Event is FINISHED

IToP横浜 ​データ活用リーダー養成講座「スマートファクトリーの未来」 #1

Description

IToP横浜 データ活用リーダー養成講座 「スマートファクトリーの未来」
もし、自社がスマートファクトリーになったら。

「スマートファクトリー」、言葉は知っているが、どうすればいいのか分からないという気持ちをお持ちの方々に、「自分の会社」の未来の姿をイメージして頂くことを目指したシンポジウムとワークショップを開催します。

対象者:横浜市内の製造業企業に従事/経営をされている方

詳細はこちら:https://www.itop-sf2020.com/

「スマートファクトリー」シンポジウム
様々な未来の製造業の表現がありますが、それらは製造業のどのような姿を指すのでしょうか?また何故、工場は「スマート」である必要があるのでしょうか?概念/技術の潮流を第一人者が最新の知見を基にお話いたします。

タイムスケジュール
18:00~
製造業の今後の潮流について
山崎 隆
公益財団法人 横浜企業経営支援財団
横浜ものづくりコーディネーター、技術アドバイザー

18:40~
スマートファクトリーを実現する人材の育成
竹村 真郷
SFC研究所所員 / ファブラボ浜松テイクスペース運営

19:20~
スマートファクトリー化の課題
植原 啓介
環境情報学部准教授
政策・メディア研究科委員


登壇者

山崎 隆
公益財団法人 横浜企業経営支援財団
横浜ものづくりコーディネーター、技術アドバイザー
経済産業省「スマートものづくり応援隊」、岐阜県での「ものづくり指導者育成スクール」の研修講師。岐阜県ITものづくり推進ラボによる県内中小製造業へのIoT導入・活用相談会相談員、その他、複数のIoTに関する講演会・セミナーを開催。
<著書等> 「つながる世界のソフトウェア品質ガイド」 情報処理推進機構ソフトウェア高信頼化センター監修 共著

竹村 真郷
SFC研究所所員 / ファブラボ浜松テイクスペース運営
2003年国立沼津工業高等専門学校卒業。 「ファクトリーサイエンティスト育成講座」カリキュラム開発および研修講師。その他、システム開発、IoTデバイス、研究設備、製造装置のプロトタイピングに従事 2014年 FabFoundationが主催する遠隔講義FabAcademyを卒業し、現ファブラボ浜松テイクスペースを設立。2017年より、SFC研究所環境情報学部 田中浩也研究室で「ファクトリーサイエンティスト」と呼ばれる人材を育成するカリキュラムの調査・開発・普及活動を行っている。

植原 啓介
環境情報学部准教授
政策・メディア研究科委員
慶應義塾大学 環境情報学部 准教授。1995年3月に電気通信大学大学院電気通信学研究科 情報工学専攻(博士前期課程)を修了し、その後、慶應義塾大学にて博士課程学生や研究員、助手等を経て、2003年に博士(政策・メディア)の学位を慶應義塾大学より取得。2008年より現職。インターネット移動体通信,ITS、GIS、センサーネットワーク等の研究に従事。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#515260 2020-01-23 11:28:10
Fri Jan 24, 2020
6:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
横浜市中区尾上町1−6 Japan
Organizer
IToP横浜 ​データ活用リーダー養成講座「スマートファクトリーの未来」
12 Followers