イベントは 終了 です

【1月31日】稲葉振一郎『ナウシカ解読 増補版』刊行記念 稲葉振一郎×山川賢一トークイベント「ハッピーエンドの試練とバッドエンド症候群」

詳細
稲葉振一郎『ナウシカ解読 増補版』刊行記念 稲葉振一郎×山川賢一トークイベント
「ハッピーエンドの試練とバッドエンド症候群」
1月31日 19:30開始(開場19:00)

奇しくもまんが版『風の谷のナウシカ』初のメディアミックス展開となった歌舞伎『風の谷のナウシカ』の千穐楽後に、『ナウシカ解読』の四半世紀ぶりの増補版が刊行されました。
本書では『ナウシカ解読』初版の他SFまんが家長谷川裕一を取り上げた『オタクの遺伝子』の本論部分、更に『エヴァンゲリオン』、虚淵玄、そしてなにより「ゼロ年代最良の成果」と呼ばれた『虐殺器官』『ハーモニー』を遺して夭折したSF作家伊藤計劃をめぐる論考を収録しています。
本イベントでは著者と、ゲストとして『成熟という檻『魔法少女まどか☆マギカ』論』(キネマ旬報社)以降、ポスト『ナウシカ』時代のアニメの可能性と困難について論じてきた批評家山川賢一さんをお迎えして、この二十余年のSF、まんが、アニメの切り開いた可能性をめぐって語り合います。

【著者プロフィール】
・稲葉振一郎氏
明治学院大学社会学部教授。
一橋大学社会学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。
専門は主に社会哲学。
著書に『AI時代の労働の哲学』(講談社選書メチエ)
『銀河帝国は必要か? ロボットと人類の未来』(ちくまプリマー新書)
『社会学入門・中級編』(有斐閣)など多数。

・山川賢一氏
文芸評論家。
名古屋大学大学院文学部人文学科フランス文学専攻修了。
著書に『成熟という檻『魔法少女まどか☆マギカ』論』(キネマ旬報社)
『エ/ヱヴァ考』(平凡社)
『Mの迷宮 『輪るピングドラム』論』(キネマ旬報社)など。

※イベント当日にレジカウンターにて、受付致します。
※イベント終了後は本と出会うための本屋「文喫 六本木」をごゆっくりお楽しみください。
 参加費にはコーヒー・煎茶のフリードリンクが含まれます。
※入場は19時~になります。+500円(税抜)で開店9時から文喫をご利用いただけます。(レジでお支払ください)
※チケットご購入後、 イベント当日以降の返金はお受付できません。
※【文喫定期券会員限定】チケットのお申込みは、「文喫定期券」 をご利用中の方に限ります。また、 お申込みはご本人様分1枚限りとさせていただきます。入場時、 受付で文喫定期券をご提示ください。
2020/01/31 (金)
19:00 - 21:00 JST
カレンダーに追加
会場
チケット
文喫入場料(19時〜入場可)+書籍『ナウシカ解読 増補版』付きイベント参加チケット 受付終了 ¥4,070
文喫入場料(19時〜入場可)+イベント参加チケット 受付終了 ¥2,200
【文喫個人会員限定】文喫入場料(19時〜入場可)+書籍『ナウシカ解読 増補版』付きイベント参加チケット 受付終了 ¥3,520
【文喫個人会員限定】文喫入場料(19時〜入場可)+イベント参加チケット 受付終了 ¥1,650
会場住所
港区六本木6丁目1−20 六本木電気ビルディング 1F 日本
主催者
文喫 六本木
フォロワー数: 1,020

[PR] おすすめ情報