉3-53-16
TEL 03-6768-3000 FAX 03-6768-3083
京王井の頭線 永福町駅下車(北口) 徒歩7分
東京メトロ丸の内分岐線 方南町駅下車 徒歩10分

https://youtu.be/Hzibl6ugtlQ

sonoriumについて–
建物の設計開始と同時に、永田音響設計がサウンドデザインを担うという
格別にぜいたくな建築工程を経て
白を基調としたダイナミックな建築的造形デザインが
そのまま、音響の素晴らしさに繋がり
どの席でも、同じ音を聴くことのできる音楽空間が誕生しました。

残響時間は綿密に設計され
空席時は録音に適した1.3秒/500Hz、満席時はコンサートにベストな0.7秒/500Hz。
2層構造の壁と扉が完全な防音、遮音を実現しています。
ホール内の赤松の古材を敷き詰めた贅沢なフローリングも
柔らかで、ニュアンス豊かな美しい響きに
大きな役割を果たし
sonoriumは磨かれた演奏のための空間として、あらゆる要素を備えています。
制作:株式会社ラティーナ 後援:在日アルゼンチン大使館
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#514159 2020-01-21 04:20:06
More updates
Wed Feb 26, 2020
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場料 SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
杉並区和泉3丁目53−16 Japan
Organizer
ラティーナのイベント
85 Followers

[PR] Recommended information