Event is FINISHED

【Fortuna Moon・神秘の大学院】椎羅先生の紫微斗数徹底講座 「上級編その2」

Description
大好評の椎羅先生紫微斗数講座、初級から上級までの9回徹底講座!!とうとう上級編が始まります。ここから開始されても、単独で受講されてもOKです。

この9回連続講座は椎羅先生の寛大なご配慮で、9回ぶっ通しではなく、3回×3回、という社会人にも優しいスケジュールで、しかも単発受講もOK!気負わずにお申し込みください。

今回は第8回、上級編の第2回です!
今まで来れなかった方、はじめての方でも受講いただけます。


上級編は、あまりわが国では見聞きすることのない、マニアックな技法を紹介します。初級編、中級編で学んだ基礎技法と合わせて使うことで、紫微斗数の技が格段と深化します。


第8回(上級編第2回)は、「命宮と身宮/命主星と身主星」を講義します。

紫微斗数では、命宮の他に身宮というものを設定しますが、原典である「紫微斗数全書」にはその詳細な見方については一切述べられていません。命宮と同様に見るように書かれているだけです。
しかし名称も違うし宮の配置方法も違うので、何か違う見方をするんじゃないのか、と、多くの研究者が頭を悩ませるテーマとなりました。多くは命宮の補助として参照する、という考え方を取っていますが、いろいろな研究者が様々な説を提案しています。まさに

「諸説あり」

です。その様々な説を講師がいろいろ試した結果、実践に使えると思われる説をご紹介します。

次に、命宮・身宮とよく似た名称ですが、紫微斗数には「命主星」「身主星」というものがあります。しかしこれもどのような見方をするのか、原典である「紫微斗数全書」には一切記述されておらず、これまた多くの研究者の頭を悩ませるところとなりました。
近年、台湾の研究者から、西洋占星術との比較研究によるきわめて興味深い説が発表されました。私もこれを読み解き、何人かの門下生に講義しましたが、門下生からは「実践に使える」という声をいただきました。今回はこの説にもとづく命主星・身主星の見方について講義します。

いずれも、どのような心構えで生きればその人らしく生きることができるか、というある意味開運法的な要素を持った見方です。もちろんこれが定説とは言いません。なにせ原典には一切記述されていないのですから。しかし今回ご紹介する技法は、かなり使える見方だと考えています。

■持ち物
・筆記用具


紫微斗数とは、生年月日時を用いてその人の一生の命運を判断する中国の占星術です。占星術といっても実際の星の運行によるのではなく、暦から多くの星を導き出し、「命盤」というホロスコープチャートを作成し、それを読み解いていきます。日本ではまだあまり知られていませんが、現在台湾や香港ではとても盛んな占いです。


【9回全部を受講された方は、椎羅先生との特別お茶会へご招待!の特典あり!】




【講師プロフィール】


椎羅

東洋占術研究家。専門は紫微斗数。1957年大阪府生まれ。会社勤務の傍ら、学生時代より40年にわたり術数の研究に取り組む。
1996年以降、独自の数値化を試みた「紫微斗数入門」をネットにて公開し、紫微斗数ファンに反響を呼ぶ。現在も研究を進めながら、随時東京・関西・福岡にて講習会・研究会を開催している。
Sun Feb 9, 2020
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
マイスペース 新橋汐留口駅前店
Tickets
事前申し込み限定 SOLD OUT ¥11,000
Venue Address
東京都港区新橋2丁目21番1号 Japan
Organizer
Fortuna Moon
555 Followers

[PR] Recommended information