イベントは 終了 です

東京フェイクドキュメンタリー映画祭

詳細
東京のど真ん中で、最高峰の短編フェイクドキュメンタリーに酔いしれる3時間!

全国から集まった短編フェイクドキュメンタリー(※)の中から、選りすぐりの7作品を上映!
当日、会場の神保町ブックセンター様で書籍を購入された来場者様には500円のキャッシュバック!

※フェイクドキュメンタリーとは?
⇒ 架空の人物や虚構の出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風の表現。
 ただし、事実が入り混じり、どこまで本当か分からない場合も多数。

開催概要
2020年2月22日(土)14:00~17:00
 13:30 開場
 14:00 開会
 14:10 作品上映開始
 16:55 閉会挨拶・最優秀作品発表
 17:00 閉会

上映作品(上映順)
消えた祭 /14分 監督: 澤田サンダー

舞台は「ねぶた祭」が20年前に消えた青森。
隆盛を誇った祭の記憶を尋ねられ、青森の人々は何を語るのか。
そして、市民にとって、「ねぶた」とは何だったのか。
SF要素を取り入れることで、巨大化するイベントの見えざる側面を明らかにする傑作。


SNS屋のリュウ /15分 監督: 高島優毅


Twitterのフォロアーを販売する『SNS屋』のリュウさんと、承認欲求を満たすべくリュウさんを訪ねる人々を捉えたドキュメンタリー。
リュウさんは「依頼すれば、金銭と引き換えにフォロアーを増やすことができる」と語るが、そのからくりとは?

PAKKKKKKKIS /30分 監督: 相馬あかり

国内外で高い評価を受ける全盲ラッパー・パッキス氏を追った記録映画。
「俺を支えてるのは杖じゃなくてラップだ」 と語るパッキス氏は、取材中に発覚したHIV感染さえも、新たなアートに昇華させていく。
スターの光と闇が交差する衝撃の30分。

Whale camera /60秒 監督: 三澤剛

東京の空にクジラが現れた!
デジタルアートとドキュメンタリーが結びつき、新しい表現の可能性を感じさせるミックスド・リアリティ映像を特別上映!

非同一性不可逆的反復再生 /15分 監督: 櫻井篤史

香港帰りの雇われマスター、父不詳の娘を育てるアフロの母、密航の手引きをするオジさん、親と離れた金髪女子、自称音大卒で世界デビューを目論む作曲家……。
怪しげな居酒屋に集う不思議な人々の笑顔が、観る者の心を温める。
そして舞台は新たな居酒屋へ——。

もうアイドルなんかならない/28分 監督: 三木はるか

所沢市の地域情報番組に出演していたものの、クビになってしまった三木はるかさん(25)。
そんな彼女に、N■Kのファッション番組出演のオファーが舞い込むも、
出演は撮影直前で取り消しに。
意気消沈する三木さんは、驚きの行動に出るが……。
抜群の娯楽性を備えた青春ドキュメンタリー!

MARCY /15分 監督: 月足直人

「カッコよく死ぬんだよ!」 
定年を迎え、若い頃にできなかったロックを始めたMARCYさん(本名、眞榮城さん)と、MARCYさんに温かいまなざしを向ける家族の物語。
MARCYさんに見る、「老い」と「終活」のあり方とは。

<主催者>
柳澤公平
1992年生まれ。2016年に立教大学社会学部卒業後、
一般企業でプロフラマとして働く傍ら、映画美学校に通い映像制作を学ぶ。
2018年に制作したフェイクドキュメンタリー作品『連れウン』が、
科学系雑誌『WIRED』が主催する”WIRED CREATIVE HACK AEAWD 2019”のファイナリストに選出。
追加情報
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#525731 2020-02-20 14:04:26
過去の更新
2020/02/22 (土)
14:00 - 17:00 JST
カレンダーに追加
会場
チケット
入場券 受付終了 ¥1,500
会場住所
千代田区神田神保町2丁目3−1 1F・2F・3F 岩波書店アネックス 日本
主催者
東京フェイクドキュメンタリー映画祭
フォロワー数: 40

[PR] おすすめ情報