【第9回】フォーラム「Logistics Architecture ―物流が建築、都市を変えていく―」

Description
AI、IoT、ロボット、自動運転などによって物流は大きく進化し、建築や都市を大きく変化させることでしょう。
既にそのきざしは見え始めています。
「日本古代史」と「デザイン」の専門家を講演者に招き、進化と変化のベクトルを展望するフォーラムの第9回を開催します。
https://logisticsarchitecturestudygroup.com/event/9kai10kai/

【開催概要】
日 時:2020年3月19日(木)18:30~20:00(18:00~受付開始)
会 場:Warehouse Market Tokyo「ReBar(リバー)」
    東京都港区海岸3-5-13 五色橋ビル3F
    新交通ゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅徒歩13分
    JR山手線・京浜東北線「田町」駅徒歩15分
    都営浅草線・都営三田線「三田」駅徒歩15分
    都営バス「五色橋」停留所徒歩1分
講 演:「古代倉庫と国家支配構造」
    武井紀子氏(弘前大学 准教授)
    「Intelligent Logistics Center PROTOとその背景」
    カズ・ヨネダ氏(Bureau0-1株式会社 代表取締役)
モデレーター:中崎隆司氏(建築ジャーナリスト&生活環境プロデューサー)
参加費:無料
定 員:30名(事前申し込み制:先着順)
主 催:Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会
企 画:中崎隆司(建築ジャーナリスト&生活環境プロデューサー)
協 賛:株式会社リソーコ

【プロフィール】
武井紀子(弘前大学 准教授):
1981年東京都生まれ。2010年に東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員(PD)などを経て現在、弘前大学人文社会科学部准教授。専門は、日本古代史。

カズ・ヨネダ(Bureau0-1株式会社 代表取締役 ):
ワシントン生まれ、カリフォルニア育ち。2007年にコーネル大学建築学科卒業後、2007年~09年藤本壮介建築設計事務所にて従事。2011年ハーバード大学デザイン大学院GSD建築学科修士M.Arch2課程修了。2011年にハーバードから派遣され、伊東豊雄ハーバード東京スタジオを発足。2011年からTakramのアートや空間デザインのアソシエイトディレクターを経て、2014年にbureau0-1を開始。2018年にはBureau0-1株式会社へ変化を遂げた。

中崎隆司(建築ジャーナリスト&生活環境プロデューサー):
生活環境の成熟化をテーマに都市と建築を対象にした取材・執筆ならびに、展覧会、フォーラム、研究会、商品開発などの企画をしている。著書に『建築の幸せ』『ゆるやかにつながる社会-建築家31人にみる新しい空間の様相―』『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』『半径一時間以内のまち作事』などがある。

【問い合せ先】
Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会
事務局(株式会社リソーコ内) 担当:浜谷
℡ 03-3453-0919
E-Mail info@re-sohko.co.jp

【LINK】
Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会 ウェブサイト
https://logisticsarchitecturestudygroup.com/

-------------------------------------------------------
※客席を含む会場の写真・映像が公開される場合があります。予めご理解の上、ご来場ください。
※勧誘行為など目的の参加をお断り、発見次第ご退場頂きますのでご了承ください。
※キャンセルの際は、下記アドレスまでご連絡いただきますようお願い致します。
 E-Mail info@re-sohko.co.jp
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#508976 2020-01-06 09:11:38
More updates
Thu Mar 19, 2020
6:30 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Warehouse Market Tokyo「ReBar(リバー)」
Tickets
入場券
Venue Address
東京都港区海岸3丁目5-13 五色橋ビル 3F Japan
Organizer
ロジスティクス・アーキテクチャ研究会
227 Followers