Event is FINISHED

『残された酸素ボンベ』 出版記念イベント ゲーム教材と「主体的・対話的で深い学び」

Description
『残された酸素ボンベ:主体的・対話的で深い学びのための科学と社会をつなぐ推理ゲームの使い方』出版記念イベント

ゲーム教材と「主体的・対話的で深い学び」


■趣旨
 2020年1月に科学と社会をつなぐ推理ゲーム「nocobon」とその教育現場における実践事例を紹介した書籍「残された酸素ボンベ:科学と社会をつなぐ推理ゲームのつかいかた」がナカニシヤ出版から発売されます。「nocobon」は科学と社会の関係をテーマとした水平思考ゲームで、科学と社会に関する理解を深めることや、思考力の育成に効果があることが分かっており、「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)を実現するものであると言えます。

 本イベントでは、「nocobon」の紹介や体験だけでなく、教育工学・ゲーム学習の専門家から、ゲーム教材と「主体的・対話的な深い学び」の関係性や、ゲーム教材を教育現場で使う際のポイントの解説を行います。フロアディスカッションでは話題提供を踏まえた上で、「主体的・対話的で深い学び」のためのゲーム教材の活用法を議論し、登壇者と共に今後の展望を考えていきます。

 教育関係者、人事担当者など、ゲーム教材を現場に導入したいと考えている方にオススメのイベントです。ぜひご参加ください。

■プログラム
1)イントロ
2)ゲーム教材の最新の研究動向
3)「nocobon」の内容と特徴の紹介
4)「nocobon」の体験
5)話題提供:「主体的・対話的で深い学び」について
6)フロアディスカッションと質疑応答
7)ラップアップ

★登壇者:
福山佑樹(明星大学 明星教育センター 特任准教授/「残された酸素ボンベ」著者)
標葉靖子(東京工業大学 環境・社会理工学院 助教/ 「残された酸素ボンベ」著者)
藤本 徹 (東京大学 大学院情報学環 講師)
池尻良平(東京大学 大学院情報学環 特任講師)

★日時:2020年2月3日(月)19時~21時(18時30分 開場)

★会場: 東京大学本郷キャンパス福武ラーニングスタジオ1・2(B2F)
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

★参加費:
一般チケット 1000円
書籍付きチケット 3200円(参考:書籍価格 2400円+税)
※領収書ご希望の方は、チケット情報に記載の「領収データ」からダウンロードしてください。

★定員: 30名(先着順)
・対象:教育関係者、人事担当者などゲーム学習やゲームを活用した教育に興味のある方

※なお、本セッションの模様は、主催者が撮影・録音し、Webサイト等での広報や講演資料、書籍等に使用したり、メディア取材に対して提供したりする場合があります。ご了承の上でご参加ください。

★登壇者プロフィール:
福山 佑樹(ふくやま ゆうき): 東京大学大学院学際情報学府修士課程・早稲田大学人間科学研究科博士課程修了。博士(人間科学)。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構 特任助教を経て現職。専門分野は教育工学。ゲームを利用した社会問題の学習手法など、ゲームと教育・学習の関係性について研究している。共著書に「ゲームと教育・学習(教育工学選書Ⅱ)」(ミネルヴァ書房)、「対人援助のためのグループワーク2」(誠信書房)など。

標葉靖子(しねは せいこ):京都大学大学院生命科学研究科博士課程修了。博士(生命科学)。材料メーカーでの新事業開発・研究企画、URA(University Research Administrator)等実務を経て、現在は科学技術イノベーション政策や科学コミュニケーションに関わる教育・研究に携わっている。著書に『教養教育再考』(共著、ナカニシヤ出版)、『東大キャリ教室で1年生に伝えている大切なこと』(共編著、東京大学出版会)など。

藤本 徹(ふじもと とおる): 慶應義塾大学環境情報学部卒。民間企業等を経てペンシルバニア州立大学大学院博士課程修了。博士(Ph.D. in Instructional Systems)。専門は教授システム学、ゲーム学習論。ゲームの教育利用やシリアスゲーム、ゲーミフィケーションに関する研究ユニット「Ludix Lab」代表。著書に「シリアスゲーム」(東京電機大学出版局)、訳書に「幸せな未来は「ゲーム」が創る」(早川書房)など。

池尻 良平(いけじり りょうへい): 東京大学大学院学際情報学府で修士・博士課程を経て、2013年より現職。専門は教育工学、歴史学習、転移、ゲームデザイン。社会の問題解決に応用できる歴史のゲーム教材を開発している。共著に『ゲームと教育・学習(教育工学選書Ⅱ)』(ミネルヴァ書房)、『歴史を射つ』(御茶の水書房)、訳書に『学習科学ハンドブック[第二版]第2巻 効果的な学びを促進する実践/共に学ぶ』(北大路書房)、『21世紀型スキル: 学びと評価の新たなかたち』(北大路書房)など。

★主催:nocobon開発チーム、Ludix Lab(NPO法人Educe Technologies)
★共催:日本教育工学会SIG-05(ゲーム学習・オープンエデュケーション)
★問い合わせ: fukuyamayuki@gmail.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#518821 2020-02-03 09:51:11
More updates
Mon Feb 3, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京大学本郷キャンパス福武ラーニングスタジオ1・2(B2F)
Tickets
一般チケット SOLD OUT ¥1,000
書籍付きチケット SOLD OUT ¥3,200
招待席 FULL
Venue Address
東京都文京区本郷7丁目3−1 Japan
Organizer
nocobon開発チーム
13 Followers
Attendees
26

[PR] Recommended information